iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

がみ

Follow @iMobie_Inc

Apple製品のファンで、iOSデバイスをもっと気楽に利用する小技を皆さんにシェアしたいと思います。

どのようにiPhoneとiPadのメッセージを同期させますか?次のチュートリアルでは詳しい設定方法をご紹介します。

最終更新日:2018年11月22日

iPhoneでメッセージの受信・送信を上手にできる方が多いと思いますが、実は、iPadでもメッセージの受信・送信ができます。Wi-Fiあるいはモバイル通信を通じて、iPadでアップルの特別なメッセージサービス―iMessageが使えて、他のiPhoneとiPadと連絡できます。

ご存知のとおり、アップルはデバイスの間でデータを同期する機能を支持しています。ですから、iPhoneとiPadの間でメッセージを同期することもできます。そうすると、もしiPhoneとiPadをともに持っていて、二つのデバイスのどちらでもメッセージを処理することができます。それはとても便利ですね。

それで、どのようにiCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期することができますか?次の部分は、その方法をご紹介します。

お見逃しなく:iPhoneのMMSをバックアップする方法>

iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

ステップ1、iPhoneから「設定」 > 「メッセージ」に入って、「iMessage」をオンにします。

写真元:i.meet-i iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

写真元:i.meet-i   iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

ステップ2、iPadでも「設定」 > 「メッセージ」に入って、iMessageをオンにします。後は「送受信」に入って、同じメッセージを使いたいiPhoneの電話番号とアドレスを選択します。

写真元:i.meet-i iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

写真元:i.meet-i iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法

ご注意:iPhoneとiPadでiCloudをログインするとき、同じiCloudのIDを使ってください。

以上のように、iPhoneとiPadのメッセージが同期できるようになりました。iPhoneとiPadの両方でもメッセージを操作することができます。しかし、もしiCloud IDが違う場合、どうすればメッセージを2つのiOSデバイスの間で同期できますか?その時、超便利な転送ソフトAnyTrans for iOSを使ってみましょう。AnyTrans for iOSの「クローン」と「マージ」機能を使うと、2つデバイスのメッセージや、連絡先、カレンダーなどのデータを完全複製・合併することができます。今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして無料試用しましょうか。もし何か問題等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iCloudでiPhoneとiPadのメッセージを同期する方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!