iPhoneの電源が切れない!そういう時の対処法とは?

iPhoneの電源が切れない場合、様々な原因が考えられます。そこで対処法もさまざまです。今回は電源が切れないときの対処法としていくつか紹介させていただきます。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月21日

iPhoneを使っていると、まれに動作がおかしくなることがあります。通常の解決方法は、いったん電源を切ってから再び電源を入れることですが、それでも問題が解決しない場合は、iPhoneを強制的に再起動することができますが、iPhoneの電源が切れないというトラブルにあったこともあります。ここでは、iPhoneの電源を切る方法と、電源を切ることができない場合の対処法について説明します。万が一、iPhoneがフリーズして画面やボタンに反応しなくなった場合にも、このガイドが役立ちます。

Part1、iPhoneの電源の切り方

ここでは、様々なモデルのiPhoneの電源の切り方をご紹介します。iPhoneは機種によって電源の切り方が異なりますので、機種変更の際にはあらかじめ電源の切り方を練習しておくとよいでしょう。

1.iPhone X/11/12/13の場合

電源ボタンといずれかの音量ボタンを同時に長押します。電源を切るには、電源が入っている状態で、電源ボタンと音量ボタン(上または下)のどちらかを同時に長押しします。パワーボタンを右にスライドすれば、電源をオフにできます。

iPhoneの電源の切り方

iPhoneの電源の切り方

2.iPhone SE (第 2 世代)、8、7、6 の場合

スイッチオフのスライダーが表示されるまで、サイドボタンを長押しします。パワーボタンを右にスライドすれば、電源をオフにできます。

iPhone 8 以前または iPod touch を再起動する

iPhone 8 以前または iPod touch を再起動する

3.iPhone SE (第 1 世代)、5 以前の場合

「電源オフ」のスライダーが表示されるまで、上部ボタンを押し続けます。パワーボタンを右にスライドすれば、電源をオフにできます。

iPhone SE (第 1 世代)、5 以前を再起動する

iPhone SE (第 1 世代)、5 以前を再起動する

Part2、iPhoneを強制的に再起動させる方法

強制終了と再起動の違いは、「強制終了」はフリーズした画面を強制的に消してiPhoneの電源を切るが、「再起動」はiPhoneの電源を入れ直す。これからiPhoneを強制再起動(強制リセット)する方法を紹介します。iPhoneのモデルによって操作手順が異なるので、それぞれ解説しています。

1.iPhone X以降の場合

Step1、iPhone X以降の機種では、iPhoneの側面にある電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しすることで、携帯電話を再起動することができます。音量ボタンは、「音量アップボタン」と「音量ダウンボタン」の2種類がありますが、どっちでもいいです。

Step2、長押しするとディスプレイにスライダーが表示され、そのスライダーをスライドさせるとiPhoneの電源が切れます。

Step3、その後、iPhoneの電源ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しする必要があります。

2.iPhone 7/7 Plusの場合

iPhone 7シリーズを強制的に終了させるには、ボリュームアップボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押しします。

iPhone 7またはiPhone 7 Plusを強制的に再起動する

iPhone 7またはiPhone 7 Plusを強制的に再起動する

3.iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末の場合

iPhoneのディスプレイ下にホームボタンが設置されているiPhone 6モデル以前の機種では、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しすると、iPhoneを強制終了できます。

iPhone 6および6 Plus、iPhone 6sおよび6s Plus、iPhone SE、またはiPhone 5sを強制的に再起動する

iPhone 6および6 Plus、iPhone 6sおよび6s Plus、iPhone SE、またはiPhone 5sを強制的に再起動する

Part3、iPhoneの電源が切れない時の対処法

方法1、設定画面から電源を切る

設定アプリからも電源を切ることが可能です。

Step1、ホーム画面から[設定] > [一般]と開きます。

Step2、画面最下部の[システム終了]をタップします。

Step3.「スライドで電源オフ」をスワイプすることで、電源がオフになります。

方法2、バッテリーが無くなるのを待つ

時間に余裕があり、iPhoneを強制的に再起動させる必要がない場合は、そのまま放置して電池切れにすることもできます。充電してから通常の再起動を行うとiPhoneを再起動できます。

以上はiPhoneの電源が切れないトラブルに正しい対処法でした。皆さん、いかがですか?iPhoneの電源が切れないというトラブルは珍しくなく、時にはデータ消失の危険性もあります。iPhoneを定期的に快適に使うためには、最新バージョンのiOSを使用し、アプリのアップグレードを恐れずに行いましょう。万が一の事態に備えて、普段から定期的にデータのバックアップを心がけましょう!最後まで読んでいただいてありがとうございます!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン