iTunesのバクアップをCドライブから他の保存先に移動する方法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

本記事はCドライブの容量を節約して、iTunesのバックアップを他の保存先に移動する方法を紹介します。

最終更新日:2018年09月29日

iTunesのバクアップをCドライブから他の保存先に移動する方法

iTunesのバクアップをCドライブから他の保存先に移動する方法

iTunesのバックアップデータはCドライブに指定されていると言われていますね。Cトライブはパソコンの内蔵ドライブですが、必要がない内容を保存しなく方がいいです。ですからiTunesのバックアップを他の場所に移行必要がありますね。

そして、パソコンを持っていない場合、バクアップをUSBのようなデバイスに移動する必要もあります。

ですから、本記事で紹介したiTunesのバックアップを移動する方法をぜひ見逃さないで下さい。

iTunesのバクアップをCドライブから他の保存先に移動する方法

以下の設定する手順に従って操作してください:

Step1:任意の場所に新規保存先フォルダを作成する

まずは、バックアップデータを保存したい場所にフォルダを作成してください。

私の場合はパソコンの「Dドライブ」に「backup-iTunes」というフォルダを作成しました。

任意の場所に新規保存先フォルダを作成する

任意の場所に新規保存先フォルダを作成する

Step2:iTunesバックアップの保存先から既存データをstep1で作成したフォルダ「backup-iTunes」に移動する

Cドライブ>Users>(ユーザ名)>AppData>Roaming>Apple Computer>MobileSyncでiTunesのバックアップを切り取り > 「backup-iTunes」に貼り付けします。

iTunesバックアップの保存先から作成したフォルダに移動する

iTunesバックアップの保存先から作成したフォルダに移動する

「Cドライブ > Users> (ユーザ名) > Apple > MobileSync」という特殊な場合の保存場所もあります。注意してください。

Step3:画面左下のスタートボタンをクリック > 「プログラムとファイルの検索」の検索窓部分に「cmd」と入力 > アイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択 > コマンドプロンプトを起動します。

「cmd」を起動します

「cmd」を起動します

Step4:以下の保存先を自分の状況によって赤い部分を変更して、コピー < 「system32>」の右側で貼り付けます。

mklink /d “C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\backup-iTunes\backup-iTunes”

そして「enter-」をクリック > 「~のシンボリックリンクが作成されました」と表示されれば無事に終了です。

「system32>」の右側で貼り付けます

「system32>」の右側で貼り付けます

特殊な保存場所はmklink /d “C:\Users\(ユーザ名)\Apple\MobileSync\Backup” “D:\backup-iTunes\backup-iTunes”

すると、iTunesのバックアップはCドライブからDドライブに移動しました。

1つクリックで、iPhoneのバックアップを作成するソフト-AnyTrans for iOS

AnyTrans for iOS – iPhoneのバックアップを作成/削除/管理するツール

iOSデバイス向けのデータを移行する専門ソフトです。このソフトを利用すれば、簡単にiPhoneのバックアップを作成/削除/管理できます。

AnyTrans for iOSはiPhoneのバックアップを作成できます。

更にiOSデバイスの間/iOSデバイスとiTunes/iOSデバイスとパソコン…多方向でデータを移行出来ます。

AnyTrans for iOSをダウンロードして、以下の操作手順を参考にしてiPhoneのバックアップを作成しましょう。

Step 1:AnyTrans for iOSをインストール起動 > 画面の上で「バックアップ管理」ボタンをクリック > 右上で「バックアップを作る」ボタンをクリックします。

iPhoneのバックアップを作成する

iPhoneのバックアップを作成する

Step 2:しばらくすると、iPhoneのバックアップが作りました。この「表示」をクリックすると、バックアップの内容をプレビュー/選択できます。

そして、右上の「ダウンロード」ボタンをクリックして、バックアップの内容を選択的にパソコンへ導出します。

バックアップ内容を選択的にパソコンへ導出

バックアップ内容を選択的にパソコンへ導出

最後に

以上はiTunesのバックアップをCドライブから他の場所に移動する方法です。いかがでしたか?

そしてここで推薦していたツール-AnyTrans for iOSは多様な機能がありますが、AnyTrans for iOSの無料体験版をダウンロードして試しましょうか?

そしてもしこの記事が役に立てば、FacebookやTwitterにシェアしてくれると幸いです。

ホーム AnyTrans ® for iOS iTunesのバクアップをCドライブから他の保存先に移動する方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!