iCloudのバックアップは削除しても大丈夫?【解决】

この記事は、iCloudのバックアップを削除したらどうなるのか、 iCloudバックアップを削除する方法及びiCloudバックアップを削除する時の注意事項をご説明します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年06月30日

定期的にiCloudバックアップを取って、iPhone/iPadに保存されているデータをちゃんと守ることができます。でも、iCloudの無料のストレージが5GBしかありませんので、iCloudストレージの使用容量が上限に達しましたら、iPhone/iPad内のデータをiCloudに保存できなくなります。ストレージを追加すれば、料金がかかりますので、iCloudに保存している古いや不要なバックアップを削除することで、iCloudの空き容量を増やしたい方が少なくないだろうか。

でも、iCloudバックアップを削除すると、どんな問題が生じるのか、iPhone/iPadのデータが消えますか。また、どうやって、iCloudバックアップを削除できますか。そして、iCloudバックアップを削除する時に注意する必要がある事項がありますか?本文では、これらの疑問をご返答します。

Part 1. iCloudのバックアップを削除したらどうなる?削除しても大丈夫?

iCloudの空き容量を増やしたいが、多くの方はiCloudのバックアップを削除したらiPhone/iPadに保存しているデータが消えないか心配しています。

ご心配なく、iCloudバックアップはiPhone/iPad上のデータのコピーです。iCloudバックアップを使って、データはiPhone/iPad内で保存する同時にiCloudにバックアップがあります。

だから、iCloudバックアップを削除するのはバックアップ内のデータを消すことで、iPhone/iPad本体のデータに影響がありません。

安心してね!バックアップを削除しても大丈夫です。

Part 2. iCloudのバックアップを削除する方法

では、どうやってiCloudバックアップを削除できますか?

ここで、iCloudバックアップを削除する方法を二つご紹介します。

Part 2.1. iOSデバイス本体からiCloudバックアップを削除する

Step 1. 設定を開き、画面の上部にある名前をタップします。

iCloud名前をタップ

iCloud名前をタップ

Step 2. 「iCloud」をタップします。

「iCloud」をタップ

「iCloud」をタップ

Step 3. 「ストレージを管理」をタップします。

「ストレージを管理」をタップ

「ストレージを管理」をタップ

Step 4. 「バックアップ」をタップします。

「バックアップ」をタップ

「バックアップ」をタップ

Step 5. 複数のバックアップがある場合、削除したいバックアップを選びます。

削除したいバックアップを選ぶ

削除したいバックアップを選ぶ

Step 6. 「バックアップを削除」をタップします。

バックアップを削除」をタップ

バックアップを削除」をタップ

「バックアップを削除」をタップしたら、iPhone/iPad本体からiCloudバックアップを成功に削除できます。また、削除されたバックアップを復旧できません。

Part 2.2. 【無料】専用ツール「AnyTrans」でiCloudバックアップを削除する

もし、高速かつ簡単にiCloudバックアップを削除する方法を探しているなら、専用ソフトを試しましょう!

ここでは、データ削除ソフト「AnyTrans」をお勧めしたいと思います。

下記、AnyTransを利用する理由をご説明したいです。

1. 不要なバックアップがある場合に、「iCloud管理」から完全に削除できます。

2. データをカテゴリー別に削除できて、一つ選択・複数選択・すべて選択して削除できます。

3. 保留したいデータがあって、同時にiCloudの空き容量を増やしたい場合に、iCloudバックアップのデータをiTunesやパソコンにバックアップできます。

4. AnyTransの「バックアップ管理」機能でデータをバックアップしておけば、誤ってデータを削除してしまっても、すぐに復元できます。

便利さを搭載しているAnyTransは専用知識不要、数回クリックだけで、初心者でも簡単にiCloudバックアップを削除することができます。そして、iCloudバックアップ削除は無料にできて、楽に利用しましょう。

こちらでAnyTransをダウンロードしてください。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

では、早速「AnyTrans」でiCloudバックアップを削除する方法をご案内いたします。

Step 1.「 iCloud管理」機能をクリックして、Apple IDとパスワードを入力します。

「 iCloud管理」機能をクリック

「 iCloud管理」機能をクリック

もしApple IDの2ファクタ認証がオンになっている場合、確認コードの入力が必要となります。

Step 2. カテゴリから削除したいiCloudコンテンツを選びます。ここで、リマインダーの削除を例にとって、削除のやり方をご説明します。

リマインダーを選択

リマインダーを選択

Step 3.  削除したいデータを選択して、「削除」ボタンをクリックします。一つ選択しても複数選択してもOKです。

削除したいデータを選択

削除したいデータを選択

Step 4. 「はい」をクリックして、選択されたデータをを削除します。それで、iCloudバックアップのデータを削除しました。

データをを削除

データをを削除

iCloudバックアップを削除する前に、そのバックアップをPC/iTunesにバックアップしたい?>> iPhoneのデータをパソコンに移行する方法7つ!

iCloudの無料のストレージが5GBしかないので、他のバックアップツールを探したい?>> 【超簡単】iPhoneからパソコンにファイルを送る方法

Part 3. iCloudバックアップを削除する時の注意事項

iCloudバックアップのデータを削除すると、消去された項目を復元できるのは難しくなりますので、削除を行う前に、必ず慎重に考えてください。

万が一の場合に備え、AnyTransの「バックアップ管理」機能やiTunesを使って重要なデータをバックアップをしておいてください。バックアップを行っておいたら、何か重要なデータが削除されても、取り戻すこともできます。

まとめ

以上、iCloudバックアップを削除する方法及び注意点等を紹介しました。使いやすさと機能を基に選択する場合は、高機能なAnyTransを一番おすすめします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

もしこの文章がお役に立てれば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン