ストレージとiCloudストレージの違い

要約

iPhoneやiPad、iPod touchのストレージとiCloudストレージの違いはなんでしょうか?次の文章はデバイス本体のストレージとiCloudストレージの違いを詳しくご説明します。

リュウラン

2017年02月08日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloud中のデータを閲覧&ダウンロードできるツール

AnyTrans – iCloudデータを手軽に管理

iCloudにバックアップ・同期した写真やメッセージ、連絡先などのデータを確認したり、ダウンロードしたりしたいですか?AnyTransを使えば、それは簡単に実現できます。

ストレージとiCloudストレージの違いとは何ですか?「設定」→「一般」→「使用状況」を見ると、「ストレージ」と「iCloudストレージ」二つが表示されます。それにストレージの空き容量は1.1㎇で、iCloudストレージの方に空き容量が3.2GBという状況です。 ストレージとiCloudストレージは別のものでしょうか?ストレージがふたつ表示されているのは正しい状態でしょうか?私はiPhoneの初心者なので、よくわかりません。よろしくお願いします。

-From Yahoo知恵袋

ストレージとiCloudストレージの違い

ストレージとiCloudストレージの違い

「ストレージ」と「iCloudのストレージ」は別のものですか?それぞれはどんなデータが保存されていますか?なぜ総容量と使用可能が違うんですか?たぶん多くのiPhone/iPad初心者もそのような質問を持っているのでしょう。次のガイドは、「ストレージ」と「iCloudのストレージ」の違いを詳しくご説明します。

Part 1.ストレージとは

iOSデバイスのストレージとは

iOSデバイスのストレージとは

iPhoneやiPad、iPod touchのストレージは、デバイスを購入する時の本体の容量です。iOSデバイスに入れた音楽やビデオ、撮った写真、ダウンロードしたアプリ、メッセージ、電話帳などのデータはそのストレージを消費します。

ストレージはモデルによって8GBから256GBまであります。デバイスを購入したら、機体自身のストレージを増加するや減らすことはできません。もしストレージが足りなくなったら、いくつかの小ワザを使って空き容量を増加することができます。

Part 2.iCloudのストレージとは

iCloudのストレージとは

iCloudのストレージとは

iCloudストレージはApple社が提供しているクラウドサービス「iCloud」の容量です。iOSデバイスユーザーがiCloud IDを作成する時、自動的に5GBの無料ストレージを得られます。

iCloudストレージを活用すると、iPhone上の写真、デバイス設定、アプリデータ、ホーム画面と App の配置、メッセージ (iMessage、SMS、MMS)、着信音などのデータをiCloudストレージにバックアップ・同期することができます。そして、iCloud ストレージを使い切ってしまった場合、もっと多くのiCloudストレージを購入することができます。

お見逃しなく:iCloudの容量不足を解消する4つの方法>

まとめ

以上はストレージとiCloudストレージの違いです。デバイスのストレージに保存さているデータはデイバス上で直接に確認・利用することができますが、アイクラウドストレージ中のデータはiPhone/iPad/iPod touchで確認・利用することできません。もしiCloud中のデータを閲覧・ダウンロードしたいなら、iCloudデータの管理ソフト - AnyTransを使えば簡単にできます。この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブにシェアしてくれると嬉しいです。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください