App Storeからアプリを入手できない?その時の対策は

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iPhoneでApp Storeからアプリをダウンロードしたいですが、「入手」ボタンを押してもダウンロードできない時はありますか?次のガイドは、App Storeからアプリを入手できない時の対策をいくつかご紹介します。

最終更新日:2020年09月21日

あるアプリを使いたいならApp Storeから気楽にダウンロードできる。それはiPhoneの一つの魅力点です。しかし、App Storeを開いて、いつものようにアプリをダウンロードしたいですが、アプリをダウンロードできない、「入手」ボタンをタップしたらいつまで経ってもダウンロードが始まらない……そのような時は、どうすればいいですか?

ここでは、iPhoneのApp Storeでアプリが入手できない時の対策をご紹介します。

Part 1:App Storeでアプリをダウンロードできない原因

iPhoneのApp Storeでアプリをダウンロードできない場合に、様々の理由がありますが、普通なのは以下のような原因があります。

  • お使いのiPhoneが容量不足
  • ネット回線が不安定
  • iPhone本体・App Storeの不具合
  • 機能制限がかかっている
  • Apple IDの紐づけエラー

Part 2:App Storeからアプリを入手できない時の有効な対策

App Storeでアプリをダウンロードできない原因によって異なる対策がありますから、次はiPhone・iPadのアプリを入手できない時の有効な対策をまとめてご紹介します。

1.iPhoneの空き容量を確認する

App Storeからアプリを入手できないなら、まずはiPhoneに必要な空き容量があるかを確認してください。iPhoneのストレージ容量を確認するには、iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「iPhoneストレージ」に入って確認することができます。

iPhoneの空き容量を確認する

iPhoneの空き容量を確認する

もし入手したいアプリのサイズが空き容量より大きいなら、不要な写真や動画、音楽、アプリなどを削除して、必要上の空き容量が確保したら再度アプリをダウンロードしましょう。

2.ネットワークをオフにしてからオンにする

ネットワークに何か不具合がある場合、アプリをダウンロードできないケースはあります。従って、WiFiまたはモバイルデータ通信を一度オフにしてからオンにして、ネットワークの不具合を直したらアプリを入手しましょう。

ネットワークをオフにしてからオンにする

ネットワークをオフにしてからオンにする

3.高速なWiFiに接続してみる

ネットワークが遅い時、アプリのダウンロードが遅くなって、更に入手できない場合もあります。従って、できれば高速なネットワークを使ってアプリを入手しましょう。

また、データ通信量は契約の容量を超えたら速度制限があるので、制限ないWiFiを使って、アプリをダウンロードするのがおすすめです。

高速なWiFiに接続してみる

高速なWiFiに接続してみる

4. iPhoneを再起動してみる

iPhone自体の不具合でアプリが入手できない場合もあります。その場合は、iPhoneを再起動してみてください。電源ボタンを長押して電源を切ったら、iPhoneを再起動しましょう。再起動したら、再びApp Storeにアクセスして、アプリを入手してみてください。

iPhoneを再起動

iPhoneを再起動

5.App Storeからサインアウトしてから再度ログインする

もしダウンロードが遅い、ダウンロードできない、頻繁にログインと要求されるなら、一度App Storeからサインアウトして、再度ログインしましょう。

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「iTunes StoreとApp Store」に入ります。

Step 2.自分のApple IDをタップして、「サインアウト」をタップします。

Step 3.「サインイン」をタップして、自分のApple IDとパスワードで再度ログインしてください。その後、App Storeに入ってアプリをダウンロードしましょう。

App Storeからサインアウトしてから再度ログインする

App Storeからサインアウトしてから再度ログインする

6. 機能制限を確認する

お使いのiPhoneで機能制限がかかっているなら、アプリのインストールを禁止した可能性がありますから、確認してください。

Step 1: 「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」の順でタップして入ります。

「コンテンツとプライバシーの制限」に入る

「コンテンツとプライバシーの制限」に入る

Step 2: 「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップ > 「インストール」項目で確認します。「許可しない」が表示されたら、タップして「許可」に変更する必要があります。

アプリのインストールを許可

アプリのインストールを許可

7. 日付と時刻の自動設定を確認する

iPhoneのApp Storeでアプリを入手できない場合に、日付と時刻が自動設定になっているかどうかを確認する必要があります。

手順: 「設定」>「一般」>「日付と時刻」の順でタップ > 自動設定を有効にします。

日付と時刻の設定を確認

日付と時刻の設定を確認

8. 最新のiOSバージョンにアップデートする

毎回AppleがiOSの最新バージョンをリリースすることでバグも修正しますから、App Storeでアプリをダウンロードできない場合に、最新のiOSバージョンにアップデートしてみてください。

手順: 「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」の順でタップして更新を確認します。最新バージョンではないなら、アップデートします。

おすすめ記事:iPhone/iPod touchにiOS 14をインストール・アップデートする方法

iOSバージョンを確認

iOSバージョンを確認

9.パソコンでダウンロードした後iPhoneに同期する

もしどうしてもiPhoneのApp Storeからアプリを入手できないなら、一応iTunesを使ってアプリをダウンロードしてiPhoneに同期しましょう。また、iTunes 12.7およびそれ以降のバージョンならアプリのダウンロード&同期ができなくなりましたが、もしパソコンでそのアプリの「ipa」ファイルが保存されているなら、iTunes 12.7でアプリや着信音の同期機能が消えた後の対処法を参照してアプリをiPhoneに入れることができます。

10.iPhoneを初期化する

もし以上の方法はダメなら、iPhoneを一度初期化してみましょう。初期化を通じて、App Storeの不具合を含めて、いろいろなiPhoneの不具合が解決できます:

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」に入ります。

Step 2.「すべての設定をリセット」をタップします。指示に従って、iPhoneのリセットを行います。

iPhoneを初期化する

iPhoneを初期化する

また、万が一のために、事前にiPhoneのデータをバックアップしましょう。

11.アプリ管理ソフトを利用する

どうしてもApp Storeからアプリを入手できない場合、最終手段として試して欲しいのはAnyTransというアプリ管理ツールです。AnyTransであれば、直接パソコンからApp Storeのダウンロード・アンインストール・アップデート・ダウングレードなどをすることができます。

早速ですが、今からAnyTransを利用してApp Storeからアプリを入手する方法をご紹介します:

Step 1:AnyTrans をパソコンにダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

「AnyTrans」は、有料版と無料体験版が用意されています。なので、興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思います。

安全性確保のAnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。どうか安心にご利用ください。

Step 2:USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続 > AnyTransを起動します。

iPhoneをPCに接続

iPhoneをPCに接続

step 3:「Appダウンロード」をクリックします。

「Appダウンロード」をクリック

「Appダウンロード」をクリック

step 4:Apple IDでサインインします。

Apple IDでサインイン

Apple IDでサインイン

step 5:ダウンロードしたいアプリを検索欄に入力します。

アプリを検索

アプリを検索

step 6:ダウンロードしたいアプリの右にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。

アプリをダウンロード

アプリをダウンロード

これで、App Storeからアプリを入手できない問題が解決できます。

ご注意:App Storeで購入されていないアプリは予めApp Storeで購入する必要があります。

12、Appleサポートに問い合わせ

もし上記のすべての方法を使ってみたが、解決できないなら、Appleサポートに問い合わせることをおすすめします。

最後に

以上はApp Storeからアプリを入手できない時の対策です。いかがでしたか?いろんな解決策をまとめて紹介しましたから、自分の必要によって試してみてください。

また、もしApp Storeに関するほかの問題にあったら、以下の記事内の対策を参考にしてください。

iPhoneのApp Storeにサインインできない場合の対処法

▶ iPhoneでアプリのアップデート情報が表示されない時の解決策

記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになります。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5