既存の曲を消さずにiTunesからiPhoneに必要な音楽だけを追加する方法

iTunesからiPhoneに音楽を移したいですが、iPhoneに既存の曲を間違って上書きしてしまうのが怖いですか?このガイドは、iPhoneに既存のデータを消さずに、iTunesからiPhone に必要な音楽だけを追加する方法をご紹介します。最新の,Phone 12 (Pro)も対応します。

ばくてい 最終更新日: 2021年02月26日

iTunesライブラリに保存している曲をiPhone で聴きたいなら、まずは曲をiPhoneに追加する必要があります。しかし、いつも通りiTunesとiPhoneの音楽を登記すると、「既存の音楽、ムービーなどをiPhoneから削除します」という警告があります。それにiTunesが重いので、かなりの時間と手間がかかります。一部の音楽だけを追加したい場合、やはりその部分の曲だけをiPhoneに追加する方法がほしいですね。

iTunesからiPhoneに音楽を入れるには

iTunesからiPhoneに音楽を入れるには

実は、「音楽とビデオを手動で管理」設定でiTunesからiPhoneに必要な音楽だけを追加(転送)することができます。しかもiPhoneに既存の音楽データも上書きされません。次のガイドは、既存の曲を消さずにiTunesからiPhone 12(Pro),iPhone 11に音楽を追加する方法を詳しくご説明します。

音楽を好きな方なら、このガイドは絶対見逃さないでください:MP3音楽を無料でダウンロードできるサイトオススメ

Part 1、既存の曲を消さずにiTunesからiPhoneに音楽を追加する

iTunesからiPhoneに必要な音楽を手動で追加することができますが、いろいろな制限があり、iPhone 12( Pro),iPhone 11,iPhone SE 2に既存の曲が書き換えられる状況になります。その問題を避けるために、iTunesではなく、第三者の転送ソフト – AnyTransを利用することをおすすめします。

AnyTransはiPhone向けの転送専門ソフトとして、iTunes同期の制限を突破して、自由にiTunesからiPhoneに音楽を追加することができます。このソフトはiTunesと比べると、以下のメリットがあります:

  • iPhoneに既存の音楽を上書きしない
  • 必要な音楽だけをiTunesライブラリからiPhoneに追加し、時間と手間を節約する
  • 高速な転送速度を持っており、1分間で100曲以上をiPhoneに追加できる
  • 「曲を選択」 ⇒ 「転送ボタンをクリック」のような簡単な操作なので、iTunes/iPhoneに詳しくない方も手軽に利用できる
  • iCloudミュージックと併用できる

それではAnyTransをダウンロード&インストールして、iTunesライブラリからiPhone 12 (Pro)/11 Pro(Max)/SE 2に必要な音楽だけを追加しましょう。

そして、Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。ご安心ください。

また、類似ツールとの違いに困っているなら、こちらの比較表を参照してください。

Step 1、AnyTransをダウンロードして起動して、iPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2、「iTunesライブラリ」管理画面に入ります。

「iTunesライブラリ」を選択

「iTunesライブラリ」を選択

Step 3、「ミュージック」に入って、iPhoneに追加したい音楽を選択します > 右上の「デバイスへ転送」ボタンをクリックします。すると、選択された曲がiPhoneに追加されます。

iTunesからiPhoneに音楽を追加

iTunesからiPhoneに音楽を追加

※注: 実は、AnyTransでは、iTunesとiPhoneの間の音楽転送以外、直接パソコンからiPhoneへのデータ転送も支持しています。

- 音楽だけでなく、AnyTransはビデオ、着信音、ボイスメモ、写真などのデータをiTunes・パソコンからiPhone追加することもできます。そして、逆にiPhoneからiTunesに音楽やほかのデータを転送することも支持します。

– AnyTransは有料ソフトですが、無料試用ができます。そして、購入後60日間返金保証が付いているので、安心してご利用ください。

- AnyTransはiTunesの代替ソフトとして、メディアファイルをもっと効率かつ柔軟に管理できます。より詳細な情報を了解したいなら、次の記事を参考にしてください: 最新版iTunes代替ソフト – iTunesの全てを極めて簡単かつ直観的に>


AnyTransを含め、音楽転送機能が比較的似ている各ツールの違いを理解するために、いろいろなテストを行い、そのテスト結果から次のツール比較表を完成しました。

ツール名 AnyTrans Fone**転送 Tune** Copy**
評価 ★★★★ ★★★ ★★★
双方向転送 ×
転送速度 55秒/100曲 4分7秒/100曲 2分24秒/100曲 1分56秒/100曲
使いやすさ 使いやすい 使いやすい あまり使い勝手は良くない 使いづらい
画面表示 直感的で分かりやすい 少しわかりにくい 字が読みにくい わかりにくい/文字化け
軽快性 たまには遅いが、
全体的に快適に使える
少し動作が重い 少し反応が遅い 動作が遅い
クラッシュする不具合
安定性 高い 少し安定性がない 高い 頻繁にトラブルが発生
体験版 3日間1日30曲まで
転送可能
合計30曲まで
転送可能
合計30曲まで転送可能 合計100曲まで転送可能
機能性 沢山の機能が搭載されている それ以外の機能は少ない それ以外の機能は少ない 音楽&ビデオだけ;Mac非対応
価格 3980円(税別) 3980円(税別) 4980 円(税込) 2680円(税込)
返金保障 60日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証 30日間の返金保証
無料体験 今すぐダウンロード

Note:「双方向転送」はデバイスとパソコン/iTunes間でファイルを双方向転送することです。

お見逃しなく:iPhone向けの最高の音楽プレーヤーおすすめ >

Part 2、iTunesからiPhoneに必要な音楽だけを同期する

この方法を利用するには、iPhoneをiTunesライブラリに同期したことがあり、しかも同期が解除されないことを前提とします。

もしiPhoneを別のiTunesライブラリと同期しているなら、この方法を利用すると、iPhoneに既存の音楽ファイルが上書きされます。そして、「iCloudミュージック」を使っている場合、この方法を利用することができません。それらの問題を避けたい場合、Part 1の方法をご利用ください

Step 1、iTunesを起動します > USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。

Step 2、ボタンをクリックしてiPhone管理画面に入ります > 「概要」に入ります > 「音楽とビデオを手動で管理」をチェックして「適用」をクリックします。

「音楽とビデオを手動で管理」を設定する

「音楽とビデオを手動で管理」を設定する

ご注意: 「音楽とビデオを手動で管理」のチェックを外す場合、iPhoneに手動で追加した音楽がiTunesライブラリの内容に書き換えられます。

Step 3、iTunes音楽ライブラリに戻ります > iPhoneに追加したい曲を右クリックして、「デバイスに追加」を選択して、「iPhone」(デバイスの名前)をクリックしてください。すると、同期を行わずに、必要な音楽だけをiTunesからiPhoneに追加することができます。

iTunesからiPhone 12( Pro),iPhone 11に必要な音楽だけを追加する方法

iTunesからiPhoneに必要な音楽だけを追加する方法

まとめ

それでは以上の方法を利用して、iTunesからiPhoneに必要な音楽を追加しましょう。AnyTransを使えば、iTunesからiPhoneにデータを追加することだけでなく、iPhoneからiTunes・PC、更にiPhoneからiPhone 12/12 Pro/11/11 Pro/11 Pro Max/SE2へデータの追加することもできます。今すぐAnyTransをダウンロードして、その便利な転送機能を使ってみませんか。この記事を気に入っていただけたらTwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。