MacCleanをダウンロードして、Macの最高なクリーンアップ体験を開始!

すぐダウンロードすぐ購入

MacCleanの使用方法

MacCleanオンラインガイドへようこそ!ここではMacCleanという素敵なMac掃除ツールをどのように利用して、Mac上のジャンクファイルや、悪意クッキー、ウイルスなどをクリーンアップするかについて、すべての詳細なチュートリアルがあります。また、このガイドを読んだ後でまだ質問があれば、ご遠慮なく弊社のサポートチームにご連絡ください。7/24の顧客サポートが保証されています。

古い&大容量ファイル削除

古い&大容量ファイルのオプションでは、長期間使用されていない大きなファイルを見つけることができます。必要に応じてこれらのファイルをクリーンアップしましょう。MacCleanを十分に活用するために、次のガイドを参照してください。

ステップ1: 準備

以下のことを行ってください:
  • Dock、またはアプリケーション一覧からMacCleanを開く
  • 「クリーンアップツール」(1)を選択
  • スキャンしたいフォルダを選択

MacCleanを正常に起動したら、ホーム画面が表示されます。

MacCleanのホーム画面

「古い&大容量ファイル」(2)を選択してください。それから、以下のインターフェイスが表示されます:

古い&大容量ファイル機能を選択

定期的に古い/大容量ファイルをチェックするためには、MacCleanは、6つのよく使われるフォルダを既定のフォルダとして表示します。フォルダ前のチェックボックスにチェックを入れる/外す(複数可)ことで、スキャンするかどうかを決めることができます。

既定のフォルダ

MacCleanでは、お使いのMacからクリーンアップしたいフォルダを追加することができます。まずはカスタムフォルダ(4)に切り替えてください。次に、フォルダを追加するには、「ファイルを追加」ボタン(5)をクリックします。

カスタムフォルダ

ステップ2: スキャン

以下のことを行ってください:
  • フォルダを選択した後、「スキャン」ボタン(6)をクリック
  • スキャンの終了を待つ
  • クリーンアップする前に、ジャンクリストを確認

ファイルのスキャンにかかる時間は、ファイルのサイズによって異なります。しばらくお待ちください。

古い&大容量ファイルをスキャン

降順/昇順(7)で名前/日付/サイズでスキャンされたデータを確認することで、クリーンアップの前にデータを管理することができます。また、必要に応じて特定のタイプのファイル(8)を確認することもできます。より詳細な検査のために、必要に応じてファイルサイズと「日時を変更」オプションを変更することができます。

スキャンされたファイルを確認

1.必要に応じて、ファイルサイズの範囲を10MBから5GBまでデフォルトに設定することができます。

2.必要に応じて、日付の範囲を2年前から今日までデフォルトに設定することができます。

MacCleanは、デフォルトではすべてのスキャンされたファイルにチェックマークを付けます。ですが、必要な各ファイルの前にチェックを入れる/外す(10)こともできます。そして、下部で選択されたファイルの数とサイズ(11)を確認することができます。プロセスを中止するには、「やり直す」ボタン(12)をクリックしてください。

スキャンされたファイルを選択

ステップ3: クリーンアップ

以下のことを行ってください:
  • 「クリア」ボタン(13)をクリック
  • クリーンアップする前に、ジャンクリストを確認
  • 「削除」ボタン(14)をクリック

クリーンアップボタンをクリックした後、MacCleanは選択されたファイル一覧を表示します。そして、クリーニングの前に最後の確認を行うことができます。前のスキャン詳細ページに戻りたい場合は、「キャンセル」ボタン(15)をクリックしてください。

クリーニング前の最後確認

「削除」ボタンをクリックした後、クリーンアップ完了の画面が表示されます。前のページに戻るには、「やり直す」ボタンをクリックしてください。

クリーンアップ完了の画面

このガイドについての問い合わせ