MacでiPodの曲をiTunesに入れる方法

iPodの曲をMacのiTunesライブラリに転送したいですか?次のガイドは、迅速かつ簡単にiPodの曲をiTunesに入れる方法を一つご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年08月24日

「iPodからMacのiTunesに、曲やプレイリストを入れたいですが、何かいい方法はありますか?」

- Yahoo 知恵袋

上述のように、iPodの空き容量を増やす、買い換えたMacへ音楽データを転送して、iTunesライブラリを再構成する場合、iPodの曲をMacのiTunesに移す必要がありますよね。でも、著作権保護の観点で中の曲を取り出せません。その場合には、専門的なiPod転送ソフトをおすすめします。そうすれば、iTunesのデータが誤って削除されたり、Macが壊れたり、新しいMacを買い換えたりする場合、iPodに保存している大切な曲を簡単にiTunesに入れます。

おすすめツール

MacBook Pro/MacBookAir/iMacなどでiPodの曲をiTunesに入れるには、転送ソフト – AnyTransを使えば簡単です。この転送専用ソフトを利用したら、iPodからデータをiTunesへ入れることを可能にさせます。そして、以下の特性も持っています:

  • 便利 – 「曲を選択」⇒「転送ボタンをクリック」の簡単な2ステップで、iPodの曲をMacのiTunesへ入れることが完了
  • 安全 – iPod/iTunes/Mac上の既存のデータが誤削除されることはない
  • 簡単 – 操作画面が分かりやすく、iPod/iTunes初心者も手軽に使える
  • 迅速 – 1分間で200曲をiPodからiTunesへれることができる
  • 多機能 – 曲だけでなく、プレイリスト、動画、着信音、写真などのデータもiPodからiTunes/Macへ入れることができる。

権威コメント:

“AnyTrans4 – 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。”

“転送は比較的速いです。大容量の動画の転送もでき、好きな映画などをiOSデバイスで楽しみたい場合などに便利です。”

“「AnyTrans」という名前のアプリで、Mac版とWindows版があります。出来ることはiTunesと被る部分もありますが、より細かなところまで手が届くのが特徴です。”

無料試用版と有料版が用意されています。使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料試用版で使い勝手を体験してみると良いかと思います。

MacでiPodの曲をiTunesに入れる方法

ステップ1.MacでAnyTrans をダウンロードします。

公式サイトまたは次のダウンロードボタンからAnyTransをパソコンにダウンロードしてください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

ステップ2.カテゴリ別管理画面に入ります。

AnyTrans を起動して、iPod touch・iPod shuffle・iPod nano・iPod classicをUSBケーブルでMacに接続してください。次の画面が出たら、「音楽」をクリックしてカテゴリ別で管理の画面に入ります。

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

- AnyTransのダウンロード・インストール・起動・言語設定などに不明な点がありましたら、AnyTrans の使い方をご参考ください。

–  このソフトはiPodのデータを自動にスキャンするまで少し時間がかかります。少々お待ちください。

ステップ3.「音楽」をクリックします。

iTunesに入れたい音楽を選択し、右上の「その他」ボタンをクリックして「iTunesへ」アイコンをクリックしてください。

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

ステップ4.MacでiPodの曲をiTunesに入れます。

転送が始まります。しばらくすると、iPodの曲がMacのiTunesに転送されました。iTunesで移された曲を確認してください。

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

MacでiPodの曲をiTunesに入れる

1.AnyTransは曲だけでなく、プレイリスト、動画、写真、着信音、連絡先などのデータをiPod touch/shuffle/nano/classicからMacのiTunesに入れることができます。そして、必要があれば、MacからデータをiPodに入れることも簡単です。

2.この便利な転送ソフトはMacだけでなく、WindowsパソコンでiPodからiTunesへ音楽を入れることもサポートします。

AnyTransを含め、音楽転送機能が比較的似ている各ツールの違いを理解するために、いろいろなテストを行い、そのテスト結果から次のツール比較表を完成しました。

ツール名 AnyTrans Fone**転送 Tune** Copy**
評価 ★★★★ ★★★ ★★★
双方向転送 ×
転送速度 55秒/100曲 4分7秒/100曲 2分24秒/100曲 1分56秒/100曲
使いやすさ 使いやすい 使いやすい あまり使い勝手は良くない 使いづらい
画面表示 直感的で分かりやすい 少しわかりにくい 字が読みにくい わかりにくい/文字化け
軽快性 たまには遅いが、
全体的に快適に使える
少し動作が重い 少し反応が遅い 動作が遅い
クラッシュする不具合
安定性 高い 少し安定性がない 高い 頻繁にトラブルが発生
体験版 7日間1日50曲まで
転送可能
合計30曲まで
転送可能
合計30曲まで転送可能 合計100曲まで転送可能
機能性 沢山の機能が搭載されている それ以外の機能は少ない それ以外の機能は少ない 音楽&ビデオだけ;Mac非対応
価格 3980円(税別) 3980円(税別) 4980 円(税込) 2680円(税込)
返金保障 60日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証
無料体験 今すぐダウンロード

Note:「双方向転送」はデバイスとパソコン/iTunes間で双方向にファイルを転送することです。

本記事をiPhone/iPad/iPodでご覧の方限定! AnyTransはMacとWindows両方に対応しているPCソフトで、モバイル端末からダウンロードできません。皆様のご支援に感謝の意を表すように、モバイル端末から購入されるお客様に本日半額セールを特に提供しております!

モバイルからのご利用方法:モバイルで購入 → パソコンでメールに記載されているライセンスコードやダウンロードURLを確認 → AnyTransをダウンロードしてライセンスコードを入力します。

お見逃しなく:iPodから曲を簡単に削除する方法 >

最後に

以上の手順で、MacでiPodの曲をiTunesに入れることが完成しました。非常に簡単でしょう。この方法は、iPhone/iPadからMacのiTunesへ曲を入れる場合も適用します。今すぐAnyTransをダウンロードして体験しませんか?この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。