Apple Watchのロック解除を簡単に省く裏ワザ

Apple Watchのロックを解除する時、2つの裏ワザを紹介いたしました。Appe Watchのロックが頻繁にかかるなどの問題がある場合、今回紹介した方法を試してお悩みから解放されましょう。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年10月15日

Apple Watchでパスコードを設定すると、通知画面やホーム画面を表示するために、パスコードを入力してロックの解除が必要になります。Apple Watchを使っている時、手首から外すと、自動的にロックされます。その後使用するには、ロックを解除する必要がありますが、Apple Watchの小さな画面でパスコードを入力するのは非常に困難です。そのようなセキュリティに安心感を覚える一方で、煩わしさを感じることもあるでしょう。いざという時にこのようなセキュリティがあると便利ですが、普段Apple Watchを使っていると手間がかかるので面倒だという人もいるでしょう。

そういった際に少しでも手間を省くために、本記事では簡単にAppleWatchのロック解除が出来る方法をご紹介します。

方法1、「iPhoneでロックを解除」という機能を使う

使っているスマートフォンがiPhoneの場合、ペアリングしたiPhoneのロックを解除するとAppleWatchが自動的にロックを解除するように設定することができます。

Step1、「Watch」アプリを開き、「パスコード」をタップします。

Step2、「パスコード」画面で「iPhoneでロックを解除」をオンにします。

写真元:otona-life.com

写真元:otona-life.com

Step3、Apple Watch側で設定しているiPhoneのパスコードを入力します。そうすると「iPhoneでロックを解除」という機能を使えます。

写真元:otona-life.com

写真元:otona-life.com

方法2、手首検出をオフにする

Apple Watchには「手首検出」という機能があります。パスコードを設定しておけば、手首検知機能により、Apple Watchを身につけていないときにロックされ、情報を安全に守ることができます。手首検出機能はオンになっているので、AppleWatchを手首に緩めに装着すると、画面がロックされてパスコードの入力を毎回求められることが多いです。

AppleWatchで「設定」→「パスコード」→「手首検出」オフに設定します。

写真元:eve-apple.com

写真元:eve-apple.com

追加Tip: 専用ツールでお使いのiPhoneの画面ロックを解除する方法

もしApple Watchだけでなく、他のiOSデバイスも持っていますなら、その画面ロックを解除する必要もあるかもしれません。その場合に、iPhone/iPad/iPod向け専用のロック解除ソフト – AnyUnlockを利用するのをおすすめします。数クリックででき、4桁/6桁のパスコード、Touch ID&Face IDなど全種類のパスコードにも対応していて、役に立つツールです。

では、今すぐAnyUnlockをダウンロードして、iPhoneの画面ロックを解除しましょう。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyUnlockにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。ご安心ください。

「画面ロックを解除」をクリック

「画面ロックを解除」をクリック

iPhoneの画面ロックを数クリックで解除する方法

最後に

以上はAppleWatchのロック解除を簡単に省く裏ワザでした。皆さん、いかがでしたか?お悩みを解決しましたか?AppleWatchのロックを解除する方法を知ってさらに便利になります。煩わしい操作から解放されます。本記事にようにやってみて、問題を解決できれば嬉しいです。最後まで読んでいただいてありがとうございます!

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン