iPhoneのボイスメモをパソコンに保存するやり方

要約

大事なボイスメモをPCに保存しておきたいですか?このガイドはiPhone・iPadのボイスメモをWindows/Macに保存する方法を3つご紹介します。

ちょうせい

2017年05月17日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans –  iPhoneのボイスメモをパソコンに移すソフト

AnyTrans – プロのiOSデータ移行ツール

AnyTransというiPhone・iPad・iPod専用のデータ移行ツールを無料ダウンロードしたら、iPhoneで録音したボイスメモを高速かつ簡単にPC/Macへ保存できます。

「iPhone内のボイスメモ(2時間)をPCに保存したいのですが、どうすればよいでしょうか?大事なメモなので、なんとかボイスメモだけを共有する方法をご教示いただけますでしょうか?よろしくお願いします。」

- Yahoo!知恵袋

iPhoneには標準搭載した「ボイスメモ」アプリは授業や会議、また他人との会話を録音でき、後で聴くのは非常に便利なツールです。肝心な時に、よく使いますね。

ところが、iOSアップデートの失敗、デバイスの紛失、端末の初期化、誤操作、または空き容量不足などの原因で、iPhone・iPad上のボイスメモをなくしたら、どうすればよいのでしょうか?このようなことを避けるため、iPhone上のボイスメモをWindows/Macに保存したほうがいいでしょう。ここで、iTunes、AirDrop、AnyTransという3つのツールを通じて、iPhoneのボイスメモをPCに保存する方法をご紹介します。

Part 1:AnyTransでiPhoneのボイスメモをWindows/Macに保存する

AnyTransとはApple認定開発者によって開発されたツールとして、100%安全で、簡単にiPhone上のボイスメモをパソコンに保存できます。その他、このツールは以下のメリットもあります:

  • 簡単 - 「ボイスメモを選択」⇒「パソコンへ保存」ただ2ステップでiPhone上のボイスメモをPCに保存できる
  • 迅速 - 数秒で大量のボイスメモをパソコンに転送できる
  • 安全 - データの上書き、紛失なども一切ない
  • 時間と手間を省く - 必要なボイスメモの転送が可能で、時間と手間を節約する

それでは、AnyTransを利用して、iPhone・iPad上のボイスメモをPCに保存しましょう!

ステップ1: AnyTransをMac/Windowsにインストール&立ち上げ > iPhone 7(Plus)/6s/6/SEをUSBケーブルで接続 > ボタンをクリックして、データ管理画面にはいります。

ステップ2: 「オーディオ」 > 「ボイスメモ」に入ります。

iPhoneのボイスメモを保存する方法

iPhoneのボイスメモを保存する方法

ステップ3: PCに保存したいボイスメモをプレビュー&選択 > 右上にある「パソコンへ」ボタンをクリックすると、iPhoneのボイスメモをMac/Windowsに保存しました。

iPhoneのボイスメモをMac/Windowsに保存する

iPhoneのボイスメモをMac/Windowsに保存する

ステップ4: PCで転送されたボイスメモを確認します。

iPhoneのボイスメモをPCに保存する

iPhoneのボイスメモをPCに保存する

- この方法はiPad・iPodに適用します。

- AnyTransはボイスメモだけでなく、音楽、写真、プレイリスト、メモ、連絡先などもPCに転送できます。

- AnyTransを購入する前、無料試用が可能、購入後、60日間の返金保証も対応しているので、簡単・安心に購入することができます。

- また、終生無料アップグレード、永久無料サポートなどのサービスも付きます。

Part 2:iTunesでiPhoneのボイスメモをWindows/Macに保存する

iTunes上の「同期」機能で、iPhone上のボイスメモをWindows/Macに転送できます。

ステップ1: iPhoneをPCに接続 > iTunesを開く > 左上のiPhoneのマークをクリックします。

ステップ2: 「ミュージック」をクリック > 「音楽を同期」を選択 > 「ボイスメモを含める」にチェックを入れる > 「適用」をクリックします。

iPhoneのボイスメモをMac/Windowsに転送する

iPhoneのボイスメモをMac/Windowsに転送する

同期後にiTunesのミュージックからプレイリストを開くと「ボイスメモ」が作成されています。ファイルを右クリックして「Finderで表示」、または「Windows エクスプローラで表示」をクリックすると、保存先のフォルダを開くことが出来ます。

iTunesでボイスメモをPCに保存する時に、以下の欠点がありますから、ご注意ください。

- iPhone上の既存のデータが上書きされます。

- 1時間を超える大きなサイズのボイスメモを同期できません。

- 一部のボイスメモを同期できない可能性があります。

Part 3:AirDropでiPhoneのボイスメモをMacに保存する

MacとiPhoneには「AirDrop」という機能が標準搭載して、手軽にiPhone上の写真、音楽、ボイスメモなどのデータをMacに転送できます。それでは、以下の手順に従って、iPhone上のボイスメモをMacに保存しましょう!

ステップ1: MacでAirDropを開く > Macで「このMacを検出可能な相手」でiPhoneを指定します。

ステップ2: iPhoneで保存したいボイスメモを選択 > 左の「共有」ボタンをクリック > 「AirDrop」をタップ > 「Mac」をタップします。

ステップ3: MacでiPhoneからのボイスメモを受け入れます。すると、iPhoneのボイスメモをMacに保存しました。

このツールを使えば、以下の3つの点をご注意ください:

- 設定は面倒で、複雑です。

- MacとiPhoneを認識できないケースもあります。

- 転送が終わってから、再生できないケースもあります。

おすすめ記事:iPhoneのボイスメモをiPadに転送する方法

最後に

以上はiPhone・iPadのボイスメモをWindows/Macに保存する方法です。如何でしょう?もし、既存なデータに損失を上げなくボイスメモをPCに保存したいなら、AnyTransを利用することをおすすめします。また、もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください