iPhoneからサーフェスに写真を転送する3つの方法

iPhoneの写真や動画などをSurface (サーフェス)に保存したいですが、どうすればいいでしょうか?本記事では、写真をiPhoneからサーフェスに転送する問題をめぐって、3つの方法をまとめて皆様にいちいち紹介しようと思っております。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年02月17日
iPhoneからサーフェスに写真を転送する3つの方法

iPhoneからサーフェスに写真を転送する3つの方法

iPhoneの撮影機能がますます強くなり、デジカメより手頃なiPhoneを使って写真を撮る方が結構多いです。旅行や祭り、講演やミーティングファイル、ゲーム瞬間のスクリーンショットなど、知らないうちにたくさんの写真や画像がiPhoneに保存されます。

しかし、iPhoneの容量が限られるので、ますます多くの写真を累積しており、ずっとiPhoneに保存する方法は長久ではありません。または、誤操作でiPhoneから大切な写真を削除してしまうケースも少なくないです。それらの写真は人生において重要な忘れられない記憶だと言えても過言ではなりません。

♦ Surface (サーフェス)とはMicrosoft(マイクロソフト)社製のパソコンシリーズです。画面に直接タッチして行う直感的操作や専用のSurfaceペンを使用し、メモや絵を描くことなど様々な用途で使用できるのが特徴です。《sofmap.com》タッチパネル対応で直感的に操作できて、大学生やビジネスマンに人気があります。なので、今回はiPhoneからサーフェスに写真を転送する方法を詳しく紹介します。

方法1.USBケーブルで写真を転送する

1.USBケーブルでiPhoneをサーフェスに接続してください。サーフェスパソコンにiPhoneを接続する場合、iPhoneの画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか」という表示がポップアップされます。「許可」をタップします。

写真元:nojima.co.jp

写真元:nojima.co.jp

2.サーフェスで、「スタート」ボタンを選んで、「フォト」を選択してください。

3.「フォト」が起動したら、画面の右上に「インポート」をクリックし、「USBデバイスから」を選択します。

写真元:nojima.co.jp

写真元:nojima.co.jp

4.それで、「インポートする項目の選択」画面が表示されます。この画面で、写真を閲覧でき、転送したいものをいちいち選択してください。チェックを全部入れたら、左下の「選択した項目のインポート」ボタンを押します。

写真元:nojima.co.jp

写真元:nojima.co.jp

5.インポート先を特に設定しない場合、写真が自動的にパソコンのピクチャフォルダに保存されます。

方法2.iCloudでiPhoneの写真をサーフェスに共有する

具体的な操作手順を下記でございます。

1.iPhoneのホーム画面から「設定」を開き、「ユーザー名」から「iCloud」に入ります。「写真」のところを「オン」にします。

2.サーフェスのブラウザでiCloud.comにアクセスし、Apple IDおよびパスワードを入力し、サインインしてください。「写真」をクリックします。

3.先、iPhoneの写真を全部自動的にiCloudにアップロードしました。そのため、パソコンに保存したいなら右上の雲形のダウンロードアイコンをクリックしたら終わりです。

iCloudでiPhoneの写真をサーフェスに転送する場合、ステップが非常に簡単ですが、いくつかの避けないデメリットもあります。

1.写真の画質が劣化になります。

2.5GBだけ無料で使えます。写真などのサイズが大きいので、iCloudの空き容量が足りない時、お金を払わなければなりません。

方法3.AnyTransを利用して写真をSurface (サーフェス)に転送する

iPhoneの写真をサーフェスに取り込むには、専門のiOSコンテンツ転送ツール – AnyTransを強くおすすめします。各機種のiPad/iPod/iPhoneの写真をパソコンに移せるだけでなく、AnyTransは次のような特徴も持っています:

1.「カメラロール」だけでなく、「フォトライブラリ」「フォトストリーム」「アルバム」「パノラマ」「バースト」などの写真もパソコンに転送できます。

2.パソコンで写真・画像の閲覧と選択ができます。

3.サイズの変更と画質の劣化は存在しません。

4.高速な転送スピードを持っており、5分間で約1000枚の写真を移せます。逆に、パソコンの写真をiPhoneに送ることもできます。

AnyTransは有料版と無料体験版の二種類が用意されております。興味を持たれた方は、まず無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思っております。では、具体的な操作手順を下記で記録します。ご参考ください。

1.AnyTransをダウンロード&インストールします

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.AnyTransを起動し、USBケーブルでiPhoneをサーフェスに接続します。メインインターフェイスの右上で「写真」ボタンをクリックします。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

3.転送したい写真を選択してから、右上の「PCへ」とのボタンをクリックします。それで、選択した写真がサーフェスに転送し始めます。転送が終わったら、転送成功のような画面が表示されます。

iPhoneの写真をPCにコピー

iPhoneの写真をPCにコピー

まとめ

以上がiPhoneからサーフェスに写真を転送する場合の3つの方法です。USBケーブルの操作が少し面倒くさいで、iCloudの方もデメリットがあって、一番シンプルで高品質な写真をサーフェスに転送できるのはやはりAnyTransです。是非ダウンロードして使ってみてください。

それに、AnyTransはアイフォンの音楽をiTunesと双方向同期できます。もっと自由にアイフォンのデータを管理・同期・転送することができます。

今回ご紹介した内容をご参考にしていただければと思います。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン