iPhoneのバックアップ先を変更する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iPhoneやiPadのバックアップをしていますか?また、Cドライブの空き容量がない場合、バックアップ保存先を変更したいですか?ここでは、iPhoneのバックアップ先を変更する簡単な方法を紹介します。

最終更新日:2020年09月25日

「iTunesでiPhoneのバックアップ保存先を変更したいです。現在Cドライブの空き容量が少ないので、Dドライブに変更したいのです。今はバックアップは作成されていない状況なのですが、どなた様か教えてください。」

– Yahoo!知恵袋

iPhone内のデータ保護を目的として、iTunesを使ったバックアップを利用することにしました。iTunesでiOSデバイスのバックアップを行う場合、バックアップデータの保存先は、Cドライブ(つまり内蔵ドライブ)の指定の場所に固定されています。しかも、設定による変更ができないので、Cドライブの容量が激しくなってしまったことがよくあります。

実は、調べてみると、iPhoneのバックアップデータを別ドライブへ移動する方法が面倒くさいだけでなく、大切なデータを紛失する可能性もあります。以上の問題を解決するために、ここでは、iPhoneのバックアップ先を変更する簡単な方法を記録しておきます。

役立つツール

iPhoneのバックアップ先を簡単に変更するには、AnyTransという専門のiOSデータ転送・管理・バックアップツールをおすすめします。AnyTransはiPhone/iPad/iPodのデータをバックアップできるだけでなく、バックアップデータの保存先を選択することもできます。さらに、AnyTransはメモ以外の音楽、写真、アプリ、ビデオ、電話帳、メッセージ、カレンダーや着信音などほとんどのファイルもサポートします。今すぐAnyTransをダウンロード >

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

iPhoneのバックアップ先を変更する方法

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをお使いのパソコンにダウンロード&インストールしてください。

ステップ1: お使いのiPhoneをコンピュータに接続 > AnyTransを起動 > ホーム画面で、「PCへ」ボタンをクリックします。

「PCへ」を選択

「PCへ」を選択

ステップ2: 特定のカテゴリ(パソコンへバックアップしたいデータ)を選択 > 出力先(バックアップ先)を選択 > 「次へ」ボタンをクリックして、iPhoneのバックアップ先を変更しました。

移行したいiPhone項目を選択

移行したいiPhone項目を選択

ご注意:

- ホーム画面の右上にあるカテゴリをクリックすると、iPhone/iPad/iPod touchのデータを個別にプレビューしたり、選択したり、バックアップしたりすることもできます。

「写真」をクリック

「写真」をクリック

- このツールは、データをパソコン以外のiTunes、別のiOSデバイスへバックアップすることも可能です

おすすめ記事: 4つの方法でiPhoneの写真をパソコンにバックアップする

以上、iPhone/iPadのバックアップ先を変更する簡単な方法です。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。AnyTransのダウンロードはこちら >

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5