iPhoneからiPhoneに写真を転送する10つの方法

古いiPhoneから新しいiPhoneに変更してから、写真を引き継ぎたいですか。iPhone同士に画像を転送したいですか。そんな場合に、この記事を参考にしてください。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2020年12月14日
  • iPhoneで撮った写真をiPhoneを持つ家族や友達同士と共有したい時、どうすればよいですか?
  • 最新のiPhoneに機種変更する場合、どのように古いiPhoneから新しいiPhoneに画像を移動しますか?

iPhoneの間で写真を転送するのは様々な方法がありますから、このガイドはiPhoneからiPhoneに写真を移す10つの方法をご紹介します。自分の状況によって適切な方法を選択してください。

Part 1:【パソコン必要】iPhoneからiPhoneに写真を移行する方法

パソコンを持っている場合、次の5つの方法でパソコンを通じてiPhoneの間で写真を転送することができます。

方法1、iTunes同期を利用せずにiPhone写真を引き継ぐ

iTunesの同期機能を利用して写真を転送できますが、複雑なので面倒です。したがって、iPhoneの写真を転送するために、AnyTransが必要なソフトです。しかも、AnyTransは最新のiPhone 12/12 Proも支持しています。

AnyTransの特性

  • 2台のiPhoneの間で、写真を直接に転送可能
  • iPhoneに既存の写真を上書きしない
  • 写真をプレビューすることができ、複数選択して移行可能

それでは、さっそくAnyTransを利用してiPhone間で写真を転送する操作方法をみてみましょう。

1.AnyTransをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.二台のiPhoneをUSBケーブルでパソコン(Windows PC&Mac)に接続して【旧iPhone】を選択します。

旧iPhoneを選択

旧iPhoneを選択

3.ホーム画面の右上で「写真」をクリックします。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

4.転送したい写真をプレビューして選択、右上の「デバイスへ」ボタンをクリックして新iPhoneに移動します。

「デバイスへ」ボタンをクリック

「デバイスへ」ボタンをクリック

すると、転送したい写真が旧iPhoneから新iPhoneに移しました。

  1. AnyTransの安全性が気にする方がいると思いますが、このソフトは安全で動作も安定しているソフトとして知られて、ウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアは一切含まれていません。安心してご利用ください。
  2. もしiPhoneがAnyTransで認識されないなら、AnyTransでiPhoneが認識されない時の対処法をご参考ください。
  3. 機種変更する場合に、写真以外の音楽、メッセージ、連絡先などのデータを転送したいなら、次の記事をご参考に: iPhoneからiPhoneへデータを転送する方法 >

実は、AnyTransのほかに、スマホのデータ移行向け専用のソフト – PhoneTransで写真をiOSデバイスの間でも移行できます。そして、機種変専用のソフトとして、同じシステムのデバイスだけでなく、異なるOSの間でデータを転送することもできます。ダウンロードして体験

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

「写真」だけを選択

「写真」だけを選択

方法2、iTunes同期で写真を新iPhoneに移行

iTunesでiPhoneからiPhoneへ写真を転送したいなら、「iPhoneから写真をパソコンに転送」⇒「iTunesで写真をパソコンからiPhoneに転送」の二つのステップがあります。

iTunes同期の特性

  • パソコンを介して転送する必要があり、直接に移動できない
  • iPhoneに既存の写真データが上書きされる
  • パソコンで写真のコピー元が削除されたら、以前に同期したデータもデバイスから削除される

iTunesの同期機能を利用してiPhone写真を移動したいなら、次の手順に従って操作してください。

まず、iPhoneの写真をパソコンに移動する必要はあります。

1.iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

2.接続したら「コンピューター」に入って、「ポータブルデバイス」のところに「旧iPhone」を右クリックして「画像とビデオのインポート」をクリックします。

右クリックして「画像とビデオのインポート」をクリック

右クリックして「画像とビデオのインポート」をクリック

3.インポートが終わったらフォルダをマークして開きます。

フォルダをマークして開く

フォルダをマークして開く

iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続してから、「自動再生」のポップアップが自動的に出たら、「画像とビデオの読み込み」をクリックして写真を読み込んでください。

「画像とビデオの読み込み」をクリック

「画像とビデオの読み込み」をクリック

次はiTunesで写真をiPhoneに同期します。

4.iTunesを起動してiPhoneの管理画面に入ります。「写真」を選択して「写真を同期」をクリックします。

5.写真のコピー元を選択してください。

6.右下の「適用」をクリックして写真がフォルダからiPhoneに同期されます。

iTunesで写真をiPhoneに同期

iTunesで写真をiPhoneに同期

  1. Macの場合は、iPhotoでiPhoneからMacへ写真を転送することができます:USBケーブルを使ってiPhoneをMacに接続 > iPhotoを起動して転送したい写真を選択 > 転送をクリックしてiPhoneからMacに写真を転送します。iPhoto以外に、Preview、Image Captureまたはpertureも写真を転送することができます。
  2. 写真のコピー元を選択する場合に、パソコンに取り込んだ写真の中から必要なデータをコピー元の「マイ ピクチャ」フォルダにコピーして、このフォルダを選択することができ、直接「フォルダを選択」をクリックして取り込んだフォルダを選択することもできます。

    写真のコピー元を選択

    写真のコピー元を選択

  3. iCloud写真をオンにする場合に、iTunesの写真同期機能を利用できませんから、予めiCloud写真を無効にしてください:「設定」>「名前」>「iCloud」>「写真」の順でタップしてオフにします。

方法3、iTunesバックアップでデータを一括に復元

iTunesの同期機能を利用する以外、バックアップと復元機能を利用して写真を1つのiPhoneからもう1つに転送することも可能です。

iTunesバックアップ・復元の特性

  • 写真だけを復元することは不可能
  • もう1つのiPhoneにデータがあれば、すべてが上書きされる
  • バックアップや復元中、エラーが発生した可能性もある

iTunesのバックアップ・復元機能を利用して写真を新iPhoneに復元して移行したいなら、次の手順を参考にしてください。

1.旧iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続してiTunesを起動します。

2.管理画面に入って「バックアップ」項目で「今すぐバックアップ」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

3.新iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続してiTunesを起動します。

4.管理画面に入って「バックアップ」項目で「バックアップを復元」をクリックして旧iPhoneのバックアップを選択します。

「バックアップを復元」をクリック

「バックアップを復元」をクリック

5.復元の完了までお待ちください。

  1. 復元する場合に、「新しいiPhoneへようこそ」画面が出たら、「このバックアップから復元」項目で旧iPhoneのバックアップを選択して「続ける」をクリックしてください。
  2. もし写真だけをバックアップから抽出して復元したいなら、次の方法4を参考にしてください。

方法4、バックアップから写真だけを抽出して移行

もしバックアップから写真だけを復元して移行したいなら、サードパーティ製ソフトを利用する必要があり、ここで、AnyTransというiOSデバイス向け専用のデータ管理ソフトをおすすめします。

AnyTransの特性

  • バックアップの保存先を自由に選択して設定することができる
  • ソフトでのバックアップやiTunesバックアップからのデータ抽出復元を支持
  • カメラロールの写真のみをバックアップから復元することができる

AnyTransの復元機能を利用して旧iPhoneから新iPhoneに画像だけを転送したいなら、まず、AnyTransやiTunesを使って旧iPhoneをバックアップする必要があります。

1.AnyTransをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.旧iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続して「バックアップ管理」>「今すぐバックアップ」の順でクリックします。暗号化やバックアップパスなどを設定してから「今すぐバックアップ」をクリックして始まります。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

バックアップが完了したら、新iPhoneに写真を復元してください。

3.新iPhoneをパソコンと接続して「バックアップ管理」をクリックします。「バックアップ履歴」項目で「表示」をクリックします。

「表示」をクリック

「表示」をクリック

4.AnyTransやiTunesでのバックアップ履歴が展示されて、先にバックアップされたバックアップを選択して「開く」をクリックします。

「開く」をクリック

「開く」をクリック

5.バックアップ内の写真を確認して復元したい画像データを選択してから、右上の「デバイスへ」ボタンをクリックして転送します。

「デバイスへ」ボタンをクリック

「デバイスへ」ボタンをクリック

6.転送が完了したら、新iPhoneで「写真」>「アルバム」>「AnyTransからの写真」の順でタップして確認することができます。

iPhoneで写真を確認

iPhoneで写真を確認

  1. AnyTransで復元した写真を確認したいなら、ホーム画面で「写真」>「マイフォト」の順をタップしてから、右上での「すべての写真」をクリックして「インポートされた写真」を選択してクリックしてください。すると、転送された旧iPhoneの写真を確認することができます。

    AnyTransで写真を確認

    AnyTransで写真を確認

  2. AnyTransから新iPhoneに転送された写真を削除したいなら、デバイスで直接削除することができませんので、ソフトを利用して削除してください。

Part 2:【パソコン不要】アイフォンからアイフォンに写真を転送する方法

パソコンを持っていない、またはパソコンを使うのが不便だと思っているなら、次のパソコンを使わずにiPhoneからiPhoneへ写真を移動する方法を試してみましょう。

方法1、AirDropで写真を選択して転送

AirDropはアップルによってMac OS X Lion以降のmacOSとiOS 7以降のiOSに導入されたWi-Fi アドホック サービスで、利用すると、iPhoneの間でデータを転送することができます。

AirDropの特性

  • 写真を選択してiPhoneの間で移行することができる
  • 大量の画像を転送したい場合に選択することは面倒くさい

iPhoneのAirDropを使って、直接にiPhoneから近くにあるiPhoneへ写真を転送することができます。

まず、二台のiPhoneでAirDropを有効にしてください。

1.iPhoneの画面下部から上にスワイプしてコントロールセンターを表示します。左上の部分を長押ししてください。

2.「AirDrop」をタップして、「すべての人」(相手が連絡先に登録していない場合)または「連絡先のみ」(相手が連絡先に登録している場合)をタップします。

AirDropを有効にする

AirDropを有効にする

それから、転送したい写真を選択して1つのiPhoneからもう1つに共有します。

3.iPhoneの写真アプリに入って、転送したい写真を選択します。

4.左下のアクションアイコンをタップして、ターゲットiPhoneを選択します。

5.相手のiPhoneの画面にiPhoneから転送された画像・ビデオの受信通知が表示されるので、「受け入れる」を選択します。

AirDropで写真を転送

AirDropで写真を転送

すると、写真が相手のiPhoneのカメラロールに転送されます。もしいっぱいの写真から転送したい写真を楽に探したいなら、次の方法2を利用してみてください。

方法2、アプリを利用して画像を選択して移行

AirDrop以外、他のアプリを利用して画像を直接iPhoneからiPhoneに転送することもできます。そのため、ここで、「AnyTrans」アプリの利用をおすすめします。同じWi-Fiに接続したら、転送したい写真を楽に選択してiPhoneのカメラロールに移動できます。

AnyTransアプリの特性

  • 同じWi-Fiに接続したら、2台やそれ以上のiPhoneの間でデータを転送できる
  • 写真だけでなく、音楽、動画などのデータも移行できる
  • 写真が相手のiPhoneのカメラロールに転送される

AnyTransアプリを使って画像を選択して移行したいなら、次の手順に従って操作してください。

1.二台のiPhoneにAnyTransアプリをダウンロードしてインストールします。

2.同じネットワークに接続してAnyTransアプリを起動します。左上のボタンをタップして「スマホ間のデータ転送」を選択します。

「スマホ間のデータ転送」を選択

「スマホ間のデータ転送」を選択

3.相手のiPhoneの名前をタップして「ファイル送信」を選択します。

「ファイル送信」を選択

「ファイル送信」を選択

4.データ種類で「写真」を選択して転送したい画像を選んで「送信」をタップします。転送完了したら、対話欄で確認することができます。

転送したい画像を選択

転送したい画像を選択

5.相手のiPhoneで受信通知が表示されたら、「受け入れる」を選択します。すると、対話欄や写真アプリで受け入れた画像を確認することができます。

「受け入れる」を選択

「受け入れる」を選択

AnyTransアプリ以外、SNSアプリを利用してiPhoneからiPhoneへ写真を転送することもできます。

FacebookやLINE、TwitterなどのSNSに写真を共有できるだけでなく、共有した写真をSNSアプリからiPhoneに保存することもできます。従って、写真を自分のFacebookやLINE、Twitterのタイムラインにアップロードしたら、他人のiPhoneから写真を見る・保存することができます。

さらに、FacebookやLINEなどの一部分のSNSアプリはメッセージを送る機能があり、直接に相手に写真を転送することもできるので、非常に便利です。

方法3、iCloud写真を利用して同期

iCloudはAppleが運営しているクラウドサービスです。よくバックアップ/復元で使われるものですが、実は写真の転送&同期することにもお役に立ちます。

iCloud写真の特性

  • 二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインする必要がある
  • すべての写真がWi-Fi環境に自動的にほかのiPhoneに同期され、選択することはできない
  • 写真を1つのiPhoneから削除されたら、もう1つのiPhoneからも自動的に削除されます。

1.二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインします。

2.iPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「写真」の順でタップして「iCloud写真」をオンにします。

「iCloud写真」をオンにする

「iCloud写真」をオンにする

そのように設定したら、iPhoneで撮った写真がWi-Fi環境に自動的にほかのiPhoneに同期されます。

  1. 「iCloud写真」をオンにしたら、iTunesからiPhoneに同期された写真が削除されます。
  2. この方法はiCloudのストレージ容量を消費していますから、足りない可能性があります。iCloud にサインアップすると、自動的に 5 GB の無料ストレージが使えるようになります。

方法4、iCloud写真共有で写真を転送

もし二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインすることができないなら、iCloud写真共有でiPhoneからiPhoneへ写真を転送することもできます。

1. iPhoneで「設定」>「名前」>「iCloud」>「写真」の順でタップして「共有アルバム」をオンにします。

2.写真アプリに入って「アルバム」をタップして左上の「+」ボタンをタップします。「新規共有アルバム」を選択してタップします。

「新規共有アルバム」を選択

「新規共有アルバム」を選択

3.指示に従って共有アルバムを作成して相手のiPhoneと写真を共有します。

共有アルバムを作成

共有アルバムを作成

すると、相手はiPhoneから写真を見る・ダウンロード・コメントするなどことができます。

iCloud の写真共有にアップロードされた写真やビデオの容量は、iCloud ストレージを消費しません。共有アルバムには、写真とビデオを合計 5000 件保存できます。

iCloud以外に、ほかのクラウドサービスが多くあります。DropboxやGoogleドライブ、OneDriveなどを利用して、二台のiPhoneの間で写真を転送することができます。

方法5、iCloudバックアップからデータを復元

iCloudはバックアップと復元も支持していますから、旧iPhoneでiCloudを利用してバックアップから、新iPhoneに復元することで写真などのデータも転送できます。

iCloudバックアップの特性

  • 写真だけでなく、すべてのデータが復元される
  • もう1つのiPhoneに既存のデータが上書きされる
  • バックアップや復元中、エラーが発生した可能性もある

まず、1つのiPhoneでiCloudを利用してバックアップします。

1.「設定」>「名前」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」の順でタップします。「iCloudバックアップ」をオンにして「今すぐバックアップを作成」をタップします。

「今すぐバックアップを作成」をタップ

「今すぐバックアップを作成」をタップ

それから、もう1つのiPhoneでiCloudバックアップから復元します。

2.「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」>iPhoneを消去します。

3.iPhoneが再起動します。「iPhoneを設定」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択して前に作ったバックアップを選択します。

「iCloudバックアップから復元」を選択

「iCloudバックアップから復元」を選択

方法6、Lightning用のUSBメモリを利用

Lightning搭載USBメモリーは直接にiPhoneに接続することができ、自由にiPhoneとUSBメモリーの間でデータを転送することができます。従って、Lightning搭載USBメモリーは違うiOSデバイスの間でデータを転送することに役に立ちます。iPhoneの間で写真を引き継ぎたい場合、Lightning搭載USBメモリーを使うと便利です。

市販のLightning搭載USBメモリーは数千円から数万円までの機械もあるので、お金に余裕がある方は自分の必要によって利用してみましょう。

USBメモリ型外付けHDDのおすすめ: iPhone USBメモリー 32GB 最新版 フラッシュドライブ 3in1 

このUSBメモリは3in1のブラッシュドライブで、3種類対応できます。PCとiOSとAndroidデバイス間のデータを自由に転送できます。

専用アプリを利用したら、iPhoneに保存されている画像、動画、office文書などを各機種内へ自由に移動や保存が簡単にできます。

ファイル暗号化技術もあるので、プライバシーデータを保護するために自分だけのパスワードを設定してファイルをロックできます。

. . .
  • iPhone USBメモリー 32GB 最新版 フラッシュドライブ 3in1  OTG Type- Cアダプタ付き(レッド)

    2,680円 (税込)

最後に

以上はiPhoneからiPhone 11 Pro Max/11 Pro/11/XS/XS Max/XRへ写真を転送する方法まとめです。自分の必要によって最適な転送方法を選択しましょう。何か質問等ございましたら、気楽にお問い合わせください

もしiPhoneの写真をパソコンに取り込みたいが写真がパソコンで表示されないなら、iPhoneの写真がPCで表示されない時の5つの対策を参考しましょう。iPhone 11 Pro Max/11 Pro/11/XS/XS Maxに変更したいなら、写真以外に、ほかの連絡先、メッセージ、通話履歴などのデータも移行する必要があるでしょう。その場合、iPhoneへデータ移行方法の詳細ガイドをご参考ください。

また、もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン