「iOS 12」iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

iPhoneのSafariでWebサイトをフルスクリーン表示したいですか?次のガイドを読んで、Safari全画面表示で広くしよう!

最終更新日:2018年08月27日

PhoneRescue for iOS – 消えたSafariのデータを完全に復元可能

iOSデバイス向けのデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOSをダウンロードして、iPhone/iPad/iPod touchから消えた写真、ビデオ、連絡先、メッセージなどのデータを復元することが簡単にできます。バックアップの有無をかかわらず、Safari履歴、Safariブックマークなどのデータもリカバリーできます。

iPhoneは片手での操作がしやすい、持ち運びがしやすいですが、SafariでのWeb閲覧時に不便を感じるときもあります。Youtubeの動画をみたり、ゲームを遊んだり、全画面表示すると、とても見やすいです。しかし、SafariでWebサイトをフルスクリーン表示したいですが、方法がわからなくて、困ります。なので、ここではiPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法をいくつかご紹介します。

「iOS 」iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法

1、画面の自動回転禁止を解除する

下から上にスワイプして、画面縦向きのロックをオフにします。それで画面の自動回転禁止を解除することができます。

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法 1

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法 1

2、斜めの矢印のマークをクリックする

iPhoneでSafariを起動して、横向きにするとフルスクリーンモードにならない時は、右下の斜めの矢印のマークをクリックします。それで、Safariがフルスクリーン表示に切り替わります。

3、ブックマークを非表示する

「ブックマーク」が左側に表示される場合は、ページの一番上をタップします > 上でブックマークのアイコンをタップします。

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法 2

4、他のタブを閉じる

右下のアイコンをクリックして、1個1個左上の「×」印をタップします。

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法 3

iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法 3

5、アドレスバーを非表示にする

一度縦向きにしたら、そのまままた横向きに戻します。

最後にz

以上はSafariで全画面表示する方法です。オンラインで動画をみたり、マップを探したりする時、全画面表示すると、とても見やすいです。また、Safariのお気に入りが消えたら、Safariのお気に入りが消えた時の対処法をご参考して、復元することができます。もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

ホーム PhoneRescue ® for iOS 「iOS 12」iPhone/iPadのSafariで全画面表示する方法
メールでのお問い合わせ
PhoneRescue ® for iOS

消えたiOSデータをかなりの高確率(業界No.1)で復元する

無料体験世界で750万人以上が愛用する