「エラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした」が出たときの対処法

iTunesでバックアップを復元するとき、急に「エラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした」のエラーが表示されました。一体どういうこと?どうしたらいいでしょうか?そこで今回は「エラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした」が出たときの原因と4つの対処法を解説します。

ばくてい 最終更新日: 2020年07月31日

エラーが発生したため、”xxxx”を復元できませんでした。 iPhoneXSへのバックアップデータの復元についてです。 WindowsのiTunesからバックアップデータを復元しようとしたらタイトル通りのエラーが発生してできなくなりました。

Apple コミュニティから

以上のようにiTunesバックアップを復元する際、急に「エラーが発生したため、”xxxx”を復元できませんでした。」というエラーが出てきましたか?バックアップが壊れたか、またはiTunes何か不明なエラーが発生したか、よくわからないが、どうすればいいですか?

ここで、「エラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした。」「エラーが発生したため、iPadを復元できませんでした。」というエラーを解消するために、4つの対処法を解説します。

「エラーが発生したため、”xxxx”を復元できませんでした。」が出た理由

突然、iPhoneへのバックアプの復元中、「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」が出たら、そこで考えられる原因はまず下記の点を確認すべきだと思います。

  • バックアップデータの破損
  • iTunesエラーが発生
  • ソフトウェアの不具合
  • iPhone本体の不具合

ご周知のとおり、iTunesでiPhoneバックアップを復元しようするとき、「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」エラーが表示されました。もし、iTunesバックアップデータが壊れたら、iPhoneも復元できませんでした。それに、iTunes自身はエラーが発生する可能性も高いですが、バックアップを復元する際に、「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」というエラーが起こる場合も時々あります。

「エラーが発生したため、”xxxx”を復元できませんでした。」の対処法

Windows・MacのiTunesでバックアップを復元しようするとき、「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」「エラーが発生したため、”iPad”を復元できませんでした。」エラーが表示されました。まずは、対策として基本的な手順から修復を試みます。

対処法1.PCとiPhone/iPad/iPodを再起動

もし、「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」や「エラーが発生したため、”iPad”を復元できませんでした。」、またはiTunesエラー発生すれば、まず、iTunes、Windows・Mac、iPhone/iPad/iPodを再起動してみます。

すべてのiPhoneの再起動・強制的に再起動する方法を機種別に解説は>>

対処法2.iTunesを最新バージョンに更新

ご周知のとおり、iTunesは最新バージョンではないと、エラーが起こる可能性が高いです。なので、iPhoneバックアップを復元する前、iTunesを最新バージョンにアップデートしたほうがいいと思います。

iTunes上のメニューから「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」の順にクリックして、iTunesのバージョンを確認します。

iTunesを最新バージョンに更新

iTunesを最新バージョンに更新

対処法3.iTunesバックアップの削除&再作成

iPhoneバックアップが壊れたら、不明なエラーが発生する可能性もあります。なので、古いバックアップデータを削除して、再度iTunesでiPhoneのバックアップ作成しましょうか?

1.バックアップの削除:iTunesから「編集」→「環境設定」→「デバイス」のタグをクリックして、削除したいバックアップをクリックして選び、右下の「バックアップを削除」をクリックしましょう。

iTunesバックアップの削除

iTunesバックアップの削除

2.バックアプの再作成:「概要」をクリック → バックアップ項目の下で「自動的にバックアップ」や「手動でバックアップ/復元」を任意選択 → 前に選択された項目に応じて、「このコンピュータ」または「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

対処法4.AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

なぜかAnyFixはこのエラーを解消できるのか?

AnyFixは、iOSシステム修復&iTunes修復ツールとして、200種類以上のiTunesエラーを修復できます。iTunesでバックアップを復元するとき、急に「エラーが発生したため、iPhoneを復元できませんでした」のエラーが表示されたら、AnyFixを使えばきっと解決できます。

それに、iTunesだけでなく、お使いのiPhone/iPad/iPod touch何か不具合が発生したら、AnyFixを使用すると、安全に修復できます。

iTunesでiPhoneを復元できない時の対処法として、今すぐAnyFixをダウンロードしましょう。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 1.AnyFixを起動 > 「iTunes修復」をクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 2.iTunesエラーの種類によって、修復モードを選択します。それで、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 3.iTunesエラーを分析いしていますので、少々お待ち下さい。

分析が終わったら、iTunesのエラー・バグ・不具合が一覧表示されます。黄色の感嘆符が表示された場合、iTunesのコンポーネントが壊れたです。壊れたコンポーネントを修復するには、「今すぐ修復」ボタンをクリックします。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

Step 4.壊れたコンポーネントの数によって、少し時間がかかります。しばらくお待ちください。

修復が完了したら、次のページが表示されます。iTunesを再度起動して、問題を解決したか確認ください。

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

AnyFixでiTunesエラーを修復する(iTunes/iOSエラーを修復)

iPhoneはぐるぐる画面でフリーズ、動かない原因と対処法は?

最後に

以上は「エラーが発生したため、”iPhone”を復元できませんでした。」や「エラーが発生したため、”iPad”を復元できませんでした。」の理由と対処法です。

iOS不具合、またはiTunesエラーのせいで、iPhoneバックアップが復元できないなら、AnyFixを使って、簡単&安全で問題を解決することができます。

もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。