iPadからiPhoneへカレンダーを同期するには

要約

iPadからiPhoneへカレンダーを同期する方法を探していますか?この文章はiPadからiPhoneへカレンダーを同期する方法をご紹介します。

リュウラン

2015年12月03日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhoneの間にファイルを転送するプロなツール

AnyTrans – 強力なiPhone転送ツール

AnyTransをダウンロードして、この文章を読んだ後、iPadからiPhoneへカレンダーを同期することを試しましょう。

iPadからiPhoneへカレンダーを同期する

Image Credit:justit.cz

iOSのカレンダーアプリは、スケジュールの管理、用事のリマインダー、日付けの調べなどのことをよくできるツールです。iPhone、iPad、iPodを通じて、カレンダーを作成・編集して、仕事と日常生活をもっと便利にさせます。

リマインダーをiOSデバイスで管理することが便利ですが、時々、作成されたカレンダーを違うデバイスで編集したいこともあります。例えば、iPadで編集したカレンダーをiPhoneにチェック、編集したい場合があります。しかし、多くのユーザーはiPadからiPhoneへリマインダーをエクスポートする方法がわかりません。皆さんがAppleのデバイスのカレンダー機能をもっと活用できるため、ここでカレンダーをiPadからiPhoneへ同期できる素敵なソフトウェア―AnyTransをご紹介します。

お見逃しなく:iPhoneからiPhoneへメッセージを同期するには>

AnyTransはiTunesの万能な代案として、iTunesの機能を含めて、より多くの転送・管理機能が付いています。楽に好きな曲をバックアップしたり、プレイリストを編集したり、ファイルを共有したりことができます。それに、iTunesより操作がはるかに簡単です。例えiTuneに苦手でも、次のチュートリアルを読んだら、AnyTransを使ってiPadからiPhoneへカレンダーを同期する方法が分かるようになります。

次はiCloudとAnyTrans2つのツールを通じて、iPadからiPhoneへカレンダーを同期する方法をご紹介します。

iCloudでiPadからiPhoneへカレンダーを同期するには

iCloudを設定して、自動的にiPadとiPhoneのカレンダーを同期できます。

ステップ1、iPhoneで「設定」をタップして、「iCloud」の管理画面に入ります。

ステップ2、Apple IDをログインします。

ステップ3、カレンダーのボタンをオンにします。

ステップ4、 以上のプロセスをiPadに繰り返して、同期ができます。

AnyTransでiPadからiPhoneへカレンダーを同期するには

iCloudで同じiCloud IDのiPadとiPhoneの間でカレンダーを同期することができますが、もしWi-Fi 環境がなかったり、違うiCloud IDにサインインしている場合はどうしますか?AnyTransのクローン機能を使うと、以上の状況でも簡単にiPadからiPhoneへカレンダーを同期することができます。次は詳しい手順をご説明します。

ステップ1、AnyTransを起動して、iPadとiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

ステップ2、iPadの管理画面にクローン機能のアイコンをクリックして、「次へ」をクリックします。

AnyTransでiPadからiPhoneへカレンダーを同期する ステップ2

AnyTransでiPadからiPhoneへカレンダーを同期する ステップ2

ステップ3、カレンダーの項目をチェックして、「開始」をクリックします。

AnyTransでiPadからiPhoneへカレンダーを同期する ステップ3

AnyTransでiPadからiPhoneへカレンダーを同期する ステップ3

カレンダーだけでなく、連絡先、メッセージ、音楽、アプリなどのコンテンツもAnyTransで簡単に転送できます。それでは、さっそくAnyTransをダウンロードして、iPadからiPhoneへカレンダーを同期することを始めましょう。もしこの文章になにか質問等ございましたら、気楽に問い合わせください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください