AnyTrans for iOSのダウンロード・使い方を徹底解説

[最終更新日:2018年12月21日]

AnyTrans for iOSはiMobieが開発及び配布しているiPhoneデータ管理ソフトウェアです。簡単に言えばiTunesの代替アプリです。全世界で1000万ダウンロードを突破していました。AnyTrans for iOSを効率的かつ効果的に活用するために、ここではAnyTrans for iOSのダウンロード、起動、言語設定などの方法を詳しくご説明します。

1.ダウンロード 2.インストール 3.起動 4.言語設定 5.ライセンス認証 6.AnyTrans for iOSでできること 7.AnyTrans for iOSの使い方

Part 1.ダウンロード

方法1:以下のダウンロードボタンをクリックすることで、AnyTrans for iOSのインストールファイルが直接ダウンロードできます。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール - AnyTrans for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

方法2:公式ページからのダウンロードを行うこともできます。

Step 1、AnyTrans for iOSのダウンロードセンターに入ります。

Step 2、ダウンロード画面でパソコンのシステムにより「Win版」、または「Mac版」を選択してダウンロードしてください。

AnyTrans for iOSの使い方 - ダウンロード

AnyTrans for iOSの使い方 - ダウンロード

やはり方法2より直接ダウンロードのほうが簡単なんですね。

Part 2.インストール

Windowsの場合:

Step1、ダウンロードが完了した後、AnyTransのインストールファイル「anytrans-install-setup」のフォルダを探し出せます。Googleブラウザの場合、画面の左下にある矢印をクリックして、「フォルダを開く」をクリックします。

AnyTrans for iOSの使い方 - インストール Step1

AnyTrans for iOSの使い方 - インストール Step1

Step 2、パソコンに「anytrans-install-setup」を2回連続でクリックしてください。

AnyTrans for iOSの使い方 - インストール Step 2

AnyTrans for iOSの使い方 - インストール Step 2

Step 3、「AnyTransインストーラー」の画面が表示されています。AnyTrans for iOSをインストールするには、「iPhone&iPadマネージャー」の右側で「インストール」をクリックします。

AnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 3

AnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 3

Macの場合:

Step1、パソコンに「anytrans-install-mac」を2回連続でクリックしてください。

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step1

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step1

Step 2、次の画面でAnyTrans for iOSのアイコンを2回連続でクリックします。インストールプロセスを開始します。

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 2

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 2

Step 3、「iPhone&iPadマネージャー」の右側で「インストール」をクリックします。

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 3

MacにAnyTrans for iOSをインストールする方法 Step 3

インストールが終わったら、AnyTrans for iOSを直接に起動することができます。

Part 3.起動

方法1、デスクトップでAnyTrans for iOSのアイコンを2回連続でクリックしたら、AnyTrans for iOSを起動します。

AnyTrans for iOSを起動する方法 1

AnyTrans for iOSを起動する方法 1

方法2、AnyTrans for iOSのアイコンをマウスで右クリックします > メニューから「開く」を選択して、AnyTrans for iOSを起動します。

AnyTrans for iOSを起動する方法 2

AnyTrans for iOSを起動する方法 2

Part 4.言語設定

インストールが終わったら、言語設定ポップアップが自動的に表示されます。もし、表示されない場合は、以下の手順をお試し下さい。

Windowsの場合:

Step1、AnyTrans for iOSホームページの右上にアイコンをクリックして、「Choose Language」を選択します

言語設定 - Windowsの場合Step1

言語設定 - Windowsの場合Step1

Step 2、「日本語」を選択して、「Getting Started」をクリックします。

言語設定 - Windowsの場合Step 2

言語設定 - Windowsの場合Step 2

Macの場合:

Step1、左上に「AnyTrans for iOS」をクリックして、「Choose Language」を選択します。

言語設定 - Macの場合

言語設定 - Macの場合

Step 2、「日本語」を選択して、「Getting Started」をクリックします。

言語を設定した後、AnyTrans for iOSを正常に使えます。

Part 5.ライセンス認証

Step 1、ホームページ右上の「認証」ボタンをクリックします。

AnyTrans for iOSの使い方 - ライセンス認証

AnyTrans for iOSの使い方 - ライセンス認証

Step 2、すでにご購入いただいた場合、ライセンスコード(プロダクトキー)をコピー&ペーストして認証を行ってください。

AnyTrans for iOSの使い方 - ライセンス認証

AnyTrans for iOSの使い方 - ライセンス認証

Part 6.AnyTrans for iOSでできること

AnyTrans for iOSは最高級のiPhoneマネージャーとして、iOSデバイスにあるほとんどのファイルを管理することができます。また、AnyTrans for iOSでできることは以下の通りです:

"「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。"

"転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。"

Part 7.AnyTrans for iOSの使い方

USBケーブルでiPhone/iPad/iPodAndroidをパソコンに接続します > お使いの端末のロックを解除して、「信頼」をタップします > 「続行」をクリックします。

AnyTrans for iOSの使い方 Step 3

AnyTrans for iOSの使い方 Step 1

iPhone/iPad/iPodAndroidをパソコンに接続すると、使いたい機能を選択して、今すぐAnyTrans for iOSでiOSとAndroidのデータを管理しましょう。また、次はAnyTrans for iOS各機能の使い方を詳しくご紹介します。

1、iTunesからPC・iOSデバイスに曲、テレビ番組、Podcastなどを転送する方法

Step1、「デバイス管理」 > メニューから「iTunesライブラリ」をクリックします。

AnyTrans for iOSの使い方 - iTunesからパソコン・iOS

AnyTrans for iOSの使い方 - iTunesからパソコン・iOS

Step 2、移行したいデータを選択して、右上のアイコンをクリックしてください。

AnyTrans for iOSの使い方 - iTunesからパソコン・iOS

AnyTrans for iOSの使い方 - iTunesからパソコン・iOS

2.バックアップ管理

iTunesバックアップを閲覧できるだけでなく、パソコンに抽出することもできます。アイコンをクリックすると、お使いのデバイスをバックアップできます。また、iPhone/iPad/iPodのバックアップを確認したいなら、「表示」をクリックして、バックアップされたデータを閲覧できます。

AnyTrans for iOSの使い方 - バックアップ管理

AnyTrans for iOSの使い方 - バックアップ管理

3.エアバックアップ管理

お使いのデバイスをパソコンと同じWi-Fiを接続する場合、iOSデバイスのデータを自動的でバックアップできます。エアバックアップのスピードが速く、10分くらいでiPhone(3~4GB程度)をバックアップ可能です。Appleと同じ暗号化技術で保護され、プライバシー情報をしっかり守ります。

おすすめ記事:WiFi経由でiPhoneのデータをパソコンにバックアップする方法

4.デバイス管理

お使いのデバイスをパソコンに接続すると、以下の画面が表示されます。これでiOSデバイス、パソコン、iTunes、iCloudの間でデータを自由に転送・管理することができます。ここで音楽を例にします。

Step1、「オディオ」から「音楽」をクリックします。

AnyTrans for iOSの使い方 - iPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送する

AnyTrans for iOSの使い方 - iPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送する

Step2、アイコンをクリックすると、iPhoneの写真をiTunesに移行することができます。また、iPhoneの写真を他のiOSデバイスまたはパソコンへ転送するには、右上の「デバイスへ」ボタンまたは「PCへ」ボタンをクリックしてください。

AnyTrans for iOSの使い方 - デバイス管理

AnyTrans for iOSの使い方 - デバイス管理

注:アイコンをクリックすると、iPhoneのデータを一括で他のデバイス、パソコン、iTunesに転送することができます。

AnyTrans for iOSの使い方 - iPhoneから他のデバイス/パソコン/iTunes

AnyTrans for iOSの使い方 - iPhoneから他のデバイス/パソコン/iTunes

5、AndroidからiPhoneにデータを移行する方法

AnyTrans for iOSホームページでアイコンをクリックして、Androidの連絡先、メッセージ、写真、動画、書籍などのデータをiPhone/iPad/iPodへ移行することができます。

AnyTrans for iOSの使い方 - AndroidからiPhone

AnyTrans for iOSの使い方 - AndroidからiPhone

おすすめ記事:AndroidからiPhoneに音楽を移行する方法

6. iCloud管理

iCloudのデータを閲覧、インポート、エクスポート、また複数のiCloudアカウントの間で共有できます。

7.動画・音声ダウンロード

YouTube、DailyMotion、Instagram、Facebook、Veohなどの900+のサイトから動画・音声をiPhone/iPad/PCにダウンロードできる。この機能は無料で利用できます。

おすすめ記事:【無料】iPhone Xに動画をダウンロード保存する方法

8.着信音管理

電話の着信音、メッセージの通知音をカスタマイズし、個性的な着信音をiPhoneに同期することができます。しかも、好きな音楽の好きな部分を切り取って、着信音に設定できます。

AnyTrans for iOSの使い方 - 着信音管理

AnyTrans for iOSの使い方 - 着信音管理

おすすめ記事:iTunesで着信音を作成するには

9.Appダウンロード

iPhone/iPad内のアプリをApp Storeからダウンロード、AppライブラリからiPhone/iPadにインストール・アップデートすることができます。それに、アプリをバージョンごとにライブラリに保存することができますので、古いバージョンのアプリを保存したら、いつでも前バージョンにダウングレードできます。

AnyTrans for iOSの使い方 - Appダウンロード

AnyTrans for iOSの使い方 - Appダウンロード

10.ホーム画面管理

お使いのiOSデバイスのホーム画面をスッキリ整理することができます。アプリのアイコンをカテゴリや色ごとに自動的に分類できますので、スマートにホーム画面をまとめて整理できます。

AnyTrans for iOSの使い方 - ホーム画面管理

AnyTrans for iOSの使い方 - ホーム画面管理

1、「AnyTrans for iOSが安全なのか?ウイルス入りではない?」と心配している方はこちらへ>>

2、AnyTrans for iOSの評判&ロコミを気になるなら、こちらの記事を参考にしてください。

モバイルからのご利用方法:モバイルで購入 → パソコンでメールに記載されているライセンスコードやダウンロードURLを確認 → AnyTrans for iOSをダウンロードしてライセンスコードを入力します。

最後に

以上はAnyTrans for iOSのお使い方を詳細に説明することです。分かり安くて、初心者にも手軽に使えます。また、AnyTrans for iOSをもっと活用するために、公式サイトのガイドをご参考ください。最後まで読んでくれてありがとうございます。この記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください