iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

iPhone 8でネットを使いたいが、「PDP認証に失敗しました」という表示が出てしまった時はありませんか?その時、どうすればいいでしょうか?このガイドはiPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策を詳しくご紹介します。

最終更新日:2018年10月11日

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た

以上のように、Safariを開くときに、「データ通信機能を起動できませんでした」「PDP認証に失敗しました」というウィンドウが表示されます。そして、ネットに繋がらなくなりました。いったいなんでしょうか?この問題を解消するために、次のガイドを読みましょう。

対策1.APN構成プロファイルをインストール&更新する

1.APN構成ファイルの削除

お使いのiPhone 8にAPN構成ファイルがインストールされた場合、まず。不具合の起きているAPN構成プロファイルを削除します。

iPhone 8のホーム画面で「設定」 > 「一般」 > 「プロファイル」 > 「プロファイルを削除」の順にタップします。

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策 1

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策 1

2.APN構成プロファイルのインストール

Step 1、APN構成プロファイルのインストール用ページを開く > 各URLをクリックして、自動的にダウンロードします。

Step 2、右上の「インストール」 > パスワードを入力しします。

Step 3、インストール確認の画面で、右上の「インストール」 > 「インストール」を押します。

Step 4、「完了」ボタンをタップします。

au回線の場合はこちらです。iPhone5や、5Cの場合は専用のプロファイルがありますので注意してください。

Docomo回線の場合は、APN構成プロファイルは1つしかありません。< pasolack.comより>

対策2.ネットワーク設定をリセット

Wi-Fiが繋がらなくなったら、ネットワーク設定をリセットすることで解決できるかもしれません。

「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「ネットワーク設定をリセット」 > 「パスワード」を入力して、ネットワーク設定がリセットされます。

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策 2

iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策 2

最後に

以上はiPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策です。いかがでしょうか?また、iPhoneがWi-Fiに繋がらないときに試したい対処法はこちら>

これらの方法を試した上でどうしても、「PDP認証に失敗しました」というエラーメッセージが表示されると、iPhoneをAppleの窓口に持参するか送付してサポート担当者の判断をあおぐようにしてください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iPhone 8で「PDP認証に失敗しました」が出た時の対策
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!