iPhoneをiOS 13にアップデートしたらiTunesが認識しない時の対策

お使いのiPhone11 /XS/iPhone XR/iPhone X/iPhone 8/iPhone 7/iPhone 6SをiOS 13にアップデートしたあと、iPhoneが「MacのiTunesに認識しない」という不具合が発生しました。なので、次の文章はiTunesがiOS 13を認識しない原因と対処法を詳しく説明します。

ばくてい 最終更新日: 2020年03月20日

いよいよiOS 13が配信されました。しかし、各SNSで「MacのiTunesでiOS 13を認識しない」ということをよく聞きます。アップデート前/後、iTunesでiPhoneのデータをバックアップ&復元するのは、便利ですね。iTunesでiOS 13認識しないと、大変になっています。なので、ここでは、iTunesがiPhoneを認識しない原因と対処方法を詳しく説明します。「MacのiTunesでiOS 13を認識しない」で困っている方はぜひ見逃さないでください。

iPhoneをiOS 13にアップデートしたらiTunesが認識しない不具合の解決方法

対処法1:iTunesを再インストール/アップデート

AppleのサイトからiTunesをアップデートしてください。iTunesのバージョンが最新版でも、再インストールしましょう。

対処法2:iOS 13の不具合

iOS 12・iOS 13をアップデートすることでiPhone/iPad/iPod touchの調子が悪くなることが多くあります。その時、ソフトウェア・アップデートによる修正を待つのが良さそうです。

iOS 12アップデートによる不具合と対処法まとめ>

iOS 13・iOS 13.1アップデートによる不具合と対処法まとめ>

対処法3:iTunesまたはiPhoneを再起動

iTunesを終了させて、しばらく経ってから再起動してみてください。

iPhone X 以降を再起動する:

  • スライダが表示されるまで、サイドボタンと音量調節ボタンを長押しします。
  • スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。
  • Appleロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。

iPhone 8 以前を再起動する:

  • サイドボタンを、スライダが表示されるまで押し続けます。
  • スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります。
  • アップルロゴが表示されるまで、サイドボタンを押し続けます。

対処法4:USBケーブルを変える

他のUSBケーブルやUSBポートに変更してもう一度お試してみてください。また、必ずApple製の純正USBケーブルを使ってください。

対処法5:パスコードロックを解除

パスコードロックを解除した状態のiOS 13デバイスをパソコンに接続してみてください。

対処法6:Apple Mobile Device USB Driver側の不具合

Apple Mobile Device USB Driverは不具合が発生すると、iTunesに認識されないことがよくあります。iTunesでiOS 13を認識しない場合、Apple Mobile Device USB Driverを正しくインストールする必要はあります。

Step 1.お使いのiPhoneをコンピュータに接続 > iTunesを終了します。

Step 2.コンピュータの左下にある「スタート」ボタンをクリック > 「コントロールパネル」を選択します。

Step 3.「ハードウェアとサウンド」 > 「デバイスマネージャ」をクリックします。

Step 4.「ポータブル デバイス」セクションを探して展開表示 > 接続したデバイスを探し、そのデバイス名を右クリックして、「ドライバの更新」を選択します。

Apple Mobile Device USB Driver側の不具合

Apple Mobile Device USB Driver側の不具合

Step 5.「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します

Step 6.iTunes を開きます。

対処法7:Appleサポートチームにお問い合わせ

問題が解決しない場合は、Appleサポートにお問い合わせください。

対処法8:iTunesの代替ソフトを使う

以上の対処法を試しても、問題が解決しない場合、iTunesの代わりにほかのiPhoneデータ管理ソフトを使うことをおすすめします。

iPhone・iPad・iPod touch向けのデータ管理・バックアップ・転送ソフト – AnyTrans for iOSを使うことで管理可能です。AnyTrans for iOSはiTunesの代替ソフトとして、iOSデバイスにあるほとんどのファイルを管理することができます。また、AnyTrans for iOSの特徴は以下の通りです:

  • iPhoneと他のiOSデバイス・パソコン・iTunes間でのファイル双方向転送
  • 高速なファイル転送スピード(55秒/100曲)
  • 連絡先、メッセージ、音楽、写真、ビデオ、オーディオブック、書籍など、iPhoneにあるほとんどのファイルの管理ができる
  • お気に入りの曲をiPhoneの着信音や通知音に設定できる
  • アプリをアップデート・ダウングレード・バックアップ・管理できる

また、AnyTrans for iOSは、無料試用版と有料版が用意されています。まずは無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいかもしれないね。

AnyTrans for iOSのメインインタフェース

AnyTrans for iOSのメインインタフェース

最後に

以上はiPhoneをiOS 13にアップデートしたらiTunesが認識しない時の対策です。いかがでしょうか?今すぐこれらの方法を試して、iTunesに接続してみましょう。

この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。