3つの方法でiPhoneからiPodへ曲などのデータを移す

iPhoneからiPodにデータを移したいが、方法がわからないので困っていますか?ここで、この問題を解決できる方法をまとめてご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年10月27日

Q: iPhoneのアプリなどのデータをiPod touchに移行することは可能でしょうか?また、できるなら詳しく説明お願いします!!

-Yahoo知恵袋から

iPhoneとiPodを両方お持ち方は必見!iPod・iPod touchをMP3プレヤー・USBメモリ・ゲーム機械として利用する場合、iPhone上の音楽、写真、連絡先、アプリなどのデータをiPodに移行する必要があります。でも、どのように2つのデバイス間でデータを移せますか。今回の記事では、iPhoneからiPod・iPod touchへのデータ移行方法を3つまとめて紹介しますから、参考にしてください。

方法1: iTunesを利用してすべてのデータをiPhoneからiPodに移行する

iPhoneを持っていますが、写真、音楽、動画などがいっぱいに保存されていますから、新しいiPodを買ってデータを転送して保存したいです。その場合に、どうすればデータを新しいiPodに同期できますか?iTunesを利用すればできますから、ここで、方法をご紹介します。

Step 1: お使いのiPhoneをパソコンと接続 > iTunesを起動します。

Step 2: スマホアイコンをクリック > 右側のバックアップ項目で「今すぐバックアップ」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

Step 3: お使いのiPodをパソコンと接続 > iTunesを起動します。

Step 4: スマホアイコンをクリック > 右側のバックアップ項目「バックアップ復元」をクリック > 先バックアップしたデータを選択 > 「復元」をクリックします。

「バックアップ復元」をクリック

「バックアップ復元」をクリック

そうすると、iPhone内に保存されているすべてのデータを一括にiPod・iPod touckに移せます。

  1. iTunesでiPhoneからiPodにデータを移すことができますが、以下のようなデメリットもあります:
    • もしiPodにすでに曲、写真などのデータが保存されていますなら、上書きされます。
    • すべてのデータを移行しかないで、個別のデータを転送したいならできません。
    • かなり時間がかかりますので、転送速度が遅いです。
  2. iPodに買い替える際、データを移行したいなら、クイックスタートを利用することもできます。しかし、iOS 11 以降の要求があり、ご注意ください。

方法2: エアドロップを利用してデータを選択的にiPhoneからiPodに移す

iTunesならデータを一括に転送しますが、AirDropを利用すれば、写真、音楽、動画などのデータを選択的にiPhoneからiPodに移行できます。ここで、写真の転送を例にします。

Step 1: 「写真」アプリを開き > 転送したい写真を選択 > 左下の共有ボタンをタップ > 「AirDrop」をタップします。

「AirDrop」をタップ

「AirDrop」をタップ

Step 2: 表示されたiPodを選択して写真を移します。

  1. エアドロップを利用してiPhoneからiPodにデータを移行する前に、2つのデバイスが近くにいて、Bluetooth や Wi-Fi の通信範囲内にいることを確認してください。
  2. AirDropはiOSデバイスの間でのデータ転送だけを支持します。もしパソコンなしでAndroidとiOSデバイスの間にデータを移行したいなら、AnyTransアプリをおすすめします。

方法3: AnyTransでデータを一括・複数選択してiPhoneからiPodに転送する

iPodにデータを上書きしないで転送したいですか?また、AirDriopよりもっと多くのデータ種類を転送したいですか?そんな時、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト – AnyTransをおススメします。

AnyTransはApple認証の開発者から開発して、100%安全で、iPhoneからiPodにデータを移すすることにおいて、以下のようなメリットがあります:

  • 効果を保証 - iPhoneからiPodにデータを簡単に移行できる
  • 移行できるデータが多い - 写真、音楽、メモ、アプリ、連絡先、カレンダーなど殆どのデータの移行を支持する
  • 移行スピードが速い - 1分間で800枚ぐらいの写真を転送できる
  • 安全性を保証 - 対象デバイス上のデータも上書きされなく、他のデータも影響しない
  • 簡単 - 簡潔なインターフェイスで、ただ数クリックでiPhoneからiPodにデータを移すことができ、初心者にも簡単に利用できる

それでは、さっそく、AnyTransをダウンロードしてiPhoneからiPodにデータを移行しましょう!

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

* AnyTransは、無料試用版と有料版が用意されています。興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思います。

* Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

iPhoneからiPodにデータを一括に移行するには

Step1:AnyTransをPCにインストール&起動 > iPhoneとiPodをUSBケーブルでパソコンに接続 > 「フォンスイッチャー」を選択&クリック > 「PhoneからiPhoneへ」項目で「今すぐ転送」をクリックします。

「iPhoneに引っ越し」に入る

「iPhoneに引っ越し」に入る

Step 2:次の画面で転送先を確認してください。

転送先を確認

転送先を確認

Step 3:iPodに移行したいデータを選択 > 「次へ」ボタンをクリックします。「重複データをスキップ」にチェックを入れたら、転送中、重複データが自動的にスキップして転送できます。

必要な項目を選択、「次へ」をクリック

必要な項目を選択、「次へ」をクリック

すると、iPhoneからiPodにデータを移しました。

もし、iPhoneからのデータを確認しながらiPodに移行したいなら、次の手順に従ってやってください。

iPhoneからiPodにデータを複数選択して移行するには

ここで、音楽を例にとして、iPhoneからiPodに曲を入れる方法をご説明いたします。

Step 1:AnyTransをパソコンにダウンロード&立ち上げ > iPhoneとiPodをUSBケーブルで接続 > デバイス管理画面で「iPhone」を選択&クリックします。

「iPhone」をクリック

「iPhone」をクリック

Step 2:右で「ミュージック」を選択します。

「ミュージック」を選択する

「ミュージック」を選択する

Step 3:音楽の管理画面でiPodに移行したい音楽を選択&チェックに入れる > 「デバイスへ」ボタンをクリックすると、iPhoneからiPodにデータを移行しました。

iPhoneからiPodに音楽を移行する

iPhoneからiPodに音楽を移行する

おすすめ記事:iPadとiPhoneの間でデータを転送する方法 >

最後に

以上はiPhoneからiPodにデータを移す3つの方法です。もしiPhone上のデータを上書きされずにiPodに移行したいなら、AnyTransをダウンロードしてお試し下さい。また、もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。