iTunesからiPhoneに曲を入れる3つの方法

パソコンのiTunesからiPhoneに曲を入れるには、どうしたらいいのでしょうか?このガイドを読んだら、iTunesに保存されている曲をiPhoneに移行することができます。

ばくてい 最終更新日: 2020年12月23日

機種変更で新しいiPhoneを購入し、またはiPhoneの曲が消えた時に、どうすれば音楽を速くインポートしますか?ご存じの通り、パソコンのiTunesにあるミュージックを利用すると、iPhone 12(Pro)/12mini/11のミュージックライブラリを再構築することができます。そのため、本記事はiTunesからiPhoneに曲を入れる3つの方法を解説します。
目次

方法1、iTunesの曲を選択して必要な曲だけをiPhoneに入れる

iTunesって、時々重くて、不具合もよくあります。それで、iTunesの曲をiPhoneに入れることができない場合もよくあります。

素早い転送速度を求めるの方、iTunesに代わる多機能のAnyTransを利用しましょう。  AnyTransは1000万人以上のユーザーが愛用のiPhoneデータ転送・管理専門ツールで、しかも、iPhoneの既存の曲などのデータを上書きしないので、とても安心で利用できるソフトです。

AnyTransは、無料試用版と有料版が用意されています。まずは無料試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいかもしれないね。

AnyTransを使ってiTunesからiPhoneに曲を入れる

Step 1:AnyTransをダウンロードします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ダウンロードする際に、ブラウザやパソコンの仕様により警告が表示されることがあります。Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTrans にウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。どうかご安心してご利用ください。

Step 2:AnyTransをパソコンで立ち上げ > iPhoneを接続 > 「iTunesライブラリ」というオプションをクリックします。

「iTunesライブラリ」を選択

「iTunesライブラリ」を選択

Step 3: iTunesライブラリの管理画面に入り > iTunesからiPhoneに入れたい曲を選択 > 右上の「デバイスへ」アイコンをクリックします。

iTunesからiPhoneに音楽を追加

iTunesからiPhoneに音楽を追加

すると、iTunesのデータ転送は始まります。

また、iTunesからiPhoneに曲を入れる方法をまとめた動画はこちら>>

手元にUSBケーブルがない場合やiPhoneがコンピュータに認識されない場合、「AnyTrans – 転送&共有 」アプリを使って、音楽を無線でPCからiPhone転送できます。注意としてはPCとスマホは同じWi-Fiネットワーク内にある必要があります。Step 1. iPhoneのApp Storeから「AnyTrans – 転送&共有」アプリをダウンロードします。

Step 2. コンピュータのブラウザを開いて、anytrans.ioにアクセスします。

Step 3. iPhoneで「AnyTrans」を起動して、右上の「Web版に接続」をタップ > PCに表示されている「QRコード」を読み取ります。

Step 4. 「音楽」を選択 > 「アップロード」をクリック > パソコン上の音楽を選択 > 「開く」をクリックすればパソコンからiPhoneへ音楽をワイヤレス転送できます。

パソコンの音楽をワイヤレスでiPhoneに転送

パソコンの音楽をワイヤレスでiPhoneに転送

方法2:iTunes経由でiTunesの曲をiPhoneに入れる

データが消えたり重複しないように、まずはiTunesの「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください

iTunesを起動 > 左上にある編集項目をクリック > 「環境設定」を選択 > 表示された設定画面から「デバイス」タブをクリック > 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」チェックボックスを選択 > 「OK」をクリックします。

iTunesの「自動同期」の設定をオフにする

iTunesの「自動同期」の設定をオフにする

もし今のiTunesライブラリには好きな曲がなくて、パソコンやCDからiTunesへ音楽の入れ方を探したいとしたら、こちらの記事:iTunesへのMP3ファイルの取り込み方を参考してください。

それでは、本題に入り、さっそくiTunesからiPhoneに曲を入れる方法を解説しましょう。

Step 1: iTunesを立ち上げる > USBケーブルでiTunesとiPhoneを接続 > 左上のアイコンをクリックし、iPhoneの管理画面に入ります。

Step 2: 「概要」で「音楽とビデオを手動で管理」チェックボックスを選択 > 適用をクリックしてください。

「音楽とビデオを手動で管理」を選択

「音楽とビデオを手動で管理」を選択

Step 3: 左側の「ミュージック」をクリック > 右の「音楽を同期」 > 「ミュジックライブラリ全体」を選択したら、下の「適用」ボタンをクリックしてください。

iTunesからiPhoneにミュージックを同期する

iTunesからiPhoneにミュージックを同期する

特定なプレリストやアーティストなどの曲を同期したい場合、「選択したプレリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」というオプションを選択して、「同期」または「適用」をクリックしましょう。

特定ジャンルの曲を転送する

特定ジャンルの曲を転送する

時々、iTunesから曲を転送できないという声もあります。iTunesからiPhoneに曲を入れることができない原因は、自分のiPhoneで「iCloudミュージック」をオンにしたかもしれません。

iCloudミュージックが「オン」の場合、下図の表示が出ます。この状態では、iPhoneとiTunesとの曲同期はできなくなります。

iCloudミュージックがオンの場合

iCloudミュージックがオンの場合

iTunesを介してパソコンからiPhoneに音楽を入れたいとしたら、まずはCloudライブラリを「オフ」にしてください。

ツール:設定 > ミュージックに入り、ライブラリを同期を「オフ」にします。

Cloudライブラリを「オフ」にする方法

Cloudライブラリを「オフ」にする方法

これで、iTunesからiPhoneに曲を入れることができます。また、この方法をはじめる前に、必ず次の点を注意してください:

  • iTunesでiPhoneに曲を入れると、iPhone内の音楽データが上書きされます。
  • 具体的な曲(曲名、アーティスト名など)をプレビューし、選択することはできません。
  • iTunesでアルバムやジャンルなどを分けて同期できます。ただ、特定のある曲のみを選択して転送したいとしたら、方法1のAnyTransを利用しましょう。

iPhoneの音楽をiTunesに同期する方法

方法3:PhoneTransでiTunesの曲をiPhoneに転送

上記の2つ以外、もう一つの方法:PhoneTrans経由でもiTunesの曲をiPhoneに転送することもできます。

1. PhoneTransをパソコンにダウンロードして、起動します。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

2.「スマホデータ復元」 > 「iTunesライブラリからデータ移行」または「メディアライブラリ」の順にタップし、「開始」ボタンをクリックすると、iTunesライブラリにあるデータはiPhoneへ移行することができます。

 WindowsとmacOS Catalina以前では「iTunesライブラリからデータ移行」と呼ばれ、macOS Catalina以降は「メディアライブラリ」となります。
「iTunesライブラリからデータ移行」を選択

「iTunesライブラリからデータ移行」を選択

3.iPhoneをUSBケーブルでPCに接続したら、「転送」をクリックしてください。

「転送」をクリック

「転送」をクリック

4.次の画面で「ミュージック」にチェックをいれ、「今すぐ転送」ボタンをクリックします。

ミュージックを転送

ミュージックを転送

5.すると、曲の転送は始まります。しばらくすると、転送は完了します。

転送完了

転送完了

最後に

以上がiTunesからiPhoneに曲を入れる3つの方法です。上記が紹介した方法について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有してね~

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。