iPhoneでLINEをバックアップできない原因と対策まとめ

iPhoneでLINEをバックアップできない原因と対策を6つまとめて紹介しますから、同じ問題にあった皆さんはぜひ参考にしてください。

ばくてい 最終更新日: 2021年04月22日

21世紀にはネットの普及につれて、われわれはデジタルライフに入りました。以前、同僚や友達と連絡したかった時は電話をかけた人が多かったですが、現在LINEアプリを利用する人がますます多くなると言えます。従って、LINEアプリのトーク履歴には重要なイメージや忘れられない思い出がたくさん有るでしょう。

しかし、iPhoneの機種変更を行う時、たまにはLINEをバックアップできない件が出てきます。それはなぜでしょうか、今日はこの事について原因を列挙してできればすべての解決策をまとめておましょう。

1.LINEのトーク履歴をバックアップする方法

まずは、新しいスマホで古いスマホと同じアカウントを設定します。次に、LINEのトーク履歴のバックアップをします。

では、一緒にトーク履歴のバックアップの手順をプラッシュアップしましょう。iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップするの手順は以下でございます。

  1. 「LINE」アプリの「友だち」タブが開いているかとのことをチェックします。
  2. 「歯車アイコン」をタップします。
  3. 「トーク」に入っててから「トークのバックアップ」をタップします。
  4. 「今すぐバックアップ」をタップすると、で、終わりです!

2.LINEをバックアップできない原因

もし通常の手順で、LINEのトーク履歴をバックアップ出来ないなら、以下の原因が考えられます。

❶ LINEアプリやスマホの不具合が起きている
❷ ネットが不安定
❸ iCloudの空き容量が足りない
❹ スマホOSのバージョンが古い

3.iPhoneでLINEをバックアップできない時の対処法

LINEをバックアップできない原因を上に分析しておりましたが、それぞれの具体的な対処法を本章で述べ致します。

3.1 アプリとスマホを再起動

時には、LINEアプリ、もしくはiPhoneに不具合が起きています。そういう時に、バックアップ機能を通常に動作できないので、スマホを再起動してください。再起動してから、LINEアプリを起動してトーク履歴のバックアップ機能は使えるか、もう一度試してみてください。

3.2 ネットを確認

LINEのトーク履歴をバックアップする時に、モバイル通信、もしくはWi-Fiをオンにしてください。そして、トーク履歴の内容が多い為、通信環境がもっと安定するWi-Fiのもとで使えば、バックアップの効率も高くなれます。またバックアップの最中は、通信が切り替わるなら処理が止まってしまいますので、スマホを持って移動したりしないようにしましょう。

3.3 OSバージョンをアップデート

スマホのOSバージョンをアップデートしていないなら不具合が出てきるケースも有ります。OSバージョンをアップデート手順を以下に記録致します。

OSバージョンをアップデート

OSバージョンをアップデート

1.「設定」を開き、「一般」をタップします。

2.「ソフトウェア・アップデート」を開きます。

3.アップデートがある場合は「ダウンロードしてインストール」をタップします。

iPhoneのiOSアップデートが遅い時の原因と対処法

3.4 iCloudが有効か確認

LINEのトーク履歴をバックアップするにはiPhoneのiCloud機能の設定をチェックしてください。iCloud Driveの右側のスイッチをオンにして下さい。LINEのスイッチも同じくオンにしましょう。操作の手順は以下に記録致します。

iCloudが有効か確認

iCloudが有効か確認

1.「設定」を開き、一番上にある「アカウント名」をタップします。

2.「iCloud」をタップします。

3.「iCloud Drive」と「LINE」のスイッチをオンにします。

3.5 iCloudでの不要データを削除

iPhoneでのLINEのトーク履歴をバックアップするには、iCloudに保存されます。その為、クラウドストレージの空き容量が不足しているとバックアップが通常どおり進めなくなります。従って、LINEのトークデータの量を確定した上でiCloudの空き容量をチェックしましょう。できるだけ不要な写真や動画を削除して下さい。iCloudの空き容量の確認及び削除手順は以下に書いてあり、ご参考下さい。

iCloudでの不要データを削除

iCloudでの不要データを削除

1.ホーム画面から「設定」を開き、「アカウント名」をタップします。

2.「iCloud」をタップしてから「容量」のところに使用量が表示されます。

3.「ストレージを管理」をタップして不要なデータを削除することができます。

不要なデータを削除してiCloudストレージを整理する方法

3.6 AnyTransを利用してLINEをパソコンにバックアップ

もし上記の方法を使ってもLINEのバックアップできない問題を解決できないなら、専用のデータ管理ソフト – AnyTransを利用してLINEのデータをパソコンにバックアップしてみてください。

AnyTransはiPhone/iPad/iPod向け専用のデータ管理ソフトで、利用すると、LINEのデータを楽にパソコンにバックアップして保存できます。そして、バックアップデータを閲覧して選択して復元することも支持していますから、より便利に使えます。

AnyTransを利用してLINEのバックアップ方法の手順を以下に記録致します。

1.AnyTransをパソコンにダウンロードしてインストールします。USBケーブルでiPhoneをパソコンと接続します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2. 「ソーシャルアプリのデータ移行」をクリックして、LINEに切り替えてください。

「ソーシャルアプリのデータ移行」を選択

「ソーシャルアプリのデータ移行」を選択

3. 「今すぐバックアップ」をクリックします。

「今すぐバックアップ」をクリック

「今すぐバックアップ」をクリック

4. 次の画面でもう一度「今すぐバックアップをクリックすると、iPhoneからLINEのデータをバックアップしはじめます。この画面で必要に応じて、「パスワード保護を有効にする」にチェックを入れて、暗号化してください。

iPhoneのLINEデータをバックアップ

iPhoneのLINEデータをバックアップ

実は、AnyTrans以外、アプリ向け専用の転送・バックアップ・復元ツール – AppTransを利用すると、直接LINEとトーク履歴(iOS版のLINEのみ)をパソコンにバックアップすることもできます。そして、いつでもそのバックアップの中身をプレビューでき、パソコンに抽出できます。

それでは、今すぐAppTransを無料ダウンロードして体験しましょう!

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

LINEとLINEのトーク履歴をバックアップ

LINEとLINEのトーク履歴をバックアップ

4.まとめ

デジタルライフの普及に連れて、我々の生活は確かに便利になっています。しかし同時に、快適に適応できない人もいるでしょう、解決できなくて焦ってたまらない時もあるでしょう。AnyTransというようなアプリをダウンロードして利用して問題を早速解決できるなら、それはいいのではないでしょうか。もし、今日の文章は皆さんの助けになるならうれしいと思います。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。