iCloudの接続エラーを一括で解決できる5つの方法

日頃に膨大なデータを取り扱っているiPhoneですが、大切なメッセージや画像などの積み重ねをしている中、iCloudを使ってバックアップを取っておくことが非常に重要だとされています。なので、iCloud.comにログインしようとすると、「Apple IDサーバーへの接続中にエラーが起きました」と、エラーが発生して、接続できなくなると、困ると感じる人が多いと思います。今回はiCloudに接続エラーを発生する理由と対策を説明しましょう。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月21日
iCloud接続エラー

iCloud接続エラー

iCloudの接続エラーを発生する理由

普通iCloudの接続エラーと言えば、iCloudの検証に失敗したり、ログインできなかったりなどが挙げられます。iCloudにサインインしたり、データを同期したりしようとする時によく起こります。そんな時に備えるために、先ずはiCloudの接続エラーが発生する主な理由について紹介しましょう。

① Appleサーバーの不調

iCloudの接続エラーが発生すれば、先ず考えられるのはAppleサーバーの不具合です。その時、iCloudサーバーが確実に機能しているかどうかを確認するしかありません。

② iCloud IDやパスワードの誤入力

もしiCloud IDやパスワードの入力が間違えると、iCloudアカウントはサーバーに認識されていないため、当然接続エラーにはつながります。

③ 最新のOSにアップデートしていない

iCloudの接続エラーに関しては、iOSデバイスのOSバージョンが起因としている可能性もあります。

④ 古いApple IDが残っている

既に新しいApple IDを設定済みなのに、まだ古いApple IDがサインアウトされていない場合、iCloud接続エラーの原因になります。

⑤ インタネット接続に問題がある

Appleのサービスサーバーに接続するには、インタネットが不可欠です。なので、安定したインタネット環境が求められています。

iCloudの接続エラーを解決する五つの対策

それでは上記のiCloud接続エラーが発生する理由について、それぞれ対策を紹介したいと思います。

①Appleサーバーの修復を待つ

偶には、突然iCloudに繋がらない状況も発生します。この場合、先ずは一旦サインインすることを止めて、しばらくすると再度サインインを試してください。もしサーバーの一時的な不具合であると、そのあと接続できる可能性が高いです。

それでもまだ作動できない場合、Apple社がホームページでて提供されている「システム状況」をチェックすることがお勧めです。iCloud関連のサービス部分が全て緑色になっているかを調べてください。もし黄色と赤色になっていると、サーバーば何かの問題が起こっているという意味で、Apple社がサーバーを修復するまで待つしかないです。

② iCloud IDやパスワードを正しく入力

iCloudにサインインする時、iCould IDとパスワードを入力する必要があります。もしiCouldに接続できないと、iCould IDが間違っているかを確かめましょう。iCould IDやパスワードを忘れてしまった場合、「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」という欄をクリックして、再度設定してからログイン画面に入力すればいいです。

③ 最新のOSをアップデートする

iOSデバイスが最新バージョンになっていないと、接続エラーの原因にもなります。そうすると、iOSデバイスのOSバージョンをアップデートすることにしましょう。

先ずは「設定」をタップして、「ソフトウェア・アップデート」を選択してください。そして、利用可能なアップデートを確認することができます。最後、今すぐインストールを選んでいいです。アップデートが完了すると、スマホを再起動してください。

また、アップデートを開始する前に、iOSデバイスで保存されているデータが紛失させないように、事前にファイルのバックアップをしておくことが大事です。

④ 古いApple IDをサインアウト

Apple IDを変更した場合、古いApple IDのままログインしてはいけません。なので、古いApple IDをサインアウトしたかをチェックしてください。

⑤ 安定したインタネット環境を確保

iCloudに接続するために、安定したインターネットの確保が大事です。もしインタネット接続に問題があるとしたら、Wi-Fi経由で接続するか、それともルータを再起動してみてください。

上記五つの方法を使ってもうまくいかない場合、iOSデバイスをiCloudからサインアウトして、再度サインイン方法を試してください。

先ずは「設定」を開き、「自分の名前」をタップします。そして、「サインアウト」を選んで、「デバイスを探す」へと進み、無効にします。デバイスの中に保持するデータを選択してサインアウトします。

最後に、再度Apple IDを入力してサインインすればいいです。

iPhoneパスコード解除ツールおすすめ

もし、iCloud ID、Apple IDのアカウント&パスワードを忘れたら、どうすればいいですか?忘れたアカウントとパスワードを見つけませんでしたら、AnyUnlockを使って、iPhoneに登録済みのiCloud ID、Apple IDを削除しましょう。

1. 公式サイトからAnyUnlock をコンピューターにインストールして起動します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.メインインターフェイスで「AppleIDのロック解除」オプションを選択します。

「Apple IDを削除」をクリック

「Apple IDを削除」をクリック

3.USBケーブルを使用してiPhoneをコンピューターに接続し、「今すぐ解除」ボタンをクリックし、iPhoneからAppleIDの削除を開始します。

「今すぐ解除」ボタンをクリック

「今すぐ解除」ボタンをクリック

4.アプリがAppleIDをデバイスから削除するまでお待ちしてください。それほど長くはかからないはずです。

削除中

削除中

5.これでAppleIDがiOSデバイスから削除されます。

AppleIDがiOSデバイスから削除されました

AppleIDがiOSデバイスから削除されました

これで終わりです。既存のアカウントが正常に削除されたため、iPhoneを他のAppleIDアカウントで使用できるようになります。

いかがでしょうか?今すぐAnyUnlock をダウンロードしてやってみましょう。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

まとめ

今回はiCloud接続している時、エラーの原因や対策をまとめて説明しました。iCloud接続エラーの起因が様々ありますが、今回は一番起きやすい五つの理由を取り上げました。今後、iCloudにログインできないということにならないように、その方法を早めに身につけるといいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン