iTunesバックアップの保存先を変更する方法

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

最終更新日:2018年03月30日

パソコンのCドライブの容量が不足して、iTunesバックアップの保存先Cドライブ以外に変更させたいでしょう。従って、ここではiTunesバックアップの保存先を変更する簡単な方法を詳しくご紹介します。

AnyTrans for iOS – iPhone/iPad/iPodのデータを完全にバックアップできる

AnyTrans for iOSはiPhone/iPad/iPodの音楽、ビデオ、写真、連絡先などのデータを転送・管理することができます。今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして試しましょう。

iTunesはiPhone/iPad/iPodのデータをバックアップ・保存することができます。また、バックアップデータはCドライブの特定の場所に保存されます。バックアップを続けていると、Cドライブの空き容量も足りないです。この時、iTunesバックアップの保存先を外付けHDDやDドライブへ変更したいでしょう。では、ここでiTunesバックアップの保存先を変更する方法をご説明します。

iTunesバックアップの保存先を変更する方法

Step 1、iTunesを起動します > 「編集」から「環境設定」をクリックします。

iTunesバックアップの保存先を変更する方法 1

iTunesバックアップの保存先を変更する方法 1

Step 2、「詳細」をクリックしてから、「変更」をクリックします。また、保存先を設定できます。

iTunesバックアップの保存先を変更する方法

iTunesバックアップの保存先を変更する方法 2

追加Tip:

iPhone/iPad/iPodをより良く管理するには、AnyTrans for iOSをおススメします。このソフトはiPhone/iPad/iPodからパソコンへ、またはその逆、さらにiOSデバイスから他のiOSデバイスへと、自由自在に音楽や写真などのメディアや、連絡先やカレンダーなどの情報をコピーできます。iTunesの代替ソフトと言えます。

iTunesの代替ソフト AnyTrans for iOS

iTunesの代替ソフト AnyTrans for iOS

おすすめ記事:iPhoneのファイルを完全にバックアップする方法

最後に

パソコンまたはCドライブの空き容量が足りない場合、以上の方法を試してください。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。もし、一部分のデータをバックアップしたいなら、こちらの記事をご参考ください

ホーム AnyTrans® for iOS iTunesバックアップの保存先を変更する方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する