【2022】MacはWindowServerのため動作が重い!6つ方法で改善する

MacでWindowServerのCPU使用率が高いため、Macが重くなります。この記事では、WindowServerが大量のCPU 和とRAMを使用している状況を改善するやり方をまとめてご説明したいと思います。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年01月14日

WindowServerとは、とても重要な役割のある、パソコンに損害のないシステムファクターです。でも、WindowServerはMacの運行速度にも影響を与えます。また、WindowServerはリアルタイムにすべてのスクリーンで運行している内容を映すので、スクリーンの明るさでも、アプリケーションの使用でも、オンラインで広告を観ることやゲームをすることなどでもWindowServerが消費しているCPUの向上をもたらします。この場合になると、ユーザー様の使っているMacの運行速度はますます遅くなってきます。この記事では、WindowServerが大量のCPU 和とRAMを使用している状況を改善するやり方をまとめてご説明したいと思います。

WindowServerがCPUを多く消費している

WindowServerがCPUを多く消費している

パート1 MacにおけるWindowsServerは大量のCPUを消費する理由

以上書いたように、WindowServerは重要かつ機能の強いプロセスです。しかし、ときどきWindowServerにも問題が発生します。

実は、それはしかたのないことですね。WindowServerは多くのプログラムやアプリを扱っており、すべてのプログラムと通信して、また画面にもそれらのものを投影するので、非常に負荷が大きいです。ですから、Macで実行されているアプリケーションが多くなると、WindowServerは処理するときの必要な作業も多くなります。したがって、WindowServerのCPUとメモリの消費量が急に増したことも当然のことでしょう。

状況は特に、実行中のプログラムによって、ディスプレイの表示内容が絶え間なく変更されている場合により厳しくなります。それらの変更で、プログラムがオーバードライブでWindowServerを実行しているようになりますが、CPUの使用率も高くなります。それに、ビデオゲーム、写真、ビデオエディタやほかのスクリーンをつねにアップデートする必要のあるアクティビティなどをプレイすることも、CPUとメモリの消費量をひどく増やすことができます。

そして、WindowServerの消費量が激増していることに気づいたユーザー様はある操作をすることで、一時的にそれを正常に戻せますが、長い時間が経つと、それは処理できないほどの問題になるかもしれないです。ですから、状況が取り戻しのない場合になる前に、ぜひ以下の対処方法をご覧くださって、それに従って問題を解決しましょう。

パート2 WindowServerによって遅くなったMacの改善策

1、iCloudのプロセスを閉じる

「アクティビティモニタ」で「cloudd」、nsurlsessiondというプロセスのCPU使用率を観測できますが、それはiCloudがデータを同期化しているとき使われているプログラムです。CPUの使用率が高くなると、それを閉じてもMacの運行に影響しないので、よい解決策とみられます。以下は具体的な手順です。

「iCloud」のプロセスを閉じる

「iCloud」のプロセスを閉じる

まず「アクティビティモニタ」で[cloudd]というプロセスのCPU利用率を確認し、赤色の[応答しないプロセス]で表示されると、問題があると判断できます。

また、それを確認しすると、Finderで[ライブラリ]、[Cache]、[CloudKit]フォルダを順番に開き、名前が「CloudKitMetadata」、「CloudKitMetadata-shm」と「CloudKitMetadata-wal」のファイルをデスクトップなどに移動します。

それに、アクティビティモニタで[cloudd]を選び、ツールバーの[×]をクリックし、[終了]ボタンをクリックしすれば完了です。必要のとき[cloudd]が再起動するので、iCloudの使用には影響がありません。

clouddを終了

clouddを終了

2、Macを再びスタートする

Macのオペレーティングシステムをアップデートすることは、プロセスをリセットし、それらの消費量をデフォルトレベルに下げる良い対策です。

具体的なやり方としては、Appleメニューをクリックし、「再起動」というボタンを選択することです。ここで注意してほしいのは、ログインし直す前に、必ず「ウィンドウを再度開きます」をオフにします。

3、不要なアプリとウィンドウを終了させる

開いているプログラムウィンドウやFinderウィンドウなどが多すぎると、WindowServerが行わなければならない作業がより多くなり、消費しなければならないCPUとメモリの量もより多くなります。そのため、Macの運行速度は非常に遅くなったり、一部のアクションの実行にも問題が発生したりすることになります。

その場合になると、不要になったウィンドウ、それともアプリを閉じることは考えに入れます。忘れてはいけないのは、データのロスを防ぐために、ウィンドウを閉じる前に必ずファイルを保存しておきましょう。そうすると、WindowServerが呼吸し、Macの操作システムもスムーズに運行するようになります。

ちなみに、「アクティビティモニタ」でどのアプリケーションのCPU使用率が高すぎたことを観測できるので、自分のニーズにも加えて、アプリケーションを終了させることもできます。

4、Macの透明効果をオフにする

Macの透明度とは、Macの操作システムとそのアプリの視覚効果です。

WindowServerの負荷を最小限にするもっとも便利な方法の1つもその透明効果とつながっています。その操作をすると、Macの運行速度は確実にはるかに高速になったと実感できます。

具体的なやり方は以下の手順に従えば良いです。

まず、「Appleメニュー」をクリックし、「システム環境設定」を選びます。それに、左側のメニューから「ディスプレイ」というボタンを押します。そして、その横側にあるスイッチを切り替え、透明効果をオンにします。そうすると、WindowServerの運行は速くなり、画面にあるウィンドウも表示されます。

5、WindowsServer の CPU 使用率を高くする悪質のマルウェアやソフトなどを削除する

以下はSafariを例に具体的な手順を説明します。

まず、ブラウザを開き、Safariメニューに入ります。それにドロップダウンリストで「環境設定」を選びます。環境設定の画面が表示すると、「詳細」をクリックし、「メニューバーに『開発』メニューを表示します」という欄を有効にします。

次に、SafariメニューにDevelopエントリがあるので、それを展開し、キャッシュを空にします。あと、Safariメニューの「履歴」を選び、ドロップダウンリストの「履歴を消去します」を押します。それに、最もよい効果を獲得するには、すべての履歴を選択し、「履歴を消去します」のボタンをクリックします。

また、Safariの環境設定に移動し、上側にある「プライバシー」を押します。あと、「Webサイトデータを管理します」というオプションをクリックします。ブラウザにインターネット活動のデータを保存しているウェブサイトのリスト及びそれに対する操作のダイヤログが表示されるので、「すべてを削除します」のボタンをクリックし、Safariをリスタートします。

6.ツールで重いMacを改善する

常にMacを高速の状態を保つには、日々のメンテナンスは非常に重要です。マルウェアや不要なアプリなどMacから取り除いて、システムジャンクを定期的に削除することは必要です。Macのメンテナンスソフトは様々ありますが、機能性、操作難易度、価格など各方面から比較すると、MacCleanというソフトをおすすめします。重いMacをクリンアップしてMac操作の快適さを取り戻します。

重いMacをクリンアップ

重いMacをクリンアップ

Macクリーナーの違いについては、以下の比較表をご参考ください。

比較項目 MacClean CleanMyMac 3 PowerMyMac Macubeクリーナー MacBooster 5
操作の難易度 ★★★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★★
対応OS mac OS X 10.7 〜macOS Big Sur Mac OS X 10.8以上 Mac OS X 10.13 〜Mac OS 11 不明 Mac OS X 10.9 以降に対応(32 ビット CPU には非対応)
監視機能
ウイルス対応
悪質なCookieを検出
感染ファイルの対策 削除&隔離 削除 / / /
価格(年間) 1,980円 3,992円 3,433円 3,433円 2,980円
返金保証 60日間全額返金保証 30日間全額返金保証 30日間全額返金保証
サポートされているファイルの種類 ・ システムジャンク(ユーザージャンクなど)

・ 悪質cookie& インターネットジャンク

・プライバシー保護(アプリのプライベート履歴など)

・クリーンアップツール(アプリアンインストールなど)

・ 最適化ツール(拡張機能管理、iTunesバックアップなど)

・ 隔離エリア(感染ファイルを管理)

バイナリジャンク

・不要な言語ファイル

・重複ファイル、大容量ファイル

・バックアップジャンク

・iPhotoジャンク

・ファイルシュレッダー

・ システムジャンク(ユーザージャンクなど)

・ cookie& インターネットジャンク

・プライバシー保護(アプリのプライベート履歴など)

・クリーンアップツール(アプリアンインストールなど)

・ 最適化ツール(拡張機能管理、iTunesバックアップなど)

・重複ファイル、大容量ファイル

・不要な言語ファイル

バックアップジャンク

・メールジャンク

・iPhotoジャンク

 

・ アプリアンインストー

・ システムジャンク(ユーザージャンクなど)

・ 悪質cookie& インターネットジャンク

・プライバシー保護(アプリのプライベート履歴など)

・クリーンアップツール(アプリアンインストールなど)

・重複ファイル、大容量ファイル

バックアップジャンク

・メールジャンク

アプリアンインストー

・ システムジャンク(ユーザージャンクなど)

・ cookie& インターネットジャンク

・プライバシー保護(アプリのプライベート履歴など)

・クリーンアップツール(アプリアンインストールなど)

・重複ファイル、大容量ファイル

バックアップジャンク

・メールジャンク

アプリアンインストー

・ システムジャンク(ユーザージャンクなど)

・ cookie& インターネットジャンク

・マルウェアの削除

・プライバシー清掃

・システムジャンク

・アンインストーラ

・大容量のファイル、重複したファイル

その他 ・スキャンしたいフォルダが直接にドラッグ&ドロップできる

・安全レベルによって、三つの消去モードがある

・プロセッサとメモリの使用率やバッテリー充電のサイクルをチェックし、RAMが解放できる

・スキャンしたい時間が設定できる

・パフォーマンスモニター

・ハードディスクのストレージ使用量、バッテリの使用量、そしてMacのCPU使用量を確認できる / ・メモリのスペースを解放できる

お使いのMacを最適化にするため、MacCleanをダウンロードして体験してみましょう!

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

まとめ

今回はWindowServerが重い原因とその対策を紹介しました。この記事がお役に立てば、Twitterで共有してくれれば幸いです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン