PCからiPadへデータを転送する方法

iCloud Drive、AirDrop、iTunes、AnyTransなどを使えば、iPadとコンピュータ間でファイルを転送することが簡単にできます。しかしそれぞれの方法は利点と欠点があります。なので今回はiCloud Drive、AirDrop、iTunes、AnyTransなどを使って、PCからiPadへデータを転送するときのメリットとデメリットを詳しくご紹介します。自分の必要によって選びましょう。

ばくてい 最終更新日: 2021年03月12日

「はじめまして。iPad初心者で困っています。パソコンに保存してあるデータ(PDF、写真など)をiPadに移動したいのですが、やり方がよくわかりません。iTunesは、ダウンロードしました。回答をよろしくお願いします。」

- 価格.comクチコミ掲示板

iPadを使う皆さんも上記の問題にあったことがありますか?パソコン内のデータをiPadに転送して、いつでもどこでも楽しみたいですが、方法がわからないので困っています。そのため、今回の記事はPCからiPadへデータを転送する方法を6つまとめて紹介しますから、参考にしてください。

方法 1:AnyTransを利用してPCからiPadへデータ転送

メリット:

  • PCからiPadへ、その逆も、PCとiPadの間でデータを自由に転送できる
  • 写真、ビデオ、PDF、メモなどほぼ全てのデータを双方向で移行できる
  • iTunesと違う、iPadに既存のデータを上書きされない

AnyTransはiPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理・転送ソフトで、利用すると、写真、音楽だけでなく、PDF、動画や着信音などのデータも楽に移行できます。しかも、数クリックでできますから、今すぐこのソフトをダウンロードして試しましょう。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

AnyTransをダウンロードしてインストールしてから、お使いのiPadをパソコンと接続してください。信頼画面が出てきたら、「このコンピュータを信頼」をタップしてください。

Step 1:AnyTransを起動 > ホーム画面で中のプラスボタンをクリックします。

データをデバイスに追加

データをデバイスに追加

Step 2:PCでiPadに転送したいデータを選択 > 「開く」ボタンをクリック > すると、PCからiPadにデータを転送し始めます。

送りたい写真を選択

送りたい写真を選択

  1. AnyTransは長い間安全で動作も安定しているソフトとして知られています。ウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアは一切含まれていません。
  2. AnyTransは有料ソフトですが、3日間無料体験、60日間返金保証サービスも付きます。ご安心ください。
  3. AnyTransは音楽、画像、ビデオ、プレイリスト、着信音、アプリ、連絡先、メッセージ、カレンダー、メモやボイスメモなどほとんどのファイル転送をサポートします。
  4. iPadのデータをパソコンに移すことも支持していますから、次の記事をご参考に: iPadのデータをパソコンに移す方法>

方法 2:iTunes(Finder)でパソコンのデータをiPadに転送

デメリット:

  • iTunes同期でPCのデータをiPadへ転送すると、iPadに既存のデータも削除される
  • ミュージック、PDF、ムービーなどのデータだけを同期できる

パソコンのデータをiPadにコピーしたい場合に、iTunesを利用するのは定番方法ですから、ここでiTunesでのやり方をご紹介します。

準備:iPadをパソコンと接続 > iTunesを起動して「iPad」ボタンをクリックします。

音楽・動画・写真の同期:左側で対応する「ミュージック」「ムービー」「写真」項目をクリック(ここで音楽を例にする) > 「ミュージックを同期」をクリックして同期したい音楽を選択 > 右下で「適用」ボタンをクリックして同期します。

音楽・動画・写真の同期

音楽・動画・写真の同期

PDFなどのファイルの同期: 「ファイル共有」をクリップしてリストでアプリを選択 > 「ファイルを追加」をクリックして転送したいファイルを選択 > 「開く」をクリックして右下で「適用」ボタンをクリックして同期します。

PDFなどのファイルの同期

PDFなどのファイルの同期

    • iTunesの同期機能を利用してデータを転送できますが、iPhoneに既存のデータを削除した可能性があります。
iPhoneに既存のデータを削除

iPhoneに既存のデータを削除

  • iTunesの利用は定番方法ですが、エラーのせいで転送できない時もあります。その場合に、方法1のAnyTransを使ってPCからiPadへデータを転送するのをおすすめします。
  • macOS CatalinaからiTunesを利用できなくなり、Finderを使用してファイルをiPadに転送してください。

上記の2つの方法はUSBケーブルを利用する必要がありますので、もし手元にUSBケーブルがない、または、USBケーブルがパソコンに認識されないなら、次の4つの方法を参考にしてください。

方法 3:Emailを使ってiPadにデータを転送

デメリット:

  • Emailを使って転送したビデオ、音楽、写真などの音質と画質は劣化する可能性がある
  • Emailで大きいサイズのファイルを送信できない
  • EmailからファイルをiPadにダウンロードするのは時間がかかる

iPadにファイルを転送するには、Emailは簡単な方法ですが、複数のデータを取り込みたいなら面倒です。しかも、サイズ大きいのファイルは送受信されなくて、通信速度に応じて作業時間も異なります。しかし、もし1ファイルだけをPCからiPadに転送したいなら、おすすめします。

手順: パソコンで写真、動画、PDFファイルなどをメールに添付 > iPadに送信 > iPadで転送されたファイルを受け取ります。

方法 4:iCloud Drive経由でケーブルなしでファイルを移行

メリット:

  • 5GB無料で使える
  • iPadとほかのデバイス間でファイルを転送することができる
  • Windows PCを含むすべてのデバイスでファイルを常に最新の状態に保ち、最新のファイルにアクセスできる

デメリット:

  • 同じApple IDでサインインしているデバイスでファイルを削除すれば、全てのデバイスのファイルも削除された
  • iCloudは5GBと容量は少ないものの、iCloudストレージプランが高い
  • iCloudエラーの原因で時々サインインできない

iCloud Drive経由でファイルをパソコンからiPadに転送したいなら、ブラウザとデスクトップ版という2つの形式があります。ここで、ブラウザ経由での転送方法を例にします。

Step 1: iCloud.comにアクセスしてサインイン > 「iCloud Drive」をクリック > 上部のアップロードボタンをクリックして転送したいファイルを追加します。

転送したいファイルを追加

転送したいファイルを追加

Step 2: お使いのiPadで同じApple IDにサインイン > 「設定」>「名前」>「iCloud」の順でタップして「iCloud Drive」を有効にします。

Step 3: 「ファイル」アプリを開き > 転送されたファイルをタップしてダウンロードします。

注: Windows 用 iCloudをダウンロードするには、こちらをクリックしてください。

方法 5:そのほかのオンラインドライブを利用

iCloud Drive以外、Google DriveやDropboxなどのオンラインドライブを利用してPCからiPadにデータを転送することもできます。そして、利用する方法も大体同じです。

1.パソコンでiPadに入れたいファイルをオンラインドライブにアップロードします。

2.iPadで対応するアプリをダウンロードしてサインインします。

3.アプリから転送されたファイルをiPadにダウンロードします。

方法 6:AirDropを使うデータをパソコンからiPadに移す(Macのみ)

メリット:

  • AirDropを使って無線でMacからiPadへデータを転送できる
  • AirDropを使ってiPadへ送信した写真や動画など通信料がかからない

デメリット:

  • 誤って知らない人に送信したら、撤回できない、プライバシーが漏れる
  • WindowsパソコンからiPadへデータを転送できない

AirDropを使用すると、写真、ビデオ、Webサイト、場所などを付近のデバイスとMacコンピュータにワイヤレスで送信できます(iOS 7以降、iPadOS 13以降、またはOS X 10.10以降が必要です)。Macを使っている場合、AirDropを使ってファイルを転送することも楽な方法ですね。

1.iPadとMac両方でWi-FiとBluetoothをオンにします。

2.このMacを検出可能な相手で「全員」を選択します。

3.転送したパソコン内のファイルをウインドウ内の受信者のアイコンの上にドラッグして、「送信」をクリックしてください。

写真元: jp.easeus.com

写真元: jp.easeus.com

最後に

以上、PCからiPadにデータを転送する6つの方法です。iTunesの利用は定番方法ですが、iTunesを使わないでiPadの写真・動画・PDFファイルを転送する方法も5つご紹介します。自分の必要によって、適当な方法を選択してみてください。

また、AnyTransはパソコン・iOSデバイス・クラウドの間でデータを自由に転送できますから、今からAnyTransをダウンロードして試してみましょう

本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。