iPadの音楽をUSBメモリーに転送するコツ

要約

iPadの音楽をUSBメモリーに転送して、保存したい方々に同ページの記事をおすすめします。

ちょうらんげつ

2016年10月13日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – 数クリックでiPadの音楽をUSBに転送できる

AnyTrans – 手軽にiPadの音楽をUSBメモリーに転送

読む前に、iPad/iPhone/iPodの音楽転送ツール - AnyTransをダウンロードしてください。そうすると、iPadの音楽を簡単にUSBメモリーに転送できます。

iPadの容量不足で音楽をUSBメモリーに転送したいです。 それとともに、大好きな音楽をしっかり守るため、USBに転送して、保存したいです。また、USBメモリーに保存したら、親友たちと共有するのも便利です。しかし、どうやって、iPadの音楽をUSBメモリーに保存できますか?

普段、iOSデバイスのデータの転送ときたら、まず、思い出すのはiTunesでしょう。しかし、iTunesは著作権の原因で、iPadの音楽をパソコン&USBメモリーに転送することができません。では、この場合には、どうすればよいのでしょうか?今日は、ここで、手軽にiPadの音楽をUSBメモリーに転送できるツール -  AnyTransをご紹介します。

AnyTransを使う理由

AnyTransとは、専門のiOSデバイスのデータ転送&管理&バックアップソフトです。このソフトは以下の利点を持っています:

  • iPadの音楽を簡単にUSBメモリーに転送できます;
  • USBメモリーだけでなく、iPhone&Mac&Windows&iPadにも転送できます;
  • 音楽だけでなく、APP/メッセージ/通話履歴/連絡先/メモなどのデータの転送もサポートします;
  • 転送スピードが速いです。10.63MBの音楽の転送は3秒で完成しました。
  • 事前に選択/プレビューすることができるので、転送したい音楽だけをUSBに転送することできます。必要な方々はぜひダウンロードして試してみてください。

iPadの音楽をUSBメモリーに転送するコツ

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをダウンロードしてください。それから、以下の手順に従ってやってください。

ステップ1: iPadとUSBをお使いのパソコンに接続 > マウスでスクロールして、AnyTransのインターフェースが変わりました。

「オーディオ」から「音楽」をクリック

「オーディオ」から「音楽」をクリック

ステップ2:ホーム画面で、「オーディオ」をクリック > 「音楽」をクリックします。

「オーディオ」から「音楽」をクリック

「オーディオ」から「音楽」をクリック

ステップ3: 転送したい音楽を選択 > 「パソコンへ」をクリック > 表示されたウィンドウで「USB」から目的フォルダーを選択 > 「開く」をクリック > iPadの音楽をUSBメモリーに転送しました。

iPadの音楽をUSBメモリーに転送

iPadの音楽をUSBメモリーに転送

AnyTransはもう一つの方法で、iPadの音楽をUSBメモリーに転送することができます。詳細な手順は以下のように:

ホーム画面で、「パソコンへ」をクリック > 「音楽」を選択 > 出力先をUSBメモリーに変更 >「次へ」ボタンをクリック > iPadの音楽をUSBメモリーに転送しました。

最後に

以上の通り、数クリックでiPadの音楽をUSBメモリー転送できます。そして、AnyTransは他のメリットも持っていますよ。例えば:iPadの動画をUSBに転送するとか、iPadの音楽を管理するとか、iPadに音楽/動画/APPを追加するとか、いろいろあります。早速、体験しましょう

また、この記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください