iCloudのバックアップやゴミ箱からiCloudメールを復元する方法

がみ

Follow @iMobie_Inc

Apple製品のファンで、iOSデバイスをもっと気楽に利用する小技を皆さんにシェアしたいと思います。

この記事はiCloudメールを復元する方法を2つ解説していきます。

最終更新日:2018年11月06日

iCloudのバックアップやゴミ箱からiCloudメールを復元したりすることが出来ると知っていましたか?誰しも、なんらかのタイミングでiCloudメールのデータが消えてしまうことがあると思います。仕事でiCloudメールを使っていた人は、なくてはならないデータもあったりするので、非常に困りますよね。しかし、そのデータ意外と簡単に復元することが出来るかもしれません。

そこで今回は、そういった方に向けて、iCloudのバックアップからiCloudメールを復元する方法、また、削除してしまったiCloudメールを復元することが出来る方法についてご紹介していきます。

iCloudのバックアップからメールを復元

Appleの公式ドキュメントによると、iCloudメールのデータは基本的にiCloud上に勝手に保存されるので、バックアップを取る必要はありません!ただ、メールのアカウント情報は、iCloudバックアップの対象になるため、初期化した場合、iCloudのバックアップを復元した時にメールも同時に復元される仕組みになっています。

そのため、iCloudにログインしていれば、基本的にメールが見れないということはないのですが、稀になぜかメールが見れない状態に陥る方がいます。ここでは、iCloudをバックアップしているのにも関わらずメールが復元されない時の対処法についてご紹介していきます。

①ホーム画面から「設定」を選択、1番上の自分の名前が書いてあるバーを選択します。

iCloudからメールを復元する方法 - 1-1

iCloudからメールを復元する方法 – 1-1

②「iCloud」を選択、「メール」の項目のスライドバーがオンになっているかどうかを確認。

iCloudからメールを復元する方法 - 1-2

iCloudからメールを復元する方法 – 1-2

iCloudを復元してあるにも関わらず、メールが復元されない人は、iCloudで「メール」の項目にチェックが入っていないことがほとんどです。そのため、バックアップ終了時に必ず確認するようにしてください。

ゴミ箱からiCloudメールを復元

iCloudメールには、「ゴミ箱」という項目があるのをご存知でしょうか。iCloudのデフォルトの状態では、削除されたメールがここに1週間ほど保存されます。

一定の期間はここに保存されるのですが、その期間を過ぎてしまうと基本的に、もうiCloudにそのメールを復元することはできません。そのため、ここではゴミ箱に削除済みのメールを保存しておく方法をご紹介していきます。

①ホーム画面で「設定」を選択、1番上の自分の名前が書いてあるバーを選択します。

iCloudからメールを復元する方法 - 2-1

iCloudからメールを復元する方法 – 2-1

②「iCloud」を選択、1番下にある「メール」を選択します。

iCloudからメールを復元する方法 - 2-2

iCloudからメールを復元する方法 – 2-2

③「詳細」を選択、「削除」を選択します。

iCloudからメールを復元する方法 - 2-3

iCloudからメールを復元する方法 – 2-3

④ここで、「しない」、「1日後」、「1週間後」、「1ヶ月後」と選択肢が表示されるので、自分が保存しておきたい期間を選択します。

iCloudからメールを復元する方法 - 2-4

iCloudからメールを復元する方法 – 2-4

以上の手順で、ゴミ箱のメールを保存しておく期間を選択することが出来ます。基本的に1ヶ月くらいにしておくと、消してしまっても後々楽かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、iCloudのバックアップやゴミ箱からiCloudメールを復元する方法についてご紹介してきました。iCloudのバックアップを取っておくと、メールを間違って消してしまった後でも、復元することが出来ます。iCloudメールを復元したい人は、是非とも本記事でご紹介した方法を試して見てくださいね。

ホーム PhoneRescue ® for iOS iCloudのバックアップやゴミ箱からiCloudメールを復元する方法
メールでのお問い合わせ
PhoneRescue ® for iOS

消えたiOSデータをかなりの高確率(業界No.1)で復元する

今すぐ無料おためし世界で750万人以上が愛用する