最新のiOS 13にアップデートすべきか

最終更新日:2019年07月12日

今秋登場される予定のiOS 13のベータ版がリリースされました。パフォーマンスの向上、標準アプリの一新、または、ダークモード、Apple IDでサインイン、3Dマップなどの新機能がいろいろあって、前野iOS 12より、もっと進化しました。

しかし、新機能を体験するために、ベータ版のiOS 13にアップデートしたいが、アップデートしてから、不具合が出たこともよく発生しますから、アップデートすべきかどうか悩んでいる方が多いでしょう。したがって、今回の記事では、iPhone/iPod touchをiOS 13にアップデートするメリットとデメリットについて徹底解説します。iOS 13にアップデートすべきか迷っている方はぜひご参考ください。

Part 1: iOS 13にアップデートメリット

iOS 13では、様々な新機能や改善点が追加されましたので、アップデートしたら、以下のメリットを体験できます:

1.新機能

iOS 13には以下のような注目されている新機能が追加されました:

登場する前に噂があるダークモードは今回のiOS 13に実装されました。有効にすれば、アプリの表示画面が明るいライト系からダーク系に変更して、目に優しくなります。そして、メッセージ、写真、ミュージックなどの標準アプリ以外、壁紙も対応する新しい写真に変更します。コントロールセンターで設定、または、夜になると自動にオンにすることもでき、簡単に設定できます。

iOS 13新機能 - ダークモード

iOS 13新機能 – ダークモード

iOS 13では、標準アプリ「カメラ」のポートレートライティングで照明の位置と強度を自由に調整して写真を撮影でき、または、「High Key Mono」の新機能を通して撮った写真にモノクロのエフェクトを加えられます。そして、「写真」アプリは、デバイス上の機械学習を使って、写真整理をもっと簡単になります。さらに、写真を編集する場合に、新しい編集ツールにより、光度や露光、輝度、ハイライト、シャドー、コントラストを必要によって調整できます。

iOS 13になったら、「マップ」アプリは一新になって、累計およそ640万キロ走行してベースマップを再構築しました。また、新しいLook Around機能を利用すると、周囲を360度見回し、都市の通りをスムーズかつシームレスに移動でき、臨場感があふれています。その以外、お気に入りところを友達と共有できる機能「コレクション」、ワンタップでよく行くところへ案内できる機能「お気に入り」なども追加されました。

ほかには、新しいミー文字とメッセージ、一新したメッセージやCarPlay、強化されたメモ、ファイル、ヘルスケアなどの新機能と変更点もあります。

2.パフォーマンスの改善点

iOS 13ではパフォーマンスを改善することもいろいろあります:

iOS 12より、iOS 13の反応速度はさらに高速になります。App Storeからアプリを初めてダウンロードする速度は最大50%速くなり、アップデートは最大60%速くなります。しかも、アプリの起動は最大2倍速くなります。その以外、Face IDのロック解除が最大30%速くなります。古いiPhone 6s/SEから最新のiPhone XS/XRまで反応速度の向上ができます。

iOS 13には、プライバシーとセキュリティが更に強化されました。「Sign in with Apple」という新機能で、ユーザーはApple IDだけを使ってアプリやサイトにサインインでき、メールアドレスとパスワードを入力する必要がないです。さらに、Appleはユニークなメールアドレスを作成して提供でき、情報の漏れを避けます。

文字入力について、「Quich Path」を利用して文字を連続的にスワイプして入力でき、キーボードでの片手入力を簡単にできます。また、テキスト編集機能が強化され、コピー、カット、ペースト、取り消す、やり直すなどの操作が簡単なジェスチャーで一瞬で完了できます。

iOS 13にアップデートしたら、上記のような新機能と改善点を体験できます。そして、iPhone/iPod touch向けiOS 13のアップデート内容をもっと詳しく了解したいなら、こちらのガイドをご参考ください:

関連記事: iOS 13の最新情報: 新機能・変更点まとめ>

Part 2: iOS 13にアップデートデメリット

しかし、iOS 13にアップデートするには、以下のデメリットもあります:

1.バグが出る可能性がある

現時点でアップデートしたら、まだiOS 13のベータ版ですから、いろいろな原因でバグ・不具合が発生する可能性があります。さらに、一部の機能を利用できなくなる可能性もあります。

2.一部のアプリを対応しない

iOS 13にアップデートしたら、サードパーティ製のアプリがまだ対応しないので、使えない可能性があります。したがって、もしお気に入りアプリがiOS 13に未対応の場合、iOS 13にアップデータしないほうがいいです。

3.脱獄できない可能性がある

iOS 13にアップデートしてから、安全性も強化されますから、脱獄できなくなる可能性もあります。脱獄したiOSデバイスで便利な機能を利用できますので、続けて利用したいなら、iOS 13にアップデートしないのをおすすめします。

4.ダウングレードできない

iOS 13にアップデートしてから、不具合、使い慣れない、クラッシュなどの原因で前のバージョンにダウングレードしたい方も多いでしょう。しかし、アップデート後、一定の時間をたったら以前のiOSバージョンに戻すことができなくなります。

Part 3: 結論

iOS 13へのアップデートをオススメする場合:

iOS 13へのアップデートをオススメしない場合:

また、もしiOS 13に興味があるかまだ迷っていますなら、後で改善されるバージョンが出ますので、少し時間をたったらアップデートするのもおすすめします。

以上はiOS 13にアップデートするメリットとデメリットで、自分の状況によって、iOS 13にアップデートすべきかを決めましょう。そして、もしiOS 13にアップデートしたいなら、iPhone/iPad/iPod touchをベータ版のiOS 13にアップデートする方法をご参考ください。もしiOS 13について質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。また、この記事がお役に立ったら、TwitterやFacebookにシェアをお願いします。