iTunesを使わずにiPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを自由に転送する3つの方法

iPhoneとパソコンの間で音楽や写真、ビデオなどのデータを自由に移動したいですか?次のガイドは、iPhoneとPCの間でファイルを自由に転送できるツールを一つご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年12月16日

iPhoneで撮った写真をPCに保存したい、CDからインポートした音楽をiPhoneに入れたい、さらにiPhoneの連絡先をパソコンにCSVファイルとして保存したいなど場合、iTunesをよく使いますね。

iPhoneの公式なデータ管理ソフトとして、iTunesはデータの同期やバックアップに役に立ちますが、不便なところもいろいろありますね。例えば以上のことをしたい場合、iTunesは独自の同期ルールがあるので、iPhoneとPCの間でファイルを自由に転送することができません。

iPhoneとPCの間でファイルを自由に移動できるならいいなと思っていませんか?

ここでは、WindowsパソコンとiPhoneの間で、ファイルを自由に転送できる方法を3つまとめてご紹介します。自分の必要によって適当な方法を選択して楽にiPhoneとPCの間でファイルを転送しましょう!

方法1: パソコンで専用のデータ転送ソフトを利用

Windowsパソコンで専用のデータ転送ソフトを利用したら、数クリックで多様なデータをiPhoneとパソコンの間で移行できますから、おすすめします。

Part 1、iOSデバイスのデータ転送に必要なツール

誰でも簡単にiOS端末のデータ管理を行えるAnyTrans

iTunesで出来ることはほぼ全てでき、iTunesで出来ないこともAnyTransなら出来ちゃいます。AnyTransを使用していて、1クリックだけでPCとiPhoneの間でファイルを自由に転送でき、必ずiTunes以上の満足度は得られます。

ここで紹介したいのは、iPhone向けの便利な転送ソフト – AnyTransです。AnyTransは以下の特性を持っていて、簡単にiPhoneとPCの間でファイルを転送できます:

  • iTunesの同期ルールを突破し、自由にiPhoneからPC、またはPCからiPhoneへファイルを追加する
  • iPhone・PCに既存のデータを上書きせずに、ファイルを追加できる
  • 音楽、写真、ビデオ、連絡先、着信音、ZIPファイルなど、多くのよく利用されているファイルの種類を支持する
  • 直感的に分かりやすいUIなので、初心者も手軽に利用できる
  • 最新のiPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Maxも対応する

無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版で使い勝手を体験してみると良いかと思います。

iPhoneとPCの間でのファイル転送を行う前に、iPhone/パソコン/iPhone用USBケーブルを手元にご用意ください。

Part 2、iPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを自由に転送する方法

2-1: iPhoneからパソコンにファイルを送る

Step 1.AnyTransをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

Step 2.AnyTransを起動 > USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。

Step 3.右側で「ミュージック」をクリックしてカテゴリで管理する画面に入ります。iPhoneからPCへ転送したいファイルのカテゴリを選択します。ここではiPhoneからPCへ音楽を転送することを例にします。

「ミュージック」をクリック

「ミュージック」をクリック

Step 5.PCへ転送したい音楽を選択 > 右上の「PCへ転送」ボタンをクリックします。すると、iPhoneの音楽ファイルがPCに転送されます。

iOSデバイスの音楽をPCへ転送

iOSデバイスの音楽をPCへ転送

AnyTransは個別転送だけでなく、iPhoneからファイルをPCへ一括転送することもできます。詳しくは次の記事をご参考ください:

iPhoneの写真をパソコンに取り込む方法>
iPhoneからファイルをPCに一括転送する方法>

2-2.WindowsパソコンからiPhoneへファイルを転送する

Step 1.AnyTransをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2.AnyTransを起動 > USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。

Step 3.メインインターフェイスで中のプラスボタンをクリックしてデータを一括転送します。

データをデバイスに追加

データをデバイスに追加

Step 4.PCからiPhoneへ転送したいファイルを選択し、「開く」をクリックします。すると、PCに保存されているファイルがiPhoneに転送されます。

送りたい写真を選択

送りたい写真を選択

1、このソフトを買っても満足できない場合は購入日から60日以内であれば返金保証もあります。これでネット通販でも安心!

2、iPhoneとPCの間だけでなく、AnyTransはiPhoneの間でファイルを直接に転送できます:

iPhoneからiPhoneに連絡先を移行する方法>
iPhoneからiPhoneへ音楽を直接に移行する方法>

方法2:iOSアプリを使ってファイルを転送

上記の方法を使いたいなら、USBケーブルが必要なので、もし手元にUSBケーブルがないやパソコンに認識されない場合に、どうすればいいですか?実は、「AnyTrans」アプリを使ってiPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを移行することもできます。

ワイヤレス転送する前に、iPhoneがパソコンと同じWiFiに接続していることを確認してください。

Step 1. iPhoneのApp Storeから「AnyTrans」アプリをダウンロードします。

Step 2. コンピュータのブラウザを開いて、anytrans.ioにアクセスします。

Step 3. iPhoneで「AnyTrans」を起動して、スキャンアイコンをタップ > PCに表示されている「QRコード」を読み取ります。

WindowsパソコンからiPhoneにファイルを入れる: iPhone内のデータが表示されて、上部の「アップロード」ボタンをクリック > iPhoneに入れたいデータを選択して「開く」をクリックします。

iTunes代替ソフトでiPhoneに曲を入れる

iTunes代替ソフトでiPhoneに曲を入れる

iPhoneのファイルをパソコンに移す: iPhone内の写真と動画が表示される > 項目を選択 > 上の「ダウンロード」ボタンをクリックすれば、転送が始まります。

「ダウンロード」ボタンをクリック

「ダウンロード」ボタンをクリック

方法3:Lightning用のUSBメモリを利用

Lightning搭載USBメモリーは直接にiPhoneに接続することができ、自由にiPhoneとUSBメモリーの間でデータを転送することができます。市販のLightning搭載USBメモリーは数千円から数万円までの機械もあるので、お金に余裕がある方は自分の必要によって利用してみましょう。

USBメモリ型外付けHDDのおすすめ: iPhone USBメモリー 32GB 最新版 フラッシュドライブ 3in1 

このUSBメモリは3in1のブラッシュドライブで、3種類対応できます。PCとiOSとAndroidデバイス間のデータを自由に転送できます。

専用アプリを利用したら、iPhoneに保存されている画像、動画、office文書などを各機種内へ自由に移動や保存が簡単にできます。

ファイル暗号化技術もあるので、プライバシーデータを保護するために自分だけのパスワードを設定してファイルをロックできます。

. . .
  • iPhone USBメモリー 32GB 最新版 フラッシュドライブ 3in1  OTG Type- Cアダプタ付き(レッド)

    2,680円 (税込)

最後に

以上はiPhoneとWindowsパソコンの間でファイルを自由に転送する方法です。

iTunesより簡単なんでしょう。今すぐiTunesより使い勝手のよいAnyTransをダウンロードして体験しませんか?また、このガイドはiPad/iPodとPCの間でファイルを転送する場合にも適用します。Macパソコンを使っているなら、iPhoneとMacの間でファイルを同期する方法もご参考ください。

この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。