iOS 13からiOS 12に戻す方法

最終更新日:2019年09月30日

毎年新しいiOSバーションを発表する際、アップルファンにとって新たなiOSの新機能を体験したいでしょう。なので一部分の人はiOS 13が発表した後、すぐにiPhone/iPad/iPodに正式版のiOS 13をダウンロード・インストールしました。

しかし、毎年最新のOSは様々な不具合があります。例えば、iPhoneバッテリーの減りが異常に早い、部分のアプリも正常に使えなくなります。やはり後悔してiOS 13からiOS 12にバーションダウンしたい方も少なくないでしょう。

もしiOS 13からiOS 12に戻したいなら、どうすればいいですか?次のガイドは、iOS 13からiOS 12に戻す方法を詳しくご説明します。

一、iOSバージョンダウンの必要な準備

iOS 13からiOS 12にバージョンダウンする作業を行う前に、以下のものを準備しましょう:

1. 安定なインターネット環境

2. iPhone/iPad/iPod touch用のUSBケーブル

3. 最新版のiTunesがインストールされたパソコン

4. 少なくとも一時間の作業時間

5.iPhone/iPad/iPod touchのデータをバックアップを取っておく

以上の準備ができたら、次の手順に従ってiOS 13からiOS 12にダウングレードしましょう。

二、iOS 13からiOS 12に戻す方法

次はiPhoneをiOS 13からiOS 12にダウングレードする方法をご説明します。iPad/iPod touchを元に戻す場合は操作手順がほぼ同じなので、その時もご参考ください:

Step 1.iPhoneで「設定」アプリ > アカウント > 「iCloud」 > 「iPhoneを探す」に入って、「iPhoneを探す」項目をオフにします。

Step 2.iOS 12に戻すには、まずiOS 12のファームウェア(.ipaファイル)をパソコンにダウンロードします。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

Step 3.お使いのiPhoneによって、ファームウェア(.ipaファイル)を選択して、パソコンにダウンロードします。ファイルサイズが3.18GBでちょっと時間がかかり、少々お待ちください。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

Step 4.USBケーブルでiPhoneをPCに接続して、iTunesを起動します。

Step 5.iTunesの左上のデバイスアイコンをクリックして、デバイス管理の画面に入ります。

Step 6.iPhoneをリカバリモードにします:

「リカバリーモード」でiPhoneを強制初期化

「リカバリーモード」でiPhoneを強制初期化

Step 7.Windowsでは「Shift」キー、Macでは「option」キーを押しながら「更新プログラムの確認 」または「iPhoneを復元」をクリックします。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

Step 8.ファイルを開く画面が表示され、先ほどダウンロードしたiOS 12.4.1のIPSWファイルを選択し、「開く」をクリックします。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

Step 9.「復元」ボタンをクリックし、iOS13からiOS12.4.1にダウングレードする作業が始まる。それでバージョンダウンのプロセスが始まります。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

Step 10.iOS 13からiOS 12へのダウングレードが終わったら、iPhoneが自動的に再起動されて、iTunesにアクティベート画面が表示されます。Apple IDとパスワードでサインインしてください。

Step 11.「このバックアップから復元」から適切なバックアップを選択して、バックアップしたデータや設定などをiPhoneに復元します。ここではiOS 13のバックアップを選択してください。

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

iOS 13からiOS 12にダウングレードする方法

最後に

以上はiOS 13からiOS 12に戻す方法です。いかがでしたか?もしiOS 12にバージョンダウンしたいなら、ぜひオススメの方法を参考してください。

また、この文章が気に入っていただけたら、FacebookやTwitter、はてブにシェアしてくれると嬉しいです。