iCloudバックアップが遅い場合時間を短くさせる6つの方法

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

iCloudでiPhoneのデータをバックアップする時、どうしても終わらない/進まないです。時間や手間もかかります。そのため、この記事はiCloudでバックアップの時間を短くさせる対策を6つご紹介します。

最終更新日:2018年10月18日

iPhoneのコンテンツをPCにバックアップ「AnyTrans® for iOS」

素敵な転送ソフトAnyTrans for iOSをダウンロードして使ってみませんか?AnyTrans for iOSはiPhone/iPad/iPodからデータを簡単にパソコンに転送でき、大切なデータをバックアップできます。

iCloudは、Appleが提供している便利なバックアップツールです。コンピュータに接続必要はなく、Wi-Fiネットワークを利用するだけで、iPhoneに保存しているカレンダー、書類、写真、動画、または連絡先などの大切ばデータをiCloudにバックアップして安全に保管できますから、便利です。

しかし、iCloudでバックアップを取る時、速度が遅くて時間かかりすぎることはよく発生します。更に、バックアップ途中で前へ進まない/バックアップが終わらない不具合もあります。もしそのような状況に会ったらどうすればいいですか?この文章は、iCloudバックアップが遅い場合時間を短くさせる対策を6つご紹介します。

おすすめ記事:iCloudメールアドレスを作成する方法>

iCloudバックアップが遅い時の対処法

iCloudバックアップに必用な時間はバックアップ容量やネットワークの速度などに影響されますが、以下の対策をしたら、バックアップが遅い状況が改善できます:

方法1 – 高速&安定なWi-Fiネット環境でバックアップする

iCloudを使ってデータをバックアップするのは、ネット環境が必要です。もし、Wi-Fiのネット環境が不安定であったら、iCloudバックアップが進まない/終わらないでしょう。なので、高速&安定なWi-Fiネットワークを利用することをおすすめします。

方法2 – iPhone/iPad/iPod touchから要らないデータを削除する

iPhoneに保存しているデータが多すぎると、iCloudでバックアップの時間がかかりすぎます。なので、バックアップする前、 まずはiPhone/iPad/iPod touchから利用していないアプリや写真、不要なメッセージ及添付ファイルなどの不要なデータを削除したほうがいいです。

方法3 – サイズの大きなファイルのバックアップを無効にする

サイズの大きなアプリや写真データ、書類とデータのバックアップを無効にしてください。

サイズの大きなファイルのバックアップを無効にする方法はこちらです:「iCloud」 > 「容量」 > 「ストレージを管理」 > 「バックアップ」に入って、「バックアップするデータを選択」の下にデータの容量を確認して、サイズの大きなファイルのバックアップを無効にします。

サイズの大きなファイルのバックアップを無効にする

サイズの大きなファイルのバックアップを無効にする

それらのデータをバックアップするには、iTunesを通じてパソコンにバックアップしたり、転送ソフトAnyTrans for iOSを使ってパソコンに転送できます。

方法4 – 必要なデータだけをバックアップする

必要なデータだけをバックアップして、不要なデータのバックアップをオフにしてください。例えば、もし一部のアプリデータだけをバックアップしたいなら、他のアプリデータのバックアップをオフにしてください。ここで、iPhoneをバックアップするために、3つのツールをおすすめします。詳しくこちらへ:3つのiPhoneバックアップソフト&ツールをおすすめする>

方法5 – 写真をバックアップするのを避ける

もしお使いのiPhoneやiPadで多くの写真が保存されているなら、写真のバックアップは多くの時間がかかるかもしれません。従って、iCloudで写真をバックアップするのを避けるのをおすすめします。

しかし、重要な写真をバックアップするのが大事なので、以下の3つの方法でバックアップできます:

1.iCloudフォトライブラリーに写真を同期します:「iCloudフォトライブラリー」を利用すれば、iPhoneの写真がiCloudフォトライブラリーに同期されます。すると、iCloudでバックアップを行う時、写真がバックアップされないので、時間を節約できます。

2.写真をパソコンに保存します:写真が多い場合、iCloudフォトライブラリーの容量を多く占めて、データバックアップに利用できるiCloud容量足りなくなるので、その場合は写真をパソコンに保存することをおすすめします。転送ソフトAnyTrans for iOSを使えば、iPhone内の写真が簡単にパソコンやUSBメモリにバックアップできます:

写真をパソコンに保存する

写真をパソコンに保存する

3.iTunesで写真をバックアップします(ほかのデータも同時にバックアップされます)。

お見逃しなく:iPhoneからパソコンに写真を送る簡単な方法>

方法6- 安定&高速なWi-Fi ネットワークを利用する

iCloudバックアップの速度はネットワークの速さにも関係あるので、バックアップをする時、安定&高速なWi-Fi インターネットに接続してください。

最後に

iCloudバックアップが遅い場合、以上の5つの方法で、時間を短くさせることができます。この記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ホーム AnyTrans ® for iOS iCloudバックアップが遅い場合時間を短くさせる6つの方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!