iPadからiPhoneへ、LINEのトーク履歴の移行する方法を詳しく説明!

今回の記事はiPadからiPhoneへLINEのトーク履歴の移行する方法を解説していきます。方法がわからない方はぜひ参考にしてください。

ばくてい 最終更新日: 2021年04月21日

ご利用した機種が変更する時は、LINEアカウントの引き継ぎが必ず行う作業なので、事前に何も準備せず、新端末でLINEを登録すると、旧端末に保存されたデータが消えてしまう可能性があります。これからは、iPadからiPhoneへ、LINEのトーク履歴の移行する方法を解説していきます。

方法1:LINEでiPadからiPhoneへデータの引き継ぎをする

【事前準備】:iPadでLINEアカウントの設定、トーク履歴のバックアップ、iPadで「「アカウント引き継ぎ」の設定

ステップ1:iPadでLINEアカウントを設定しておきましょう

最初は電話番号のみで登録し、LINE IDやパスワードを設定していなかった方が多いです。念のため、LINEアカウントを作っておきます。まず、LINEアプリを開き、「ホーム」をタップします。

LINEアプリを開く

LINEアプリを開く

次に、「アカウント」を選択します。

「アカウント」を選択

「アカウント」を選択

以下の画面が表示され、電話番号やメールアドレスとパスワードを設定します。そのほかは、アップルアカウントやフェイスブックも連携できるので、ご自由に設定してください。

電話番号やメールアドレスとパスワードを設定

電話番号やメールアドレスとパスワードを設定

ステップ2:LINEのトーク履歴をバックアップしておきましょう

前回のように「設定」を開き、「トーク」をタップします。

「トーク」をタップ

「トーク」をタップ

次の画面に入ると、「トークのバッグアップ」をタップします。

「トークのバッグアップ」をタップ

「トークのバッグアップ」をタップ

そして、バックアップしたトーク履歴を復元するためには、アカウント引き継ぎを始める前に、「iCloud Drive」をオンにする必要があります。iPadの「設定」を開き、自分のアカウントに入り、「iCloud」をタップします。

「iCloud」をタップ

「iCloud」をタップ

次は、「iCloud Drive」をオンにしておきましょう。

「iCloud Drive」をオンにする

「iCloud Drive」をオンにする

ステップ3: iPadで「アカウント引き継ぎ」を設定しておきましょう

まず、「設定」を開き、「アカウント引き継ぎ」をタップします。

「アカウント引き継ぎ」をタップ

「アカウント引き継ぎ」をタップ

次の画面に入り、「アカウントを引き継ぐ」をオンにすると、提示画面が表示されます。引き継ぎは36時間以内で完了することをご注意ください。制限時間を超えると、もう一回設定する必要があります。

提示画面が表示される

提示画面が表示される

【iPadからiPhoneへ、トーク履歴を移行する】: iPhoneでLINEをインストールし、または登録しましょう。

まず、iPhoneでLINEアプリをインストールしておきます。

iPhoneでLINEアプリをインストール

iPhoneでLINEアプリをインストール

次に、「電話番号でログイン」をタップします。

「電話番号でログイン」をタップ

「電話番号でログイン」をタップ

電話番号を入力した後に、iPhoneには認証番号が届きますので、LINEの登録画面に入れればオッケーです。次のように、「はい、私のアカウントです」をタップします。

「はい、私のアカウントです」をタップ

「はい、私のアカウントです」をタップ

提示画面の指示に従い、パスワードも入力してください。

パスワードを入力

パスワードを入力

次の画面が表示され、事前準備としてトーク履歴のバッグアップが完了したので、ここで「はい、トーク履歴を復元します」をタップすれば、iPadと同様なトーク履歴が表示してきます。

「はい、トーク履歴を復元します」をタップ

「はい、トーク履歴を復元します」をタップ

これで、ようやくiPadからiPhoneにLINEのトーク履歴を移行しました。面倒だなあと思う方が多いと思いますが、トーク履歴のバッグアップやiCloud Driveも忘れずにオンにしなければならない、「アカウントを引き継ぎ」ボタンを押さないといけないみたいで、1箇所だけ忘れると元のデータが失われ、復元できない可能性もあります。もっと簡単な方法なかったですか?

では、超シンプルに一発でLINEのトーク履歴が移行できる方法2を説明して行きます。

方法2:データ転送の専用アプリである「AnyTrans」を利用し、iPadからiPhoneへトーク履歴を移行する

まず、検索エンジンから「AnyTrans」を検索して公式ウェブサイトからダウンロードします。

公式ウェブサイト

公式ウェブサイト

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

指示通りにインストールし、デスクトップで「AnyTrans」のアプリアイコンをクリックして開きます。

「AnyTrans」のアプリアイコン

「AnyTrans」のアプリアイコン

次に、iPadのライトニングケーブルをパソコンに接続し、「AnyTrans」には以下の画面が表示されます。

iPadをPCに接続

iPadをPCに接続

そして、左側に「ソーシャルアプリのデータ移行」のアイコンをクリックし、以下の画面が表示されます。そして、「選択したメッセージアプリ」を「LINE」に切り替えてください。さらに、下側の「今すぐ転送」をクリックします。

iPhoneからiPhoneにLINEを引き継ぐ方法

iPhoneからiPhoneにLINEを引き継ぐ方法

次の画面に提示された通り、iPadとiPhoneを選択します。

iPadとiPhoneを選択

iPadとiPhoneを選択

iPhoneに接続する時は、注意画面が表示されますので、「信頼」をタップしてください。それに対し、パソコン側は、「続行」をクリックします。

次は、移行中の画面に入ります、完了するまで少し時間かかりますので、接続が中断されないようにご注意ください。すべて完了になると、「転送完了」の提示画面が表示されます。

LINEデータの転送

LINEデータの転送

機種変更時AndroidからiPhoneにLINEの引き継ぎ方法

追加Tip: アプリとアプリデータを自由選択してパソコンにバックアップする方法

AppTransはアプリ向け専用の転送・バックアップ・復元ソフトで、利用すると、iPhone・Androidに保存されているアプリとアプリデータをパソコンにバックアップして保存できます。そして、いつでもそのバックアップの中身をプレビューでき、パソコンに抽出することができます。それでは、今すぐAppTransを無料ダウンロードして体験しましょう!

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

バックアップしたLINEを確認

バックアップしたLINEを確認

まとめ

以上は、iPadからiPhoneへLINEのトーク履歴を移行する2つの方法です。LINE自体で二つデバイスの間に、データを復元するという方法は、慣れた人に対して難しい作業ではありませんが、初心者としては、リスクがある方法だと考えられるだろう。一つのステップが間違っていると、元のデータが失われることになります。

そのほかに、専門なデータ管理アプリである「AnyTrans」を利用すれば、素早くで、より快適にLINEのトーク履歴をほかのデバイスへ移行できますので、使いやすさも遥かに増しています。それでは、今すぐこのソフトをダウンロードして体験しましょう!

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。