5つの方法でiPhone 8の画像をパソコンに保存する

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

スマホ好きで、いつもスマホに関する情報を集まって、不具合の解決に焦点を当て、iOSデバイス・Android端末をもっと便利に使えます。

最終更新日:2017年10月20日

iPhone 8/8 Plusで撮影/ダウンロードした&友達からシェアしてくれた写真/画像をパソコンにバックアップしたいですか?ここで、iTunes/メール/LINEやFacebookなどのSNS/AirDrop/AnyTransなどでiPhoneの画像をパソコンに保存する方法をご紹介します。

AnyTrans® for iOS – 1クリックでiPhoneの写真をバックアップ

【50日間返金保証】右にあるiOSデバイス専用のデータ管理ツール – AnyTransをダウンロードすると、iPhone 8の写真/画像を簡単にパソコンに保存できます。もちろん、この方法はiPhone 7、iPhone 5及びその以降のデバイスにも適切します。

iPhone 8/8 Plusのカメラは一層に進化し、コンパクトデジカメに匹敵するほど使いやすいです。そのため、カメラ代わりにiPhone 8/8 Plusで写真を撮っている人が大勢います。だが、自分撮り、スクリーンショットなどの写真や画像がiPhone 8に多くに保存すると、ストレージに余裕がなくなって、アプリを増やせなくなかったりカメラを起動できなくなかったり、いろいろ不都合も生じます。その場合、写真の安全性またストレージから考えると、やっぱり、iPhone 8の写真をパソコンに保存したほうがいいですね。そこで今回は、iPhone 8/8 Plusの画像をパソコンに保存する方法を5つご紹介します。

5つの方法でiPhone 8の画像をパソコンに保存する

方法 1: AnyTransでiPhone 8の画像/写真をMac/Windowsに保存する

iPhone 8/8 Plusの画像を画質維持でパソコンに保存するには、AnyTransというiPhone専用のデータ移行ツールを強くおすすめします。その理由は以下の通りです:

1、「カメラロール」だけでなく、「フォトライブラリ」「フォトストリーム」「アルバム」「パノラマ」「バースト」などの写真もサポートします
2、パソコン(Mac&Windows)で写真・画像の閲覧&選択&移動もできます
3、写真のサイズの変更と画質の劣化はありません
4、高速な転送スピードを持っていて、5分間で約1000枚の写真を移すことができます
5、逆に、パソコンの写真をiPhone 8に保存することもできます
6、写真のほか、音楽、プレイリスト、ビデオ、着信音、メモ、連絡先、メッセージなどほとんどのファイルもサポートします
7、Androidの写真もiPhone 8に保存できます

それでは、AnyTransを無料ダウンロードして、以下の手順にしたがって、iPhone 8/8 Plusの写真/画像をパソコン(Mac/Windows)に保存しましょう!

- AnyTransは長い間安全で動作も安定しているソフトとして知られ、ウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアは一切含まれていません。ご安心ください。
- AnyTransを購入する前に、7日無料試用が可能です。そして、購入した後でも50日間の返金保証が対応しているので、簡単・安心に購入することができます。

Step 1: AnyTransをパソコンにインストール&起します > USBケーブルでiPhone 8を接続します > ホーム画面右にあるボタンをクリックします > iPhone 8のデータ管理画面に入ります。

Step 2: 「写真」をクリックして、以下の項目を任意選択します > 「カメラロール」を選択します。ここで、「カメラロール」を例にします。

iPhone 8の画像/写真をパソコンに保存する

iPhone 8の画像/写真をパソコンに保存する

Step 3: パソコンにバックアップしたい写真/画像を選択します > 右上にある「PCへ転送」ボタンをクリックします。そうすると、iPhone 8の写真/画像をMac/Windowsに保存しました。

iPhone 8の画像/写真をパソコンにバックアップする

iPhone 8の画像/写真をパソコンにバックアップする

方法 2: iTunesでiPhone 8の画像/写真をMac/Windowsに保存する

iTunesでiPhone 8/8 Plusの写真/画像をパソコンにバックアップできますが、次のような欠点がありますから、ご注意ください:
1、すべてのデータしかバックアップできません
2、バックアップされたデータは任意に閲覧&選択&移動できません
3、iTunesから同期された画像などをバックアップできません
4、操作が間違えたら、ファイル喪失の危険があります

それでは、安全かつ迅速にiPhone 8/8 Plusの写真/画像をPCにバックアップするため、方法1を強くおすすめします。また、iTunesでの保存方法はこちらへ:

Step 1: iPhone 8/8 PlusをUSBケーブルで接続します > iTunesを起動します > 左上にあるボタンをクリックします。

Step 2: バックアップから「このコンピューター」をクリックします > 「今すぐバックアップ」をクリックします > 暫くすると、iPhone 8の写真/画像をパソコンにバックアップしました。

iPhone 8の写真をパソコンに保存する

iPhone 8の写真をパソコンに保存する

方法 3: メールでiPhone 8の画像/写真をMac/Windowsに保存する

通常のキャリアメールやGメール、Yahoo!メールなどを使ってiPhone 8の写真/画像をMac/Windowsにも保存できます。具体的な方法は以下の通り:

Step 1: iPhone 8/8 Plusでメールアプリを開きます > 右下の新規作成ボタンをクリックします。

Step 2: 宛先や件名、内容を編集します > 本文内をホールドし表示されるポップアップメニューから「>」をタップします > 「写真またはビデオを挿入」をタップします > 「写真」アプリからPCにバックアップしたい写真を選択&タップします。

Step 3: 「送信」をタップします > パソコンでメールを開き、転送された写真を保存します。

- あまりに重い画像だと送れない場合や縮小しないといけない場合がありますので、画質にこだわる方は方法1を利用してください。
- 写真を数枚なら一番簡単な方法だが、枚数が多いとメール送信制限で送信出来ません。

方法3: LINEやFacebookなどのSNSでiPhone 8の画像/写真をPCに保存する

PCとiPhone 8/8 Plusで同時にLINEやFacebookなどのSNSを登録すれば、iPhone 8の写真/画像をパソコンに保存できます。が、画像が自動的に縮小されます。その上、画像を確認するだけなら問題なくても拡大して表示したりプリントするには鮮明度が落ちますので、ご注意に必要があります。

方法 4: 画像とビデオのインポートでiPhone 8の画像/写真をPCにバックアップする

WindowsパソコンのユーザーはTunesがインストールされていなくても、「画像とビデオのインポート」でiPhone 8/8 Plusの写真もPCにバックアップできます。が、カメラロールの写真だけバックアップできますから、ほかのアルバムの写真/画像もPCにバックアップしたい場合、方法1を利用してください。

方法 5: AirDropでiPhone 8の画像/写真をパソコンに保存する

iPhone 5/iOS 7以降でiOSデバイス同士またはMac OSとならAirDropを利用して、iPhone 8/8 PlusからMacに写真/画像を簡単に保存できます。が、接続に時間が掛かることがあります。そして、保存された画像の画質も変換されますかもしれません。

最後に

以上はiPhone 8の写真をパソコンに保存する5つの方法です。もし画質を変換せずにiPhone 8の写真/画像をパソコンに保存したいなら、AnyTransを利用することをおすすめします。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans® for iOS 5つの方法でiPhone 8の画像をパソコンに保存する
メールでのお問い合わせ
AnyTrans® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!