iCloudバックアップが進まない時の3つの対処法

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

アップル製品の愛好者として、iOSデバイスの使用をもっと便利にする小ワザやAppleに関する情報をいろいろ書いています。

最終更新日:2018年04月13日

iPhoneやiPadをiCloudでバックアップしたいですが、前に進まない時はありますか?この場合はどうすればバックアップを成功に作成しますか?この文章は、iCloudバックアップが進まない時の解決策をご紹介します。

AnyTrans for iOS – iCloudデータをPCで管理

iCloudにバックアップ・同期したデータをパソコンでプレビューしたり、編集したり、取り出したりしたいですか?AnyTrans for iOSを使えば、iCloudのデータを簡単にPC(Windows・Mac)で管理できます。

iCloudでお使いのiPhoneやiPadをバックアップしたことはありますか?

iCloudでバックアップすれば、WiFiだけでデータをバックアップでき、パソコンに接続する必要はありません。パソコンを持っていない人にとっては非常に便利な機能ですが、時々バックアップできない状況はあります。特に「バックアップを作成中」と表示されたが残り時間が長すぎて前に進まない場合は多いです。

もしiCloudバックアップが進まないなら、どうすればその問題を解決できますか?次の文章は、iCloudバックアップが進まない時の対処法をご紹介します。

iCloudバックアップが進まない時の対処法

1.高速なWiFiネットワークに切り替える

iPhoneに接続されているWiFiネットワークが遅い場合、バックアップの速度も遅くて、更に前に進まない状況は多いです。従って、まずはiPhoneを高速なWiFiネットワークに切り替えて、バックアップをやり直しましょう。

2.データを選択的にバックアップする

もしiPhoneのデータが多すぎるなら、iCloudでバックアップする際に時間がかかって前に進まない場合はあります。その場合は、バックアップのデータを選択して、必要なデータだけをバックアップするのがおすすめです:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「ユーザー名」 > 「iCloud」 > 「ストレージを管理」に入ります。

Step 2.「バックアップ」に入って、バックアップデータに入ります。

Step 3.「バックアップするデータを選択」の下から、バックアップしないデータをオフにします > 「オフにして削除」をタップします。

データを選択的にバックアップする

データを選択的にバックアップする

3.古いバックアップを削除してから新しいバックアップを作成する

もしiCloudに古いバックアップが保存されているなら、新しいバックアップが作成されない場合はあります。従って、バックアップする前に、不要な古いバックアップを削除しましょう:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「ユーザー名」 > 「iCloud」 > 「ストレージを管理」に入ります。

Step 2.「バックアップ」に入って、古いバックアップが表示されます。

Step 3.削除したいバックアップに入って、画面の下の「バックアップを削除」をタップします。すると、古いバックアップが削除されます。

Step 4.「iCloudバックアップ」に入って、新しいバックアップを作成します。

古いバックアップを削除してから新しいバックアップを作成する

古いバックアップを削除してから新しいバックアップを作成する

お見逃しなく:パソコンからiCloudにログインする方法>

まとめ

以上はiCloudのバックアップが遅すぎて前に進まない時の3つの対処法です。もしiCloudのバックアップ内容を確認したいなら、iCloudでバックアップされたデータを確認する方法を参考しましょう。記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると嬉しいです。

ホーム AnyTrans® for iOS iCloudバックアップが進まない時の3つの対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する