Macで圧縮ファイルにパスワードをかける方法

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

アップル製品の愛好者として、iOSデバイスの使用をもっと便利にする小ワザやAppleに関する情報をいろいろ書いています。

最終更新日:2018年04月11日

Macで作成した圧縮ファイルにパスワードをかけたいですか?次のガイドは、Macでパスワード付きの圧縮ファイルを作成する方法をご紹介します。

AnyTrans for iOS – MacでiPhoneのデータを手軽に管理

MacとiPhoneを併用しているなら、AnyTrans for iOSを使ってみましょう。このソフトはMacでiPhoneのデータを管理でき、パソコンからiPhone、またはその逆に音楽や動画、写真、着信音などのデータを自由に転送できます。

Macでは「.zip」形式の圧縮ファイルを作成できます。メールで複数のコンテンツを送信したり、USBメモリにファイルを移動したりする場合、ファイルを圧縮したら転送やコピーは便利で、容量を節約することもできます。

圧縮ファイルはだれでも解凍できるので、安全性のために、大事なデータにパスワードをかけたほうが安心でしょう。では、どうすればMacで圧縮ファイルにパスワードを付けますか?次の部分は、Macで圧縮ファイルにパスワードをかける方法をご紹介します。

Macで圧縮ファイルにパスワードをかける手順

Step 1.圧縮したいファイルを一つのフォルダに入れます。

Step 2.必要なファイルを選択して、右クリックします。

Step 3.「×項目を圧縮」をクリックして、zip形式の圧縮ファイルを作成します。

zip形式の圧縮ファイルを作成する

zip形式の圧縮ファイルを作成する

Step 4.「Launchpad」 > 「その他」 > ターミナルを起動します。

ターミナルを起動する

ターミナルを起動する

Step 5.ターミナルに「zipcloak」を入力して、半角スペースを入れます。

Step 6.作成されたzipファイルを半角スペースの後にドラッグします。するとファイル名がターミナルに自動的にコピーされます。

圧縮ファイル名をターミナルに入れる

圧縮ファイル名をターミナルに入れる

Step 7.enterキーを押してください > 「Enter password」が出たら、パスワードを入力してください。ここで入力したパスワードが表示されないので、自分で覚える必要はあります > 「Verify password」が出たら、パスワードを再度入力してください。

圧縮ファイルのパスワードを設定する

圧縮ファイルのパスワードを設定する

Step 8.enterキーを押すと、圧縮ファイルにパスワードをかけることができました。再び圧縮ファイルをクリックしたら、パスワードを入力すると要求されるようになります。

Macで圧縮ファイルにパスワードをかける

Macで圧縮ファイルにパスワードをかける

お見逃しなく:MacからiPhoneに写真を転送する7つの方法>

最後に

以上はMacで圧縮ファイルにパスワードをかける方法です。非常に簡単でしょう。Macパソコンで保存されているファイルをiPhoneに入れたり、または逆にiPhoneからMacへデータを取り出したいなら、iPhoneとMacの間でファイルを双方向転送する方法をご参考ください。記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

ホーム AnyTrans® for iOS Macで圧縮ファイルにパスワードをかける方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する