MacでiPhoneのデータを取り出す方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

MacとiPhoneを同時に持っている場合、携帯のデータをMacに取り出して保存するには、どうすればよいのでしょうか?この記事を参考にしてください。

最終更新日:2021年02月19日

現在、iPhoneとMacを組み合わせて便利になるとよく考えて、この2つのデバイスを同時に持っている方が少なくないでしょう。とはいえ、一方、以下のようなことに悩んでいる方も多くいます。

1. iPhoneのストレージは容量不足になりやすい;

2. iPhone上の写真、動画、曲、連絡先など重要なデータをMacコンピュータに保存したい。

以上の問題を解決するには、MacでiPhoneのデータを取り出すことをおすすめします。こういうとき、iTunesとiCloudがよく使われます。しかし、iPhoneデータの取り出しについては、iTunesはiPhoneデータの取り出しを許可しません。iCloudは一部のデータだけをサポートするほか、5GBまでの無料ストレージを利用できるので、これ以上は有料で購入する必要があります。ここでは、もう一つ方法を紹介します。

必要なツール

MacでiPhoneのデータを取り出したいなら、iPhone/iPad/iPod touch向けの専門のデータ転送ツール - AnyTransをお試しください。なぜですか?

無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版で使い勝手を体験してみると良いかと思います。

MacでiPhoneのデータを取り出す方法

以下の手順を行う前に、AnyTransをお使いのMacにダウンロードしてインストールしてください。ここでは、音楽を例として説明します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

ステップ1: USBケーブル経由でiPhoneをMacに接続 > AnyTransを起動 > 右上のカテゴリアイコンをクリックして管理画面に入ります。(ここで、音楽を例にします)

「音楽」をクリック

「音楽」をクリック

ステップ2: iPhoneから取り出したいデータを選択 > 右上の「Macへ」「iTunesへ」「デバイスへ」アイコンを自由にクリックすると、iPhoneのデータは取り出されます。

「Macへ」ボタンをクリック

「Macへ」ボタンをクリック

おすすめ記事:MacからiPhoneに音楽を取り出す方法

以上、MacでiPhoneのデータを取り出す方法です。そのほか、AnyTransはデータをiPhoneとパソコン、iPhoneとiTunes、iPhoneと別のiOSデバイスの間で転送することも可能です。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。AnyTransのダウンロードはこちら >

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5