【2022年】iPhoneの機能制限を解除できない?解除方法6つ!

ここでは、iPhoneの機能制限を解除できない時の対処法を紹介します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年08月25日

両親は「時間制限を設けて、使い過ぎを防止したい」と思って、子供向けて機能制限を設定しました。しかし長い時間を経って、機能制限のパスワードを忘れてしまいました。またiOS 12から機能制限をスクリーンタイムに変更して、iPhone・iPadで「機能制限」をどうしても見つからなかったです。そのiPhoneの機能制限を解除できない時に、どうすればいいですか?今回紹介する方法は最新のiOS16にも対応可能です。iPhone13/12/11で問題なく機能制限を解除できます。

Part 1: 【パスコードを忘れた】iPhoneで機能制限・スクリーンタイムを解除する方法

パスコードを忘れた場合に、iPhoneの機能制限やスクリーンタイムをどのように解除できますか?次の部分は4つの方法を提供しますから、参考にしてください。

1.1 機能制限のパスワードを解析(iOS 13 以前のデバイスのみ)

AnyUnlockはiPhone/iPad/iPod向け専用のパスワード解除・管理ソフトです。AnyUnlockを利用すると、データを失うことなく、iPhoneからスクリーンタイムのパスコードを直接に削除/解析できます。Apple IDとパスワードを入力して変更する必要もないので、おすすめします。もっと詳しく▷

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

スクリーンタイムのパスコードが解除された

スクリーンタイムのパスコードが解除された

1.2 専用のiPhoneパスワード解除ソフトで機能制限を解除(iOS 13 以降)

AnyUnlockデータを失うことなく、iOS 13 以降のデバイスからスクリーンタイムのパスコードを直接に削除できます。Apple IDとパスワードを入力して変更する必要もないので、試してみましょう!

Step 1.AnyUnlockを無料ダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2.AnyUnlockを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

右上で「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリックします。

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

「スクリーンタイムのパスコードを解除」をクリック

Step 3.解決できる問題を了解してから「開始」をクリックします。

「開始」をクリック

「開始」をクリック

Step 4.機能制限のパスワードを削除する前に、注意事項を確認してください。それに「今すぐ解除」をクリックしてください。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 5.iOS 12以降のデバイスなら、デバイスを暗号化してバックアップする必要がありますので、「OK」をクリックしてください。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 6.iTunesでデバイスを暗号化したことがないなら、ここで、パスワードを2回入力してお使いのデバイスを暗号化してバックアップします。もし設定したことがあれば、設定したパスワードを入力してください。

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

iPhoneスクリーンタイムパスコードがわからない時の解除方法

Step 7. バックアップと解析のプロセスを待って、成功したら、iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを削除できます。

iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを削除して解除

iPhoneのスクリーンタイムのパスコードを削除して解除

動画で了解したいなら、次のビデオを参考にしてください。

専用ソフトの比較表
AnyUnlockを含め、スクリーンタイムの解除機能が搭載されている各ツールの違いを理解するために、いろいろなテストを行い、そのテスト結果から次のツール比較表を完成しました。

AnyUnlock 4u**パスコード解除 Lock** Mobi**
画面ロックを解除
Apple IDを削除
スクリーンタイムのパスコードを解除
MDMのバイパス
iTunesバックアップの暗号化を解除
iTunesバックアップのパスワードを復元
iOSパスワード管理
対応OS Win/Mac Win/Mac Win/Mac Windowsのみ
価格(年間プラン) 4378(税込) 5478(税込) 4980(税込) 5269(税込)
返金保障 60日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証
無料版 無料体験

1.3 【iOS 13以降】Apple IDを使って機能制限パスワードを変更

もし、お使いの iOS 13.4 または iPadOS 13.4 以降にアップデートされたら、以下の手順にそって、お使いのiPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更することができます。

Step 1.「設定」>「スクリーンタイム」の順にタッします。

Step 2.「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップし、もう一度「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

Step 3.「パスコードをお忘れですか?」をタップします。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

Step 4.スクリーンタイム・パスコードの設定時に使った Apple ID とパスワードを入力します。右上の「OK」をタップします。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

Step 5.画面指示に従って、新規スクリーンタイム・パスコードを 2 回入力します。

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

iPhone・iPad本体で忘れたスクリーンタイム・パスコードを変更する方法

それで、スクリーンタイム・パスコードを設定しました。方法1の手順を参考して、新しいパスワードを入力して、iPhoneで機能制限(つまりスクリーンタイム)を解除できます。

ご注意: もし上記の方法を使っていますが、以下のような問題にあったら、次の方法を参考にしてください。

  • 設定時に使った Apple ID とパスワードを入力しますが、正しくないやサインインできないという状況が発生しました。
  • 設定時に使った Apple ID とパスワードを忘れてしまいましたので、入力できません。

1.4 iPhoneを初期化(AppleIDとパスワードが必要)

iPhoneの機能制限を解除できないときに、iPhoneを初期化、つまり工場出荷時の設定に戻すのは方法の一つです。しかし、デバイスが最初の設定の状態になるだと、今まで使っているiPhoneのシステムやデータが消えてしまいます。データがなくさないように、コンピューターもしくはiCloud.comで事前にバックアップをすることがおすすめです。あるいは、Part1の方法を使用します。

デバイス本体の設定からiPhoneを初期化するには、次の順に操作してください。

1.デバイスの「設定」を選択、「一般」>タップします。

2.「一般」画面の下に「リセット」をタップ、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択したら、すべてのデータがなくなり、初期化が完成します。

iPhoneをリセットできない場合のやり方 -1

iPhoneをリセットできない場合のやり方 -1

Part 2: 【パスコードを覚える】iPhoneで機能制限・スクリーンタイムを解除する方法

2.1 iOS 12以前のiPhone・iPad・iPod touchの場合

Step 1、「設定」 > 「一般」 > 「機能制限」の順でタップします。

iPhoneで機能制限を解除・オフする

iPhoneで機能制限を解除・オフする

Step 2、機能制限のパスコードを入力します。

iPhoneで機能制限を解除・オフする

iPhoneで機能制限を解除・オフする

Step 3、「機能制限を解除」をタップします。

iPhoneで機能制限を解除・オフする

iPhoneで機能制限を解除・オフする

Step 4、機能制限のパスコードを入力します。それで、「機能制限」が解除されました。

iPhoneで機能制限を解除・オフする

iPhoneで機能制限を解除・オフする

2.2 iOS 12および以降のiPhone・iPad・iPod touchの場合:

Step 1、「設定」 > 「一般」 > 「スクリーンタイム」の順でタップします。

注意:「機能制限」はiOS 12から「スクリーンタイム」に更新いたしました。

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 1

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 1

Step 2、「スクリーンタイム」機能入ってから、画面の下にスクロールして「スクリーンタイムをオフにする」赤字をタップします。

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 2

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 2

Step 3、スクリーンタイムのパスコードを入力します。

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 3

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 3

Step 4、画面指示に従って、「スクリーンタイムをオフにする」をタップして機能制限を解除・オフにします。

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 4

iPhoneでスクリーンタイムを解除・オフする方法 Step 4

おすすめ記事:iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法

抜け道5:iTunesを使って初期化
iTunesを使ってiPhoneを初期化してスクリーンタイムの使用時間をごまかす方法もあります。

step1:iTunesを起動したパソコンにiPhoneを接続します。

step2:概要にあるiPhoneを復元をクリックします。

step3:復元とアップデートを選択します。

最後に

以上のように操作したら、iPhoneの機能制限を解除できない問題を解決できます。また、iPhone、iPad、およびiPod touchでは、機能制限(ペアレンタルコントロール)は、特定のAppや機能へのアクセスを禁止することができます。ご注意ください。このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。また、何かご質問や意見がございましたら、遠慮なく下のコメント欄にお述べください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン