【2022最新】iPhoneファイル転送ソフト一覧

iPhoneの切り替え・データバックアップ・ファイル転送効率アップのソフトの紹介。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年04月18日

新しいiPhoneを買った後、ファイルを転送したいですか?デバイス間のデータファイルを移行できるアプリを探していますか?AndroidデバイスからiPhoneにファイルを送りたいですが、どうすればよいですか?本日はiPhoneファイル転送・データ管理・バックアップ作成できるソフトを紹介します。

1、AnyTrans

AnyTransはファイルを簡単にiOSデバイス・Androidデバイス・iCloud・iTunes・PC・Macの間に転送できます。Wi-FiやUSBを通して大容量ファイル転送への対応が早いです。

言語:

日本語があり

使用例:

1.ファイルを転送したい時:簡単にファイルを転送できます。

2.他のデータを転送したい時:ファイル以外に、音楽、ビデオ、写真、メッセージ、アプリケーション、LINEなどのデータをバックアップや転送することもできます。

3.機種変更の場合に転送したい時:機種変更の時、iOSデバイスの間で転送、AndroidからiPhoneへ転送ができます。

4.多方向で転送したい時そして、iOSデバイスとパソコン・iCloud・iTunesの間での転送も簡単にできます。

5.転送以外に、データ確認・編集・削除・管理もしたい時:もちろん、データの確認・編集・削除・管理を楽にできます。

また、分かりやすいインターフェイスで、どの機能も直感的に操作可能です。知識などが不要で、初心者でもすぐに使いこなす。数クリックするだけでファイルを転送できます。AnyTransをダウンロードして試してみてください。

「その他」を選択

「その他」を選択

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2、Send Anywhere

簡単なファイル転送サービスを提供しています。会員登録しなくても利用可能です。機能としては、iPhoneで撮影した写真やビデオをパソコンに移行することができ、友達と写真を共有することができます。

また、デバイス間の送信や転送通知機能が搭載されています。iPhoneとMacBookとWindowsの画像ファイルや音楽ファイルを安全かつ快適に転送できることがアピールポイントです。

言語:

日本語があり

使用例:

1.ビデオや写真ファイルをPCに移りたい時

2.新しい携帯を買った後、前のデータを新しいデバイスに移りたい時

デメリット:

データを送るときにエラーになりやすいです。動画の音声がずれることが発生し、200G以上の写真を転送するときに途中で止まることが発生するとフィードバックするユーザーがいます。

3、CopyTrans Backup Extractor

iTunesを使わなくても音楽やビデオ及びファイル転送ができます。転送以外に、例えば整理、追加、編集の機能があります。iCloudから資料の引き出し、iPhoneのバックアップから資料を抽出することができます。ビデオファイルやメモ及び写真、連絡先のバックアップ、Androidから資料の転送ができます。

言語:日本語があり

使用例:

iPhone、iPad、iPod touch、PCなどの間でファイル・データを転送・バックアップ・同期ができます。

デメリット:

バックアップはできたが、復元することができませんとユーザーからのフィードバックがあります。

4、Sendy

Sendyソフトは無料と有料版があります。無料版が最大で10 GBが対応でき、資料がオリジナルで圧縮しなくても転送可能となります。写真、ビデオ、音声録音、ドキュメントなどのファイルに適応します。

言語:

日本語があり

使用例:

1.データを転送したいとき

2.携帯を交換するとき

3.データを圧縮しなくて転送したいとき

4.資料をiPhoneからPCに移りたい時

5.大量な資料やファイルを転送と保管したいとき

デメリット:

使用の不安定があります。例えば大量な資料を送る時に、たまにはエラーが出ます。

5、MobileTrans

MobileTransは、iPhoneとAndroidデバイスの間で転送可能なソフトです。

連絡先、写真、ビデオ、メモ及びWhatsAppのデータがiPhoneとAndroidの間で転送することができます。またはWhatsAppデータをAndroidとiPhoneの間に移せます。

言語:

日本語があり

使用例:

1.Androidデバイスの間でデータを移りたいとき

2.iPhoneの間でデータを移りたいとき

デメリット:

試用版では、転送できるデータの量が制限されています。

6、FoneTrans

iPhoneとAndroidデータを転送することができる転送ソフトです。 連絡先、メモ、写真、ビデオなどのデータをパソコンやiTunesにバックアップすることができます。

言語:

日本語があり

使用例:

デバイスの間でデータの転送することができます。新しいiPhoneに機種変更した場合、古い端末から全てのデータを転送可能です。

デメリット:

安全性や個人情報の管理にリスクがあります。

まとめ

上記としてはiPhoneファイル転送ソフトを6つ紹介です。それぞれメリットやデメリットがありますが、ソフトの実用性から言うとAnyTransの方が一番高機能です。1つのソフトをダウンロードすれば、普段のファイル転送に関する問題が全部解決できます。ぜひ使ってみてください

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン