スクリーンタイムのロックを解除の抜け道5つ!【2022年】

本記事では、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた場合に制限解除の抜け道/裏ワザをご説明します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年06月14日

 iPhoneのスクリーンタイムの設置パスワードを忘れた経験はありますか?iPhoneのスクリーンタイムが設定され、その設定や休止時間機能を消したいが、どうすれば解除できるでしょうか?スクリーンタイムの制限を抜けるため、スマートフォンのデータが消された泣きたい気持ちがあるでしょうか?本日はiPhone/iPadのスクリーンタイムのパスコードを忘れた場合に制限解除の抜け道をご説明します。iPhone 14にも対応可能です。親にバレずに解除する裏ワザがあるので、是非最後までご覧ください。

一、パスコードを解除する前にリセット方法のお試し

iOS 13.4以降にアップデートされているデバイスを使っていて、スクリーンタイムを設定時のApple IDやパスワードを覚えていたら、スクリーンタイム制限解除する抜け道を使わず、アップルサポートのホームページが紹介された以下の手順で簡単に制限解除すればよいです。

1.「設定」に「スクリーンタイム」を選択します。
2.「スクリーンタイム・パスコードを変更」を2回タップしますと、画面に「パスコードをお忘れですか?」が表示され、それをタップします。
3. スクリーンタイムのパスコードの設定時に使ったApple IDとパスワードを入力します。
4.新規のパスコードを2回入力し、パスコードのリセットが完成します。

Apple IDが忘れた場合、もしくはiOS 13.4以前の場合は、以下の抜け道をお試しください。まとめて話すと二つの方法があります。それはiPhoneを初期化すること及び専門ソフトで解除することです。状況に合わせて、適当に方法をご利用ください。詳細を説明します。

二、スクリーンタイムのパスコード解除方法

1、iPhoneを初期化(データが削除される)

パスコードの抜け道1としては、iPhoneを初期化、つまり工場出荷時の設定に戻します。ご存じだと思いますが、デバイスが最初の設定の状態になるだと、今まで使っているiPhoneのシステムやデータが消えてしまいます。なので、データがなくさないように、コンピューターもしくはiCloud.comで事前にバックアップをすることがおすすめです。でなければデータがなくなって不便になりますので、それを事前に考えた方がよいです。iPhoneをバックアップした後、コンピューターを用意してから以下の手順で対応をしてみましょう。

デバイス本体の設定からiPhoneを初期化

1.デバイスの「設定」を選択、「一般」>タップします。

2.「一般」画面の下に「リセット」をタップ、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択したら、すべてのデータがなくなり、初期化が完成します。

iPhoneを初期化

iPhoneを初期化

2.iTunesを利用しiPhoneを初期化する(データが削除される)

1.iTunesをクリックして開きます。

2.付属USBケーブルでコンピューターに接続します。

3.iTunesの画面内容に従って、操作環境により信頼するコンピューターであるかどうかを選択します。

4.iTunesに表示されるメッセージ確認でき、「復元」をクリックし、初期化します。

iTunesでiPhoneを初期化する

iTunesでiPhoneを初期化する

データがすべて消去され、最新のソフトウェアがインストールされることをご注意ください。

3.iCloud.comを利用しiPhoneを初期化する(データが削除される)

  1. パソコンのcomでApple IDを登録してください。
  2. 初期化したiPhone選択して、iPhoneの消去を選択してから初期化されます。

「iPhoneを消去」を選択する

初期化の方法が、普段iTunes やiCloud.comを使ってデータをアップする習慣のある方々には、この方法は複雑ではないです。初期化された後、またデータを復元することができます。ただし、どんな日付のデータを復元されるか、微妙な話になります。もし、スクリーンタイムのロックした後のデータが復元されると、パスコードがロックしたままです。そうすると、またスクリーンタイムを解除したいときに同じことを繰り返しなければならないです。なので、できればスクリーンタイムや停止時間のパスコードに設置される日付を覚え、前日のデータに復元したほうがよいかもしれないです。当然、設定された日はだいぶ前のことだと、もし復元されても、一部のデータ(連絡先/写真/アプリ/ビデオ等)が紛失になりますね。

4.ツールでスクリーンタイムロックを簡単に解除するー子供にもできる抜け道をゲットしましょう

上記やり方をご利用することがですが、面倒だし時間もかかると思う方はいらっしゃると思います。またはiPhoneのデータが消去されたら怖いと思う方々に以下の専門ソフトを利用する方法をご紹介します。
子供でも簡単に解除できる方法だと言う方もいらっしゃいました。AnyUnlockを使用すると、iPhone/iPadのスクリーンタイムのパスコードや休止時間を数秒間で解除すること言っても過言ではありません。解除方法は以下であります。
1.AnyUnlockをダウンロードし起動します。表示された「スクリーンタイムのパスコードを解除」の選択しクリックします。

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

2.USBケーブルでパソコンに接続、iPhone/iPadが自動的認識されます。

「今すぐ解除」をクリック

「今すぐ解除」をクリック

3.「スクリーンタイムのパスコードを解除」の画面で表示された内容を確認して、「今すぐ解除」をクリックしてください。AnyUnlockのデータ解析完了までしばらくお待ちください。(デバイスによりかかる時間が異なります)

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

4.分析した後、チャックコードが画面に出できます。AnyUnlockがスクリーンタイムのロックしたパスコードを画面に表示します。パスコードを覚え、「完成」をクリックして完成します。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

なぜAnyUnlockをおすすめでしょうか?メリットはいくつかあると思います。

1、まずは、個人情報の安全性が一番です。AnyUnlockはデータを保護するため、iOSデバイスのデータは分析プロセス中にコンピューターに暗号化されます。個人情報をきちんと守るため、安心に安全に利用できます。

2、データを消さずにスクリーンタイムの休止時間の解除ができます。データが全部紛失すると、親にバレますし、個人用のデータなので無くなったらとても不便だし嫌です。AnyUnlockではデータがそのままに残るため、気軽に利用できます。時間の節約や便利さです。1回AnyUnlockを使かえばわかると思います、余計なお試しが不要ですし、ネットをアクセスすることも不要です。

3、時間が無駄にならないソフトであるAnyUnlockを利用する場合、ただしばらくデータ解析を待てれば、スクリーンタイムのロックを解除できます。普段忙しい方々や解除に時間いっぱい掛かっていろいろな手を試してきた方々に、これは一番おすすめです。

4、自由にお好きな時間にご利用できることです。AnyUnlockのスクリーンタイムのパスコード対策は簡単に削除機能だけではなく、制限のパスコードを解析して手動でオフにすることもできます。

5、汎用性のある製品です。一つのAnyUnlockはスクリーンタイムや休止時間を解除する抜け道だけではなく、様々なタイプのiPhoneロック、Apple ID忘れ、MDMロックなどの解除に対応できます。

これだけ便利性があるのなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

5.スクリーンタイムロックを削除する

iOS 13 以上の場合、AnyUnlockはスクリーンタイムのパスコードを削除します。方法4の操作と同じように行ってください。AnyUnlockはiPhone 14とiOS 16にも対応しているので、是非体験してみましょうか。

まとめ

iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた場合、復元専門ツールを使えば、デバイスを初期化せずに自分で簡単にスクリーンタイムの制限を抜けることができます。iPhoneロック解除の専門のツール「AnyUnlock」は、 iPhoneのスクリーンタイムや画面ロックなどすべてのパスワードを削除できます。さらに、無料体験機能があるのでおススメです。
作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン