iPhoneのSafariとGoogle Chromeのブックマークを同期する2つの方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

今回は、iPhoneのSafariとWindowsやMacなどのGoogle Chromeのブックマークを同期する方法について紹介していきます。

最終更新日:2020年09月14日

iPhoneのSafariでブックマークしたものを、自宅のパソコンで見ることができたら便利です。パソコンのブラウザには、Google Chromeを利用している方が多いと思います。しかし、SafariとGoogle Chromeのブックマークを同期する方法を知らない方が多いのではないでしょうか。今回は、iCloud・AnyTransを利用して簡単にSafariとChromeを同期できる便利な方法について、詳しくまとめたので見ていきましょう。

方法 1:iCloudでiPhoneのSafariとGoogle Chromeのブックマークを同期する

Step 1:パソコンにiCloudをインストールする

まずは、こちらのURLからパソコンにiCloudをインストールしてください。ここでは、Windowsを用いて説明を行いますが、Macでもほとんど同様の方法で、同期することができます。インストールが完了したら、自分のiPhoneのApple IDでサインインしましょう。

Step 2:iCloudのブックマークをGoogle Chromeに設定する

パソコンにiCloudをインストールしたら、iCloudを起動しましょう。ブックマークの「オプション」を選択して、使用しているブラウザにチェックを入れます。今回は、Chromeにチェックを入れて、「OK」をクリックしましょう。

①ブックマークの「オプション」を選択

①ブックマークの「オプション」を選択

「Chrome」にチェックを入れて「OK」をクリック

「Chrome」にチェックを入れて「OK」をクリック

Step 3:iCloudの拡張機能をGoogle Chromeに追加する

ブックマークの設定が完了したら、適用を押して、変更を反映させましょう。そうすると、「Chrome用のiCloudブックマーク拡張機能が必要です。」というメッセージが表示されるので、「ダウンロード」を選択します。

①「ダウンロード」を選択

①「ダウンロード」を選択

ダウンロードが完了したら、「Chromeに追加」をクリックしましょう。確認画面が表示されるので、「拡張機能を追加」を選択すると、Google ChromeにiCloudの拡張機能の追加が完了します。これで、パソコン側の設定は完了です。

 ②「Chromeに追加」を選択

②「Chromeに追加」を選択

③「拡張機能を追加」を選択

③「拡張機能を追加」を選択

Step 4:iPhoneでSafariの同期設定をオンにする

まずは、ホーム画面から「設定」アイコンをタップして、設定アプリを起動します。設定アプリを開いたら、画面最上部の「自分のアカウント名」をタップしましょう。そうすると、「iCloud」の項目が表示されるので、選択して開きます。

①「設定」アイコンをタップ

①「設定」アイコンをタップ

②「自分のアカウント名」を選択

②自分のアカウント名を選択

 ③「iCloud」をタップ

③「iCloud」をタップ

iCloudの設定一覧画面が表示されるので、画面を下にスクロールしていきます。少しスクロールすると、「Safari」の項目が表れるので、タップしてオンにしましょう。白色で表示されている時がオフの状態を示しており、緑色で表示されている時がオンの状態を示しています。

④「Safari」をタップしてオンにする

④「Safari」をタップしてオンにする

Step 4:SafariとChromeの同期完了を確認する

以上で、iPhoneのSafariとパソコンのGoogle Chromeのブックマークの同期は完了なので、SafariとGoogle Chromeのブックマークを確認してみましょう。それぞれのブックマークを確認すると、「よく見るサイト」・「Apple」・「Bing」・「Google」・「Yahoo」の5つの項目が同期されていることが分かります。

①「Safari」のブックマーク一覧

①「Safari」のブックマーク一覧

もし、同期できていない場合は、iCloudブックマークが正しく作動していないことが考えられます。この場合は、Chromeの拡張機能から削除して、もう一度iCloudブックマークのインストールを行ってください。基本的に、正常に同期ができない時は、再インストールを行うことで解決できます。

②「Google Chrome」のブックマーク一覧

②「Google Chrome」のブックマーク一覧

方法 2:AnyTransでiPhoneのSafariとGoogle Chromeのブックマークを同期

AnyTransはiPhone・iPadなどのデバイスにむけのデータ管理ソフトです。このソフトを利用して、iPhoneのSafariとGoogle Chrome間にブックマークを自由に同期できます。そして、次のようなこともできます:

それでは、さっそく、このソフトをダウンロードしてお試しください。

Step 1:AnyTransを起動して、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに繋ぐ > 「その他」ボタンをクリックして、カテゴリの管理画面に入ります。

「その他」を選択

「その他」を選択

Step 2:「Safari」 > 「ブックマーク」に入ります。

ブックマックに入る

ブックマックに入る

順調にブックマークを同期するには、iCloudでSafariブックマークの同期をオフにしておいてください。

Step 3:Chromeにブックマークを追加する場合はHTMLファイルのみを対応します。Chromeに追加したいブックマークを選択して、右上の「PCへ」ボタンをクリックします。ここで、「.htmlの形式にエクスポート」を選択します。

ブックマックを書き出す

ブックマックを書き出す

Step 4:PCでChromeを開いて、右上の「Google Chromeの設定」ボタンをクリックしてください > 「ブックマーク」⇒「ブックマークと設定をインポート…」をクリックします。

PCのChromeでブックマークをインポートする

Step 5:「HTMLファイルをブックマークに登録」を選択して、「ファイルを選択」をクリックします > iPhoneから取り出したブックマークファイルを選択します。そうすると、iPhoneのSafariのブックマークがPCのChromeに追加されました。

iPhoneのSafariのブックマークがPCのChromeに追加する

まとめ

今回は、iPhoneのSafariとWindowsやMacなどのGoogle Chromeのブックマークを同期する方法について紹介してきました。iPhoneで検索したものを、自宅や会社のパソコンから簡単に確認することができるようになるので、非常に便利な機能です。そして、もしたった数分の作業で、ブックマークの同期設定を行うなら、是非ともAnyTransを試してみてください。iCloudには、その他にも様々な便利な機能があるので、調べてみましょう。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5