iOS 15のネットが遅い時の改善策

今回はiOS 15にアップデートした後ネットが遅い不具合の改善策をご紹介します。ぜひご覧下さい。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2021年09月30日

iOS 15が発表されて以来、iOS 15の新機能を体験したくてアップデートした人がかなりいますね。そして、いつも通りに、新しいバージョンが出たら、不具合やエラーがきっと存在します。iOS 15も同じでいろいろな不具合がありますね。

ちょうど最近はiOS 15のネットが遅い不具合に困っています。iOS 15にアップデート・ダウングレードしてネットが遅いのが、普通容量不足、バッテリの劣化、アプリがたくさん起動しているなどが原因だと考えられています。では、この記事は【ios15 インターネット 接続 できない】不具合について改善策をご紹介します。

iOS 15にアップデート・ダウングレード後にネットが遅い場合の改善策

1、バックグラウンドを終了させる

アプリをたくさん起動していると、お使いのデバイス(特に古い機種)に負担をかかるから、ネットが遅くなります。

バックグラウンを消せば、iOS 15でネットが遅い時にかなり効果的です。

やり方:iPhone X以前の機種はホームボタンを2回連続でクリックして、バックグラウンドを上にスワイプして消します。

バックグラウンドを終了させる

バックグラウンドを終了させる

iPhone Xの場合はこちらを参考してください:iPhone Xでバックグラウドの消し方

2、アプリのバックグラウンド更新をオフにする

iOS 15でネットが遅い原因の一つは、バッテリーの劣化です。つまり、バッテリー消費を節約すれば、iOS 15でネットが遅い不具合を一定程度で改善できます。

iOSデバイスで、「設定」 > 「一般」 > 「Appのバックグラウンド更新」の順にタップして、バックグラウンド更新を「オフ」にします。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

3、iOSデバイスの視差効果を減らす

iOSデバイスの視差効果を減らすことに通して、バッテリーの節約になります。しかも、端末の負担を減軽する効果もあります。それで、iOS 15でネットが遅い不具合にも役に立てます。

iOSデバイスで、「設定」 > 「一般」 > 「アクセシビリティ」 > 「視差効果を減らす」 > 「視差効果を減らすをオンにする」の順に行います。

iOSデバイスの視差効果を減らす

iOSデバイスの視差効果を減らす

4、Safariの履歴とWebデータを消去する

Safariの履歴とWebデータを消去すれば、メモリを解放できます。Safariを利用してWebを閲覧するときに、ネットが遅い現象が改善できるはずです。

iOSデバイスで「設定」 > 「Safari」 > 「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップします。

Safariの履歴とWebデータを消去する

Safariの履歴とWebデータを消去する

5、DNS設定を変更する

Wi-Fiを利用してもネットが遅い場合は、DNS設定を変更すれば改善できます。

iOSデバイスで「設定」 > 「Wi-Fi」の順にタップして、接続しているWi-Fiの右側の「i」をタップして、DNS設定を「8.8.8.8」に変更します。

DNS設定を変更する

DNS設定を変更する

6、通信制限がかかっているかを確認する

最初は正常ネットを使えていますが、突然ネットが遅くなりました。そういう状況もありますね。それは多分iOS 15にアップデートしたからネットが遅くなったのではなく、通信制限が掛かっているのが原因だと思われています。

そういう時は、各事業通信者のサイトから一ヶ月間合計データ通信料と速度低下までの残りデータ通信料を確認することをオススメします。

7、デバイスを再起動する

iOS 15にアップデートした後、いろいろ不具合があるかもしれませんが、すべての不具合に対応できる一つの対策があります。あれは何でしょうか?実は、意外と簡単な「デバイスを再起動すること」です。

デバイスを再起動する

デバイスを再起動する

8、システムを修復する

ネットが遅いならスマホ本体の不具合が原因になる可能性もあります。この場合、専用の修復ソフト – AnyFixを利用するのをおすすめします。

AnyFixは再起動できない、リセットできない、充電できない、フリーズするなど130種類以上の問題を修復できますから、ほぼ全ての状況を網羅しています。そして、標準モードを選択して修復する場合に、デバイスのデータを消去することがありません。

そのため、iOSデバイスは問題があったら、AnyFixをダウンロードして修復してみるのもおすすめします。

Step 1.AnyFixをダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2.USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続 > 「システム修復」機能を選択します。

「システム修復」機能を選択

「システム修復」機能を選択

Step 3.お使いのiPhoneの不具合を確認し、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 4.必要によって修復モードを選択します。ここでは「標準モード」を例にします。

修復モードを選択

修復モードを選択

Step 5.ファームウェアのダウンロード画面に入ります。お使いのiPhoneの情報を確認し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードが始まります。少し時間がかかりますので、少々お待ち下さい。

「ダウンロード」ボタンをクリック

「ダウンロード」ボタンをクリック

Step 6.ファームウェアダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。それで、iPhone修復が開始します。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

「今すぐ修復」ボタンをクリック

Step 7.このプロセスは少し時間がかかります、デバイスを抜けないで少々お待ち下さい。修復中、iPhoneを自動的に再起動しますので、パスコードを入力する必要もあります。

デバイスを抜けないで待つ

デバイスを抜けないで待つ

Step 8.しばらくすると、修復が完了します。すぐにiPhoneを確認してください。

修復完了

修復完了

追加Tips

ご周知のとおりiOSアップデート中、データの紛失が発生する可能性が高いです。大事なメッセージ、連絡先、写真、メモなどが消えたら、焦りましょう。その時Windows&Macで無料ダウンロードできる最高のiOSデータ復旧ソフトを使用しましょう。

PhoneRescue for iOSはiPhone/iPad/iPod touchからデータを簡単に復元でき、しかもiTunesとiCloudより、以下のメリットがあります:

  • バックアップなしでもiOSデバイスのなくなったデータを分析し復元
  • 連絡先、メッセージ、通話履歴、写真、メモ、LINEのトーク履歴など、iOSデバイス上のほとんどの重要なデータの復元を支持
  • データを一括復元するか、一部だけを復元するか、自由に選択
  • 連絡先、メッセージ、写真、音楽などのデータを直接にiOSデバイスに復元可能
  • 無料で消えたデータをプレビューでき、購入する前に必要なデータを復元できるかを確認可能
  • リンゴループやリカバリーモード、黒画面などの不具合の修復機能を提供し、バージョンアップデートによりシステムの不具合も簡単に解決
  • 暗号化バックアップのパスコードを忘れてもロックを解除できる

もっと詳しいのは:iPhoneをiOS 15にアップデートした後に消えたデータを復元する方法>>

高機能なiOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS

高機能なiOSデータ復元ソフト – PhoneRescue for iOS

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

最後に

以上、iOS 15にアップデート・ダウングレードした後ネットが遅い場合の改善策です。いかがでしょいうか。よくネットに接続して、SNSを投稿したり、ネットで動画見たりする方は、もしiOS 15にアップデート・ダウングレードした後ネットが遅い状態に陥ったら、ぜひオススメの方法を試してください。定番方法を試してもまだネットが遅い場合、AnyFixをダウンロードして試しませんか?お役に立てれば「いいね」、「共有」をお願いします。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン