複数のApple IDの間でデータを統合する方法

要約

複数のApple IDの間でデータを統合したいですが、どうすればいいですか?このガイドは、異なるApple IDの間でデータを統合する方法をご紹介します。

リュウラン

2017年02月17日

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloudに同期・バックアップしたデータを簡単にダウンロード

AnyTrans - iCloudデータの優れた管理ツール

iCloudに同期・バックアップしたデータを閲覧・編集・ダウンロードしたい場合、AnyTransを使えば非常に簡単です。今すぐAnyTransをダウンロードして使ってみませんか。

Apple IDは、主にiPhone・iPad・iPodで以下のサービスを利用する場合に必要です:

  • App/iBooks/iTunes Storeからコンテンツを入手
  • iCloudバックアップ及び同期
  • iMessage/FaceTimeの送信・受信
  • Game Centerにサインイン

重要なデータがたくさん保存されているApple IDですから、Apple IDを新しく作成する時、古いApple IDから新しいアカウントにデータを移行したいのは当然でしょう。または複数のiOS端末で異なるApple IDでサインインしている場合、違うApple IDの間でデータを統合できたら端末の使用がもっと楽になるのでしょう。

では、複数のApple IDの間で、どうすればデータを統合できますか?次のガイドは、異なるApple IDの間でデータを合併する方法をご紹介します。

Part 1、iCloudデータの統合

複数のApple IDのiCloudに同期した連絡先、写真、カレンダーなどのデータを統合したいなら、iCloudのデータ管理ソフト - AnyTransをおすすめします。

AnyTransはApple IDに同期・バックアップしたデータをプレビュー・編集・削除・ダウンロードすることを支持します。違うApple IDのiCloudデータを合併する場合、AnyTransを使えば以下のメリットがあります:

  • 充実した機能 - 複数のApple IDのiCloudに同期した写真、連絡先、カレンダー、メモなどのデータを統合できる
  • 柔軟な操作性 - すべてのデータを一括統合することもでき、個別選択して統合することもできる
  • 簡単な操作方法 - 必要なデータを選択し、ワンクリックだけでデータをほかのApple IDに合併する
  • 安全 - Apple IDおよびパスワードが記録されなく、既存のデータの紛失もない

それでは早速AnyTransをダウンロードして、複数のApple IDの間でiCloudデータを統合しましょう:

ステップ1、AnyTransを立ち上げます > 「iCloudコンテンツ」機能に入ります > 転送したいデータのあるApple IDとパスワードでログインします。

ステップ1 Apple IDとパスワードでログインする

ステップ1 Apple IDとパスワードでログインする

ステップ2、ログインしたら、アカウント名をクリックして、「アカウントを追加」をタップします > 違うApple IDでログインします > すると、異なるApple IDはAnyTransで同時にログインしています。

ステップ2 異なるApple IDを同時にログインする

ステップ2 異なるApple IDを同時にログインする

ステップ3、統合したいデータのあるApple IDの管理画面に戻ります > 統合したいデータの種類に入ります。ここでは「連絡先」を例として説明します。

ステップ3 統合したいデータの種類に入る

ステップ3 統合したいデータの種類に入る

ステップ4、必要なデータを選択して、右上の「iCloudへ」ボタンをクリックします。しばらくすると、選択されたiCloudデータがもう一つのApple IDに統合されます。

ステップ4 異なるiCloud IDの間でデータを統合する

ステップ4 異なるiCloud IDの間でデータを統合する

- もしiCloudデータを違うApple IDに一括統合したいなら、ステップ3でボタンをクリックして、iCloudデータの一括管理画面に入ってください。その管理画面で、複数のApple IDの間でiCloudデータを一括合併することができます。

- iCloudデータの統合以外に、AnyTransはicloud.com中のデータのアップロード/編集/削除/転送や、iCloudバックアップ中のデータのプレビュー/ダウンロードもできます。

Part 2、iCloud以外のデータの統合

残念ながら、App/iBooks/iTunes Storeから購入したコンテンツや、iMessage履歴などのデータは複数のApple IDの間で統合することができません。つまり、一つのApple IDで購入したコンテンツをほかのApple IDに統合して再ダウンロードすることが不可能です。

もし異なるApple IDを使っているiPhone/iPad/iPod touchの間でそれらのデータを統合したいなら、Part 1に書いてあるAnyTransをおすすめします。AnyTransはiOS端末の間でデータを直接に転送する機能があるので、Apple IDが違う端末の間で、音楽、ビデオ、写真、着信音アプリ、連絡先、メッセージなどのデータを統合することができます。

複数のiOS端末の間でデータを統合する

複数のiOS端末の間でデータを統合する

お見逃しなく:iCloudからデータをPCにダウンロードする方法>

最後に

以上は複数のApple IDの間でデータを統合する方法です。今すぐAnyTransをダウンロードして、Apple IDのiCloudデータの統合機能を試用しませんか。AnyTransは購入する前に無料試用が可能で、製品を注文した後も60日間の返金保証が対応しているので、安心に利用してください。この記事を気に入っていただけたら、FacebookやTwitter、はてなブックマークでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください