写真をiPhoneとiPadの間で同期されない対処法を紹介!

写真をiPhoneとiPadの間で同期されない場合に、どうすればいいですか?この記事は6つの対処法をまとめて紹介しますので、参考にしてください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年03月26日

iPhoneとiPadをともに持っている人にとって、iCloud写の機能はすごく便利でしょう。複数の写真を一瞬にアップロードできますし、デバイスを変えてもiCloudにアップロードされた写真もチェックできます。ただし、バージョン更新や設定でその機能が利用できない場合もあります。本記事では主にiPhoneとiPadの間で同期できないときの対処法をシェアします。お困りの人が参考になれば幸いです。

Part 1. iPhoneとiPadの間で写真を同期する方法

iCloud写真を使用したら、iPhoneとiPadの間に写真を自動的に同期できます。同期する写真は「写真」というアップリでチェックできます。これからは同期する方法を簡単に紹介します。

1、iPhoneとiPadで自分のAppleのIDを登録してください。

2、インターネット接続することを確認してください。

3、「iCloud 写真」の設定をオンにしてください。

Part 2.iPhoneとiPadの間で写真が同期されない時の対処法

1、インターネット接続を確認する

写真がアップロードできないときは、まずはインターネット接続の状況を確認しましょう。AppleではiPadと iPhoneを接続するケーブルが用意されていませんので、インターネットで接続する必要かあります。通常、WIFIとモバイル通信のいずれかに接続すれば、自動同期することができます。ただし、バージョンによって、その条件も変わります。iOS 10以前のバージョンがモバイル通信という選択がないので、WIFI接続の接続方法で利用しかありません。

また、通信環境でネットと繋がっていたとしても、バグなどの原因で自動アップロードが失敗になる場合もあります。その時は、一度デバイスを再起動してみてください。

2、すべてのデバイスで同じApple IDでサインインする

iPhoneとiPadの間で写真を同期するには同じApple IDでサインインすることが必要です。同じApple IDでサインインしているかどうかは設定の画面で確認できます。

3、「iCloud 写真」の設定をオンにする

デバイスごとに「iCloud写真」の設定が有効かどうかを一応確認しましょう。「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」>「写真」の順番でクッリクして、「iCloud写真」というボタンをオンにします。もし「iCloud」がオンしているのに、自動アップロードされない場合なら、一度オフにしてオンへ切り替えてみましょう。

「iCloud 写真」の設定をオンにする

「iCloud 写真」の設定をオンにする

4、iOSを最新バージョンにアップデートする

同期が失敗になった場合は、デバイスを最新バージョンに更新しましょう。Macやデバイスのバージョンが古いため、自動同期が失敗する場合があります。もし以上の対応策が解決できない場合なら、一度OSのバージョンを最新バージョンにアップデートしてみましょう。

5、iCloudのストレージの空き容量を増やす

大量な写真や動画をアップロードする際に、ストレージ容量が不足の原因で同期できない場合があります。その時は、iCloudのストレージの空き容量を確認して、もし容量が不足の場合、普段使用していない動画や写真などを削除することで空きストレージ容量を増やすことができます。

注:空きストレージ容量を確認するには「設定」>ユーザ名」>iCloud」>「ストレージを管理」の手順でお進みください。

Part 3.専用のデータ転送ソフトを利用して iPhoneとiPadの間で写真を同期

もし以上の5つの対応策で問題を解決できないなら、専用のデータ転送ソフトAnyTransがお勧めしたいです。AnyTransを利用するとiPhoneとiPadの間で写真を同期することが手軽に完成できます。AnyTransでは二つの方法でiPhoneとiPadの間で写真を共有することができます。ここでは簡単な同期する方法について、紹介しますので、ぜひご参考ください。

方法1、【パソコンなし】iPhoneとiPadで写真を同期する

ステップ1、AnyTransアプリをiPhoneとiPadでダウンロードします。

ステップ2、iPhoneとiPadを同じWiFiで接続してください。

ステップ3、AnyTransの左上のメニューのようなボタンをクリックして、「スマホ間のデータ転送」をクリックして、iPhoneのボタンをクリックして、フィルを選択して写真を転送することができます。

「スマホ間のデータ転送」をクリック

「スマホ間のデータ転送」をクリック

フィルを選択して写真を転送

フィルを選択して写真を転送

方法2、【パソコン必要】iPhoneとiPadで写真を同期する

iPhoneとiPadを同じWiFiで接続できない場合もあります。そういう場合は、パソコンのAnyTransを利用して写真を同期しましょう!

1、パソコンでAnyTransをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2、iPhoneとiPadをUSBケーブルでパソコンと接続してください。

3、左側の「フォンスイッチャー」アイコンをクッリクして「今すぐ転送」を選択してください。

「iPhoneに引っ越し」に入る

「iPhoneに引っ越し」に入る

4、目標デバイスを確認して「次へ」という青色のボタンをクッリクします。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

5、転送したいフィルや写真を選択して、転送します。

転送したいカテゴリを選び

転送したいカテゴリを選び

AnyTransではデバイスの間で写真を同期する機能があるだけではなく、下記の機能も利用できます。

1、複数のデバイスを接続して管理する

2、1000+サイトから動画・音声をダウンロードする

3、Android/iOSデバイスからiPhoneへデータを移行する

4、写真を一括転送することや選択的に転送することができる

まとめ

以上は写真をiPhoneとiPadの間で同期されない対応策です。お困りの人がいれば、ぜひお見逃しなく!上記におすすめのAnyTransでは「iPhoneとパソコンの間でデータを転送」と「バックアップ復元」などの機能も利用できます。興味のある方は、ぜひAnyTransをダウンロードしてみしょう。新規登録者なら30日の無料プランを体験できます。

この記事がお役に立てば、FacebookやInstagramにシェアしていただけますと嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン