iPadの音楽をUSBメモリーに転送するコツ

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iPadの音楽をUSBメモリーに転送して、保存したい方々に同ページの記事をおすすめします。

最終更新日:2020年10月23日

iPadの容量不足で音楽をUSBメモリーに転送したいです。 それとともに、大好きな音楽をしっかり守るため、USBに転送して、保存したいです。また、USBメモリーに保存したら、親友たちと共有するのも便利です。しかし、どうやって、iPadの音楽をUSBメモリーに保存できますか?

普段、iOSデバイスのデータの転送ときたら、まず、思い出すのはiTunesでしょう。しかし、iTunesは著作権の原因で、iPadの音楽をパソコン&USBメモリーに転送することができません。では、この場合には、どうすればよいのでしょうか?今日は、ここで、手軽にiPadの音楽をUSBメモリーに転送できるツール -  AnyTransをご紹介します。

AnyTransを使う理由

AnyTransとは、専門のiOSデバイスのデータ転送&管理&バックアップソフトです。このソフトは以下の利点を持っています:

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

iPadの音楽をUSBメモリーに転送するコツ

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをダウンロードしてください。それから、以下の手順に従ってやってください。

ステップ1: iPadとUSBをお使いのパソコンに接続 > 右上の「ミュージック」をクリックして管理画面に入ります。

「ミュージック」をクリック

「ミュージック」をクリック

ステップ2:右上の環境設定でをクリックして「一般」項目に入ります。「ファイルのエクスポート先」の右にある「選択」ボタンをクリックして保存先をUSBメモリに設定します。

出力先を設定して音楽を転送

出力先を設定して音楽を転送

ステップ3: 転送したい音楽を選択 > 「PCへ」をクリック > iPadの音楽をUSBメモリーに転送しました。

「PCへ」をクリック

「PCへ」をクリック

AnyTransはもう一つの方法で、iPadの音楽をUSBメモリーに転送することができます。詳細な手順は以下のように:

ホーム画面で、「PCへ」をクリック > 「音楽」を選択 > 出力先をUSBメモリーに変更 >「次へ」ボタンをクリック > iPadの音楽をUSBメモリーに転送しました。

最後に

以上の通り、数クリックでiPadの音楽をUSBメモリー転送できます。そして、AnyTransは他のメリットも持っていますよ。例えば:iPadの動画をUSBに転送するとか、iPadの音楽を管理するとか、iPadに音楽/動画/APPを追加するとか、いろいろあります。早速、体験しましょう

また、この記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5