iPhoneのアプリをバックアップする方法

要約

どうすればiPhoneのアプリをバックアップできますか?この記事を参考して、iPhone/iPad/iPodのアプリ(アプリ本体、アプリのデータ、個人情報などを含む)をそのままPCにバックアップする方法を学びましょう。

ちょうせい

2016年09月18日

ちょうせい

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhone/iPad/iPodを管理するツール

iPhoneのアプリをバックアップするには、専門的な管理ソフト- AnyTrans for iOSをダウンロードしてください。そして、iPhone/iPad/iPod上のアプリを簡単にバックアップできますよ。

普段、「App Store」からさまざまなアプリをダウンロード&購入して利用していますね。これらのアプリは我々の生活を豊かにして、とても大切なものになりますよね。しかし、iPhoneのクラッシュ、損害、紛失または盗難などの理由で、これらの重要な多くのアプリケーションを失う可能性が高いです。

したがって、万が一のために、iPhoneのアプリをバックアップする必要があります。ご存知の通り、普通にiTunesを使って、iPhoneからアプリをバックアップできますね。実は、iTunes以外、iCloud、または他の方法でお使いのiPhoneをバックアップできます。そこで今回は、iPhoneからアプリをバックアップする効率的な方法を3つご紹介します。

方法 1: AnyTrans for iOSでiPhoneのアプリをバックアップする

この方法をご説明する前に、まずは、AnyTrans for iOS(1000万ダウンロードを突破した)というiOS端末向けのアプリを選択的にバックアップできるツールをご紹介します。このツールを使う際、以下のようなメリットも持っています:

1.アプリだけでなく、連絡先、メッセージ、音楽、メモ、カレンダーなどの25種類のデータをバックアップできます。

2.iOSデバイスのアプリもiTunes/ほかのiOSデバイスに移せます。

3.バックアップする時、アプリ本体だけでなく、アプリのデータ、個人情報/設定などもそのままバックアップできます。

4.AnyTrans for iOSは有料ソフトだが、7日間無料体験、60日間返金保証も付きます。その上、一度購入したら、永久使用・無償アップグレードが可能で、無料サポートもいつでも得られます。

それでは、早速本題に入り、AnyTrans for iOSでiPhoneのアプリをバックアップする方法を説明しましょう。そして、AnyTrans for iOSの安全性と返金手続き&注意点などを気になる方はこちらのリンク先の記事をご参照ください:

AnyTrans for iOSって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ!

iMobie製品の返金方法と注意点について

モバイルからのご利用方法:モバイルで購入 → パソコンでメールに記載されているライセンスコードやダウンロードURLを確認 → AnyTrans for iOSをダウンロードしてライセンスコードを入力します。

ユーザーレビュー:

“AnyTransとかいう神ソフトを使えば家にあるiPadにアプリデータを移せる可能性がわんちゃんありけり”

“あ、AnyTransっていうソフト入れたら無事消せました。やっぱ外部ツール便利やな”

“iTunesにはホント閉口する。何かやろうと思ってエラーが出なかったためしがない。AnyTransに心引かれる……”

“*´∇`*)オツカレサマーAnyTransと言う管理ツール見つけました。これをMacにインストールしてiPhoneに繋げれば、iPhoneに取り込んだCD音楽データがMacに取り込めます。”

Step 1、AnyTrans for iOSをダウンロードしてから起動 > USBケーブルでお使いのiPhone/iPad/iPodをパソコンに接続します。USBケーブルでお使いのiPhone/iPad/iPodをパソコンに接続します。そして、AnyTrans for iOSのインストール・起動・言語切替などに困っている場合、こちらの記事を参考にしてください。

iPhoneのアプリをバックアップする方法1 – ステップ1iPhoneのアプリをバックアップする方法1 – Step 1

Step 2、マウスでスクロールして、インターフェースを変える > 「App」をクリックします。

iPhoneのアプリをバックアップする方法1 - ステップ2

iPhoneのアプリをバックアップする方法1 – Step 2

Step 3、パソコンにバックアップしたいアプリを選択 > 「パソコンへ」ボタンをクリック > iPhoneのアプリをバックアップできました。

iPhoneのアプリをバックアップする方法1 - ステップ3

iPhoneのアプリをバックアップする方法1 – Step 3

ここで、AnyTrans for iOSを利用してアプリをバックアップする際の2つのポイントをお伝えしてまいります:

1.この機能はMacパソコンだけで利用できます。

2.お使いのiOS端末はiOS 8.3及びその以降の場合、アプリ本体もアプリのデータもパソコンにバックアップ(転送)できます。

方法 2: iTunesでiPhoneのアプリをバックアップする

詳細な手順: USBケーブルでiPhoneを接続 > iTunesを起動 > を選択 > 「概要」の「今すぐバックアップ」ボタンをクリック > iPhoneのアプリをバックアップしました。

iPhoneのアプリをバックアップする方法2

iPhoneのアプリをバックアップする方法2

方法 3: iCloudでiPhoneのアプリをバックアップする

詳細な手順: iPhoneで「設定」をタップ > 「iCloud」 > APP以外のすべてのイベントをオフにする > 「バックアップ」 > 「今すぐバックアップを作成」 > iPhoneのアプリをバックアップしました。

iPhoneのアプリをバックアップする方法3

iPhoneのアプリをバックアップする方法3

注:

— 方法2のiTunesでアプリをバックアップする時、全てのデータしかバックアップできないから、おすすめしません。

— iCloudのストレージ容量は通常5GBまで無料なので、これ以上利用したい場合は、ストレージの購入が必要なので、おすすめしません。

おすすめ記事:iPhoneのメッセージをバックアップする方法

以上の3つの方法で、iPhoneのアプリをバックアップすることができます。方法1で使用されるツール-AnyTrans for iOSは、アプリだけではなく、音楽写真、ビデオ、電話帳、メッセージ、メモやカレンダーなどのデータをバックアップしたり、転送したり、管理したりすることもできます。今から体験してみましょうか!

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。メールでのお問い合わせ


Facebook上で何がホットだ

ご意見・ご感想をお寄せください