【解決策】iPhoneのDCIMフォルダがPCで表示されない場合の対処法

iPhoneのDCIMフォルダがPCで表示されない場合の対処法はここで紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年04月20日

DCIMは「Digital Camera Image」の略で、iPhoneのDCIMフォルダには、写真アプリに保存されている写真や動画がフォルダごとに格納されています。iTunes/iCloudなどを経由しなくでも、ケーブルでiPhoneをパソコンに接続だけで簡単に写真や動画をパソコンに保存することは可能です。しかしなぜかiPhoneのDCIMフォルダがPCで表示されないケースもあります。この記事ではDCIMフォルダが表示されない場合の対処法をご紹介いたします。

方法1.ケーブルの再接続もしくは交換

DCIMフォルダが表示されない場合、ケーブルの接続が悪いとの可能性があります。ケーブルを一旦外してから、再度パソコンに接続してみましょう。再接続しても表示されない場合、データ通信できるケーブルを使っているかを確認、他のケーブルに交換してみてください。また再接続する際には、iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」が表示されますので、「信頼」を選択する必要があります。

方法2.ドライバをアンインストールしてから再接続する

USBドライバやコントローラーが不安定また破損している可能性がありますので、ドライバを再インストールしてみましょう。

①接続ケーブルを外します。

②パソコンの「スタート」の「検索」から「デバイス マネージャー」を検索して、「デバイス マネージャー」を開きます。

③ハードウェアリストから「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」をクリックします。

「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」をクリック

「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」をクリック

④Apple Mobile Device USB Driverを右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。

⑤アンインストール完了後、しばらく待ち、USB ケーブルを再接続してください。ドライバは自動的に読み込まれます。

方法3.iTunesを最新バージョンにアップデートもしくは再インストールする

iTunesの動作の不具合によって、DCIMフォルダが表示できなくなる可能性があります。Microsoft Store から入手した iTunes は、新しいバージョンがリリースされた時点で自動的にアップデートされますが、最新バージョンにアップデートできるか、Microsoft Storeにて確認しましょう。既に最新バージョンの場合、iTunesをアンインストールして再インストールしてみるもひとつの方法です。

方法4.専門ツールを利用して写真・動画データをPCで管理する

以上の方法でもDCIMフォルダに直接アクセスできない場合には、専門ツールを利用して写真データの管理や保存することもできます。AnyTransは写真・動画はもちろん、音楽、メッセージやiOSアプリ等カテゴリ別にすべてのiPhoneデータを管理できるツールです。

iPhoneのDCIMフォルダがPCで表示されない場合は、ぜひAnyTransを利用して問題を解決しましょう。

やり方はこちらです:

①パソコンで起動してAnyTransをインストールします

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

②ケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。カテゴリから「写真」を選択します。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

③写真オプションを開いたら、カテゴリ別にファイルが表示されます。PCで転送・管理・見たい写真を選択して「PCへ」をクリックします。しばらくすると、PCに転送されました。PCで確認できます。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

結論

iPhoneのDCIMフォルダがPCで表示されない原因については色々な可能性があり、それによってこの記事で対処法をご紹介いたしました。DCIMフォルダは写真データの格納フォルダですので、iPhoneのDCIMフォルダが表示されないけど、まだ写真、音楽やメッセージ等も一括に管理したい場合、AnyTransはよい選択肢だと思います。ぜひAnyTransを試してみてください

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン