iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の原因と対処法

iPhoneから写真をパソコンに取り込みたいですが、一部の写真、またはすべての写真がパソコンで表示されない!この時はどうすればいいですか?このガイドは、iPhoneの写真がパソコンに表示されない・見れない問題の原因と対策をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年08月26日

iPhoneをWindowsパソコンに接続すれば、iPhoneのアイコンが「コンピューター」の「ポータブルデバイス」に表示されます。中に入ると、「DCIM」というフォルダがあって、撮った写真や保存した画像などが表示されます。iPhoneの写真を見たり、パソコンにコピーしたりする場合、「DCIM」に入れば簡単にできます。

しかし、DCIMフォルダの中身が表示されない、更にiPhoneのアイコンがパソコンの「ポータブルデバイス」に表示されない場合はあります。その時はどうすればいいですか?iPhoneの写真が見れない問題を解決するため、以下の6つの対策をご紹介します。

Part 1:iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の原因

iPhoneをWindowsパソコンに接続しても『iPhoneの写真がパソコンに表示されない』という場合があります。それに、iPhoneの写真をパソコンに取り込んでも写真や動画をパソコンで表示されません。このときに考えられる原因は以下の通りです。

  1. iPhoneの撮影フォーマットがパソコン非対応
  2. パソコンでHEICの写真が表示されない
  3. パソコンにiPhoneを接続する許可をしないと表示されない
  4. iOSの端末やiTunesなどによってロック画面を解除しないと表示されない
  5. iCloud設定が原因でiPhoneの写真がパソコンに表示されない
  6. 『オリジナルをダウンロード』に変更
  7. iPhoneがパソコンからドライブとして認識されなくなった

Part 2:iPhoneの写真がパソコンで表示されない時の対策

対策1、iPhoneの画面で「信頼」をタップする

iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続したら、画面で「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されます。その場合、「信頼」をタップしてください。その後、iPhoneの写真がパソコンで表示できるようになります。

対策2、iPhoneの画面ロックを解除する

画面ロックが掛かっている場合、iPhoneの写真がパソコンで表示されない可能性はあります。従って、iPhoneの画面ロックを解除してから写真を確認してください。

対策3、iCloudの写真設定を変更する

もしiPhoneの写真がパソコンで一部表示されないなら、iCloudの写真設定で「iPhoneのストレージを最適化」に設定されたため一部の写真がiCloudに保存されている可能性があります。

iCloudの写真で「iPhoneのストレージを最適化」を選択すれば、iPhoneの写真のフルバージョンがiCloudに保存され、iPhoneに最適化されたバージョンだけが保存されます。それはiPhoneの空き容量を増加することができますが、最適化されたバージョンの写真はパソコンで表示されません。もしパソコンで写真が一部表示されない問題を解決したいなら、次の手順に従って操作してください:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「ユーザー」 > 「iCloud」 > 「写真」に入ります。

Step 2.「iCloudフォトライブラリ」部分の写真設定をチェックしてください。もし「iPhoneのストレージを最適化」にしているなら、「オリジナルをダウンロード」に変更してください。

iCloudの写真設定を変更する

iCloudの写真設定を変更する

対策4、HEICファイルをJPG/JPEG/PNGに変換する

もし、iPhoneのheicファイルをそのままiPhoneに取り込んだら、もちろんパソコンで直接見られません。まずは無料ツールiMobie HEIC変換を使用して、オンラインでHEICファイルをJPG/JPEG/PNGに変換する必要です。

iMobie HEIC変換は直接オンラインでHEICの写真を一括 JPG/JPEGに変換し、必要に応じて、HEICファイルをPNG、GIFにも変換できます。HEICダイナミック壁紙さえもJPGに変換できます。さらに、すべてが無料でご利用できます。

Step 1.ブラウザで「iMobie HEIC変換」のページに入ります。

Step 2.「フォーマット」または「画質」単語の上にマウスポインターを置くとフォーマットと画質を設定できます。ここでJPGを例にします。ほかのフォーマットに変換したいなら、操作も同じです。

オンラインでHEICをJPGに変換する方法-フォーマット設定

オンラインでHEICをJPGに変換する方法-フォーマット設定

Step 3.パソコンにあるHEICファイルを直接ドラッグ&ドロップ、または、「クリックして追加」ボタンをクリックし、HEIC形式の画像ファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。

オンラインでHEICをJPGに変換する方法 - クリックして追加

オンラインでHEICをJPGに変換する方法 – クリックして追加

Step 4.変換が完了するまで、少々お待ち下さい。この場合、JPGに変換した画像をプレビューできました。

HEIC形式の画像ファイルをJPGに変換する方法

HEIC形式の画像ファイルをJPGに変換する方法

Step 5.変換が終わったら、「ダウンロード」または「すべてダウンロード」ボタンをクリックして、JPGの画像をパソコンに保存できます。

HEICをJPGに変換する方法 - JPGの画像をダウンロード

HEICをJPGに変換する方法 – JPGの画像をダウンロード

Step 6.ダウンロードしたいJPGの画像を名前つけて保存します。

HEICをJPGに変換する方法 - JPGの画像を名前つけて保存

HEICをJPGに変換する方法 – JPGの画像を名前つけて保存

対策5、iPhoneの専用転送ソフトを使って写真を見る・転送する

以上の対策でパソコンでiPhoneの写真が表示されない・一部表示されない不具合を解決できないなら、iPhoneの転送ソフトAnyTransをおすすめします。このソフトはiOSデバイスの写真をPCに取り出すことができ、しかもHEIF形式の写真をJPEGに変換する機能もあります。また、このソフトは以下のメリットがあります:

  • 自動的にHEIF形式の写真をJPEG形式に変換し、パソコンに転送したらすぐに利用できる
  • iPhone中の写真をプレビューでき、必要な写真を見つけ出すのが簡単
  • オリジナルの写真をパソコンに転送し、画質の劣化はしない
  • 写真を一括転送するか、選択的に転送するか、自由に選択できる
  • MacとWindows両方を対応する
  • 無料使用&60日間返金保証を提供する
  • 最新のiPhone 11 Pro Max/11 Pro/11にも対応する

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。もしAnyTransの安全性が気になるなら、こちらのページをご参考ください:AnyTransって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ>

それではAnyTransを使って、iPhoneの写真がパソコンで表示されない問題を解決しましょう:

Step 1.AnyTransをダウンロードします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2. AnyTransを起動 >  USBケーブルでiPhoneをPCに接続 > デフォルト画面で「写真」をクリックします。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

Step 3.iPhoneからパソコンに転送したい写真のカテゴリに入ります。ここでは「マイフォト」の写真をパソコンに見たり、転送したりすることを例とします。写真のサムネイルやフォーマット、サイズなどを閲覧することができます。写真をPCにコピーしたい場合、必要な写真を選択して、右上の「PCへ転送」ボタンをクリックします。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

 

Step 4.HEIC形式の写真をPCに転送する場合、「HEIC画像出力設定」の下で「JPG形式で出力する」を選択すれば自動的にJPG形式に変換できる > 「保存」をクリックします。

HEIC形式の写真をJPEGに設定してiPhoneから取り出す

HEIC形式の写真をJPEGに設定してiPhoneから取り出す

 

それで選択された写真がiPhoneに転送されて、iPhoneの写真がパソコンで表示されない問題が解決されました。

- AnyTransは写真だけでなく、音楽や動画、着信音、ボイスメモをパソコンに取り出すこともできます。また、逆にパソコンから写真や他のデータをiPhoneに転送することも簡単です。

- Mac PCで写真をJPEG形式として保存したい場合も以上の方法でできます。

おすすめ記事:簡単にiPhone Xに曲を入れる方法>

対策6、写真をPCに転送する時のフォーマットを変更する

iPhoneをiOS 13.1/13//12にアップデートしたら、「HEIF」(.HEIC)形式の写真を撮ることができるようになりました。この形式の写真はWindowsパソコンでサムネイルが表示されることができますが、クリックしても写真を見れない問題があります。その場合、写真の転送設定を変更すれば簡単にパソコンで見れるようになります:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「写真」に入ります。

Step 2.「MacまたはPCに転送」の下に「自動」を選択します。それで「HEIF」(.HEIC)形式の写真がパソコンで自動的に「JPG」形式の写真に変換され、プレビューしたり、編集したりすることができます。

写真をPCに転送する時のフォーマットを変更する

写真をPCに転送する時のフォーマットを変更する

お見逃しなく:iPhoneの写真をMacにバックアップする方法>

もし、iPhoneから大切な写真を削除しまったら、やはり復元したいでしょう。この記事「iPhoneから削除してしまった写真を復元する方法」をご参考ください。

まとめ

以上はiPhoneの写真がパソコンで表示されない時の原因と6つの対策です。いかがでしたか?上記に書いてあるAnyTransは「WiFiでiPhoneをPCにバックアップ」や「iPhoneとPCの間でデータを転送」などの機能も揃っているので、ぜひAnyTransをダウンロードして試してください。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアもお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。