iPhoneのストレージが計算中のままで読み込めない時の対策

この記事は、iPhoneストレージがうまく表示できない時の対策の1つとして、iPhoneからパソコンへ大切なデータを転送する方法をおすすめします。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年02月24日

iPhoneを長く愛用する方はおそらくこんな悩みがあるでしょう。ストレージの容量を確認したいけれども、画面がずっと読み込みのままで、詳細情報がうまく表示されないことが発生することがあります。こういう状況を放っておくと、空き容量がどんどん失くなっていくことも気付けず、データやアプリの管理に大変不都合が生じます。

今回はその対策の1つとして、必要なデータをパソコンへ転送できるツールAnyTransを皆さまにおすすめします。

なぜiPhoneのストレージを確認

iPhoneのストレージはデータを保存するための領域です。アプリや音楽、写真、動画、またキャッシュファイルなどのデータすべてがストレージに保存されます。その容量は機種仕様により128GBから1TBまでもあります。

データ管理がしっかりしている方は常にストレージ容量の内訳を監視したいでしょう。iPhoneのストレージ情報は「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から確認できます。そこからカテゴリに分類される容量の使用割合だけでなく、各アプリごとの大きさも表示されます。

iPhoneのストレージを確認

iPhoneのストレージを確認

ストレージの詳細情報を常に心がけると、容量が足りたくなる前に適切な対処が取れます。例えば長く使用されていないアプリを削除したり、自動削除されていないキャッシュデータをクリアしたりして、iPhoneが軽く動ける環境を確保します。

しかし、そのストレージ情報が「設定」からiPhoneのストレージを確認したい時、カテゴリのサイズが中々読み込めず、画面がずっと計算中のままでうまく表示されないこともあります。それはなぜでしょう?

ストレージがなぜ読み込み中のまま?

ストレージが表示されない原因は以下と考えられます。

  • お使いの端末が古い、性能が落ちて動作が重くなっています。
  • アプリや写真・動画などのデータが多くて、読み込みに時間がかかります。
  • バックグラウンドで開いているアプリが多すぎて、キャッシュファイルを保存できる場所が足りず、iPhoneの動作が重くなっています。
  • iOSシステムに不具合かバグがあります。

ストレージがうまく表示されない時の対策

この状況を確実に解決できる方法は現在ないと言われています。もしかすると有効な方法は下記のものです。

  1. 再起動か、電源を入れ直します。
  2. 「設定」を含むバッググラウンドにあるすべてのアプリを閉じます。
  3. iOSを最新バージョンにアップデートしてみます。
  4. 低電力モードをオフにします。
  5. 機内モードをオンにしてからまたオフにします。
  6. 「iPhoneストレージ」画面に入った瞬間に、コントロールセンターをスワイプして出してみます。
  7. 前の6つとも直れない場合、不要なアプリや音楽・写真・動画データを削除して、十分な空き容量を確保を確保しましょう。

アプリ・データがどちらも捨てがたい、削除してしまったら惜しいと思う場合は、パソコンかほかの端末に移行したほうがいいでしょう。しかし、周知の通り、iTunes、iCloudの同期には大きな制限があり、一部音楽などのデータは自由に移行できません。ここで皆さまにぜひおすすめしたいツール(AnyTrans)があります。

おすすめのデータ管理ツール

AnyTransはiMobie社に開発されたiPhoneのデータを手軽に転送・管理できるツールです

AnyTransを利用すれば、データを必要なだけパソコンへ転送できます。AnyTransは最新のiOSバージョンも対応し、iPhoneだけでなく、iPad・iPodなどApple社製の端末もほぼすべて対応できます。使い方はとても簡単:

Step1:公式サイトからAnyTransをパソコンにダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step2:AnyTransを開く、USBケーブルでiPhoneを接続したら、AnyTransはiPhoneを自動検出できます。デフォルト画面は下図のようになります。音楽を移行したい場合は画面右側にある「オーディオ」をクリックします。

「ミュージック」をクリック

「ミュージック」をクリック

Step3:音楽オプションの画面が出たら、転送したいファイルを選んで、右上にあるボタンをクリックし、保存先を選べば、音楽をパソコンへ転送できます。

iOSデバイスの音楽を転送

iOSデバイスの音楽を転送

転送完了した場合は以下の画面が表示されます。

※写真、ビデオ、メッセージ、アプリなど他のものを転送したい場合は、デフォルト画面から相応のボタンをクリックしましょう。また、「…」ボタンをクリックしたら、カテゴリ別にファイルを管理できます。

終わりに

今回は、iPhoneストレージが計算中のままで、うまく表示されない状況の原因といくつかの対策をご紹介しました。その中、気軽にデータを転送できる方法として、AnyTransを皆さまにおすすめしました。AnyTransは便利な機能が大勢揃っています。もしiPhoneを初期化したかったら、AnyTransでバックアップも取ります。

お使いのiPhoneを新しいものに買い替えたかったら、AnyTransを使えば、アプリごと新しい端末への移行もできて、App Storeからダウンロードしてインストールする必要がありません。iPhone を気軽に管理したい方は、ぜひともAnyTransを使ってみてください

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン