iPhoneのアプリとアプリデータをバックアップする3つの方法

この記事は、iPhoneのアプリ(アプリ本体、アプリのデータなど)をバックアップする方法を3つご紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月24日

App Storeから削除されたアプリを引き続利用したい時やアプリの古いバージョンに戻したい時はよくあります。だが、App Storeでは、アプリの旧バージョンをダウンロードすることや配信停止になったアプリも入手できません。

上記のような場合は、アプリをバックアップしておくことが必要となります。この記事は、iPhoneのアプリをバックアップする方法を3つご紹介します。

iPhoneアプリおよびアプリデータのバックアップ方法はAnyTrans、iTunes、iCloudの3つがあります。その3つの方法について、特徴は下記の通りです:

特徴 AnyTrans iTunes iCloud
アプリ個別バックアップ × ×
アプリデータバックアップ
バックアップ内容を見る × ×

方法 1: AnyTransでiPhoneのアプリをバックアップ

まずは、アプリを個別にバックアップできる便利なツール― AnyTransを紹介します。超初心者でも、AnyTransを使ってアプリをバックアップできます。そして、次の特徴があります:

  • アプリとアプリデータをバックアップ&復元でき、iPhone上既存のデータを上書きしない
  • バックアップされた古いバージョンのアプリをiPhoneに再インストールできる
  • 複数のApple IDを同時にログインしてアプリを管理できる
  • iPhoneからiPhoneへアプリの移行も可能

それでは、早速本題に入り、AnyTransをダウンロードしてiPhoneのAppをバックアップしましょう。

Step 1、AnyTransを起動 > USBケーブルでお使いのiPhone/iPad/iPodをパソコンに接続します。

ダウンロードする際に、ブラウザやPCの仕様により安全警告が表示されることがありますが、AnyTransは有害なものが入っていません。安心してご利用ください。

Step 2、接続されたら、次の画面が表示される > 右上で「Apps」をクリックして管理画面に入ります。

「Apps」に入る

「Apps」に入る

Step 3、パソコンにバックアップしたいアプリを選択 >   「その他」をクリック > 「Appライブラリにダウンロード」ボタンをクリックします。

「Appライブラリにダウンロード」ボタンをクリック

「Appライブラリにダウンロード」ボタンをクリック

iPhoneのアプリおよびアプリデータを復元裏技

Step 4、次に、購入時使用されたApple IDとパスワードを入力すると、iPhoneのアプリはパソコンにバックアップされます。

Apple IDとパスワードを入力してサインイン

Apple IDとパスワードを入力してサインイン

  1. ホーム画面の左側で「Appダウンロード」をクリックしてiPhoneのアプリライブラリに入り、ダウンロードしたアプリを確認・復元することができます。詳細はこの記事でご確認ください: パソコンのアプリライブラリでアプリをダウングレードする方法>
  2. AnyTransでiPhoneのアプリデータをバックアップしたいなら、「バックアップ管理画面」ですべてのデータを一括にバックアップしてください。

方法 2: iTunesでバックアップ

iTunesは、アプリ単体でなく、アプリを含めたiPhone上すべてのデータをバックアップしています。アプリ個別バックアップできませんし、復元する時もバックアップデータをiPhoneに一括復元されますので、特定のアプリだけを復元することはできません。

詳細な手順:

1.USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続 > iTunesを起動 >   を選択し、iPhoneの管理画面に入ります。

2.より完全なバックアップを作成するため、「ローカルバックアップの暗号化」を有効にしてください。そして、覚えやすいパスワードを設定してください。

バックアップの暗号化を有効にする

バックアップの暗号化を有効にする

3.パスワードを設定したら、「今すぐバックアップ」ボタンを選択します。すると、バックアップは始まります。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

方法 3: iCloudでバックアップ

iCloudバックアップもから復元する時も、すべてのデータをiPhoneに一括復元する必要であり、復元の前に、iPhoneをリセットする必要もあります。

詳細な手順:

iPhoneで「設定」 > 「iCloud」 > 「iCloudバックアップ」 > 「今すぐバックアップを作成」の順にタップし、iPhoneのアプリを含めたデータのバックアップは作成されます。

iCloudでiPhoneのアプリをバックアップする

iCloudでiPhoneのアプリをバックアップする

  1. iTunesまたはiCloudでバックアップする際に、アプリだけでなく、iPhoneのすべてのデータがバックアップされます。もし必要なアプリファイルだけをバックアップしたいなら、iTunes代替ソフトとしてのAnyTransを利用する方法1をおすすめします。
  2. アプリだけを復元したい時は、次の記事をご参考ください: iTunes/iCloudバックアップからiPhoneを復元する方法>

最後に

以上の3つの方法で、iOSデバイスのアプリをバックアップすることができます。

iTunesとiCloudは、アプリを含めたiPhone上すべてのデータを丸ごとバックアップしています。AnyTransは、アプリ単体をバックアップできます、自分の必要に応じて選択してください。

ちなみにAnyTransは、音楽写真ビデオ電話帳、メッセージ、メモやカレンダーなどのデータをバックアップ・転送・管理することもできます。試してみたいなら、まずはAnyTransの無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいでしょう。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン