iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする

要約

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリーとして使える方法がご存知ですか?AnyTransはその便利な機能を提供して、必要なファイルをiOSデバイスに入れて、持ち歩けるようになります。

リュウラン

2015年01月14日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iOSデバイスをUSBメモリー化にできるツール

AnyTrans – iPhoneのファイルを管理する

AnyTransをダウンロードして、iPhone、iPad、iPodをUSBメモリとして使い始めましょうか?

iPhone/iPad/iPodにファイルを入れて、デバイスとともに持ち歩いて、必要なときデバイスから取り出して使うことができたらいいなと思いませんか?しかし、iOSオペレーティングシステムは、iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にして使うことができません。つまり、iOSデバイスをパソコンに接続して、パソコン上のファイルを直接にデバイスのフォルダーにコピー・転送することができません。iTunesでiPhone/iPad/iPodとパソコンの間でファイルを転送することができますが、種類が少なくて、方法も複雑です。どうすれば簡単にiPhone/iPad/iPodをモバイルストレージ化にして、ファイルをその中に保存できますか?実は、一つ転送ツールを使うと、簡単にできます。

ツールの紹介

AnyTransはiOSデバイスのファイル管理のため作られた専門的なマネージャーです。iOSデバイスとパソコンの間で、連絡先、メッセージ、音楽、ビデオ、写真などのファイルをAnyTransで簡単に転送できます。その上、今最新バージョンのAnyTransは、iOSデバイスをストレージ化にする機能を追加しました。iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にするにして、パソコン上のファイルを自由にデバイスの上で保存して、持ち歩けるようになります。後でファイルをデバイスから取り出して、パソコンにダウンロードすることができます。

次はAnyTransでiPhone/iPad/iPodをUSBメモリ化にする方法を説明します。

お見逃しなく:万が一に備える!iPhoneのデータをパソコンにバックアップする方法>

無料でパソコンにAnyTransをインストールして試しましょう>

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法

ステップ1、AnyTransを起動します>iPhone/iPad/iPodをパソコンに接続します。

ステップ2、「ファイルシステム」をクリックして、「ストレージ」を選択します。

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ2

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ2

ステップ3、ファイルをデバイスに入れる場合、右上の追加のボタンをクリックします>入れたいファイルを選択して、「開く」をクリックします。

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ3

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ3

ステップ4、iOSデバイスに入れたファイルをパソコンへ転送するとき、転送したいファイルを選択して、右上のパソコンへのボタンをクリックします。

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ4

iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にする方法 ステップ4

注:

- ストレージ機能にフォルダーの作成、ファイル名前の編集、ファイルの削除もできます。

- iOSデバイスからパソコンへファイルを転送する時、出力先の選択は設定ボタンをクリックすると選択できます。

- USBメモリー化で保存できるファイルの容量は、デバイス自身の空き容量によると決めています。

お見逃しなく:iCloud上でバックアップされたデータを見るする方法>

それで、iPhone/iPad/iPodをUSBメモリー化にして、ビジネス、学習、生活をもっと便利になれるでしょう。もっと多くの便利な機能がありますから、そのAnyTransの多くの機能を試してみませんか?もしこの文章に気に入れば、お友達と共有しましょう。何かご質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください