iPhoneのバックアップ先を変更する方法

要約

iPhoneやiPadのバックアップをしていますか?また、Cドライブの空き容量がない場合、バックアップ保存先を変更したいですか?ここでは、iPhoneのバックアップ先を変更する簡単な方法を紹介します。

ちょうせい

2015年12月23日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhoneとiPadのバックアップの保存先を変更する

AnyTrans – 最高のiOSコンテンツ管理ツール

本記事を読む前に、iOSデバイス向けのデータバックアップ・転送ツール-AnyTransをダウンロードしてください。そして、iPhoneのバックアップ先を変更することができます。

「iTunesでiPhoneのバックアップ保存先を変更したいです。現在Cドライブの空き容量が少ないので、Dドライブに変更したいのです。今はバックアップは作成されていない状況なのですが、どなた様か教えてください。」

- Yahoo!知恵袋

iPhone内のデータ保護を目的として、iTunesを使ったバックアップを利用することにしました。iTunesでiOSデバイスのバックアップを行う場合、バックアップデータの保存先は、Cドライブ(つまり内蔵ドライブ)の指定の場所に固定されています。しかも、設定による変更ができないので、Cドライブの容量が激しくなってしまったことがよくあります。

実は、調べてみると、iPhoneのバックアップデータを別ドライブへ移動する方法が面倒くさいだけでなく、大切なデータを紛失する可能性もあります。以上の問題を解決するために、ここでは、iPhoneのバックアップ先を変更する簡単な方法を記録しておきます。

役立つツール

iPhoneのバックアップ先を簡単に変更するには、AnyTransという専門のiOSデータ転送・バックアップ・管理ツールをおすすめします。AnyTransはiPhone/iPad/iPodのデータをバックアップできるだけでなく、バックアップデータの保存先を選択することもできます。さらに、AnyTransはメモ以外の音楽、写真、アプリ、ビデオ、電話帳、メッセージ、カレンダーや着信音などほとんどのファイルもサポートします。今すぐAnyTransをダウンロード >

iPhoneのバックアップ先を変更する方法

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをお使いのパソコンにダウンロード&インストールしてください。

ステップ1: お使いのiPhoneをコンピュータに接続 > AnyTransを起動 > ホーム画面で、「パソコンへ」ボタンをクリックします。

AnyTransのホーム画面で「パソコンへ」をクリック

AnyTransのホーム画面で「パソコンへ」をクリック

ステップ2: 特定のカテゴリ(パソコンへバックアップしたいデータ)を選択 > 出力先(バックアップ先)を選択 > 「次へ」ボタンをクリックして、iPhoneのバックアップ先を変更しました。

iPhoneのバックアップ先を選択

iPhoneのバックアップ先を選択

ご注意:

- マウスでスクロールして、AnyTransのインターフェースを変えてから、ホーム画面の下にあるカテゴリをクリックすると、iPhone/iPad/iPod touchのデータを個別にプレビューしたり、選択したり、バックアップしたりすることもできます。

iPhoneのバックアップ先を選択

iPhoneのバックアップ先を選択

- このツールは、データをパソコン以外のiTunes、別のiOSデバイスへバックアップすることも可能です

おすすめ記事: 2つの方法でiPhoneの写真をパソコンにバックアップする

以上、iPhone/iPadのバックアップ先を変更する簡単な方法です。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。AnyTransのダウンロードはこちら >

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください